作詩家 水木れいじの気まぐれDiary

アメブロにお引っ越ししました!


テーマ:
昨日は、義母の君ちゃんが 介護施設内で 引っ越しいたしまして
家具やソファー、冷蔵庫などがショップなどから届き
荷バラしや 設置に、時間かかりました。
あと、君ちゃんの家まで お気に入りの絵を 5枚と
テレビを取りに 行って来ました。
でも、壁に飾るのや 配線に けっこう時間をとられ
帰宅したら、もう3時40分でした。
叶弦大先生との詩の締め切りの お約束が
4時までに、Faxと いうことでしたので
帰り道で ほぼ 詩は創ってはいましたが
2コーラス目の終わりが どうしても自分では気にいらないので
考えようと思ってたら、先生から電話です!
叶先生の お声を聞くと 俄然ファイトが湧いて(いつもの事ですが)
その場で完成!
やっぱり 相性がいい先生だと 仕事、楽しいし ホントに 楽です!
叶先生、ありがとうございます。感謝してます。
さて、この前から私のホームページのことで
いっぱいメールを 頂きましたが
私も ず~っと考えては いたのですよ。
古い…! とか、ご家庭の主婦の方の 手作りホームページみたい…! とか。
そもそも、作詩家のような裏方の人間に
ホームページやブログが 必要なのか? って思ってるんです。
皆さまは「もう そろそろリニューアルしたほうがいいと思われますか?」
また お知らせくださいね。

ところで、「水木さんは、西田佐知子さん いしだあゆみさんで
男性歌手では誰が…?」と、たくさんメールを頂きましたが
「歌い手さん 皆さんが好きです!」では、ダメですかね?
ならば、お答えいたしましょう!
城卓矢さんと出門英さん(ヒデ&ロザンナ)なんです!
卓矢さんのほうは テレビで『骨まで愛して』を観た 15歳の時から
いえ ラジオで『スタコイ東京』を聴いた時からですかね。
大人になったら卓矢さんのように カッコ良くなりたいと
本気で憧れてました。
はじめて 銀座でお逢いした時は、めまいがして立ってられませんでした!
死んでしまった親友 村岡実に、瓜ふたつ! そっくりだったし…
今でも、そして たぶん一生涯この人です!!
まさに『骨まで愛して』です(笑涙)
ですから、卓矢さんのお兄さまの北原じゅん先生と
お仕事ご一緒したり、お茶をする時は
似てらっしゃるので、
じゅん先生か? 卓矢さん? か、解らなくなる時が あります。
いつか、叔父さまにあたる川内康範先生が 沖縄の海で
『骨まで愛して』を作詩された時の お話聞いたときは
情景が目に浮かんで、思わず泣いてしまいました!
じゅん先生が「文れいじ」というペンネームを持たれてるので
「れいじ」という名を とっても喜んでくださいました。
日本クラウンでの初めてのヒット賞が
じゅん先生との『海峡わかれ雨』』というのも いまさらに不思議な ご縁です!
じゅん先生も 大好きな作曲家の先生です!!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)
 |  リブログ(0)

テーマ:
ここでもお知らせと お願いいたしました
JASRACの「こころ音(ね)プロジェクト」ですが
先日『北窓』/『さだめの椿』(作曲・船村徹先生)
『人生が映画なら』/『天草純情』(作曲・蔦将包先生)
そして、美川憲一さんの歌で
岩手県花巻を 舞台に創りました『淡雪のひと』
この 5作品を、基金として 提出いたしました。
また昨日は、これに加えまして
純烈さんが 現在がんばってらっしゃる 新曲『キサス・キサス・東京』/『ひとりじゃないから』
(作曲・杉本真人)先生の2曲も
作詞分の全権利を 基金に 提出いたしました。
どうぞ 皆さま、聴いて歌ってください!
その一回 一回の使用料が、東日本復興の お役に立つのです!!
純烈さんも『キサス・キサス・東京』『ひとりじゃないから』
ドンドンゆきましょう!!!
この『ひとりじゃないから』は 去年
宮城県気仙沼市階上(はしかみ)中学校の卒業式で
梶原裕太くんが、答辞を読み上げるニュースを 見まして
あまりの せつなさ哀しさに、立ってられなくなり
号泣しながら、そばにあった新聞の折り込みチラシの裏に
走り書きをした詩です!
その時の詩に、『M氏への便り』以来 何十年も仲良くしてもらってる
『吾亦紅』のマート先輩が 曲を付けたものです。
世界中の皆さま、どうか よろしくお願いいたしますね!
きっと きっとですよ!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)
 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、タワー横のスタジオで レコーディングがありました。
中休憩の時間に、前から一度昇ってみたかった
この東京タワーに 行ってみたのです!
そしたら そこで何と! すッご~い方から お電話が来て
作品の発注が! この大御所さまには ホント! お世話になったり
ズッコケたり 想い出がいっぱい…
こんな高い処での 作品うちあわせは、生まれて初めて(笑)
しかも、白い雪の残る東京!
きっと 大ヒット曲が 誕生するんだろうな!! って予感。
そこで、タイトル決めて 東京湾を見ながら
1コーラス目を もう創りました。
今日、また午後から レコーディングがあるので
タワーの上でのお話は この次ネ。
皆さま、雪が凍ってますから 足元に気をつけてください。
では 今日の後半も 元気に行きましょう!!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

追伸:今、深夜1時55分です!
   お風呂の前に、昨夜の『歌謡コンサート』を見ました。
   よしみちゃんの『酒きずな』素晴らしかったですね。
   「天童! 日本一ッ!!」という
    お父さまの声が 聞こえてきそうな名唱!
    お見事だったですよね。                                 パープル・シャドウズさんの『小さなスナック』
    あれは 17歳の時、金光学園の親友 村岡実と暮らしてた ちいさなアパートで
    あいつがギターを弾いて 俺が歌った想い出の一曲!                    泣けて泣けて しかたありませんでした。
    次の曲が、いきなり44年後の『情熱のマリアッチ』だなんて…
    氷川きよしさん! NHKさ~ん! 本当に ありがとうございました!
 |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日の、叶弦大先生のお弟子さんのレコーディングは
本当に感激でした。
まだ情報発信禁止になってますので 書くことは出来ませんが
もう 歌もルックスも最高です!
また叶先生のメロディー、若草恵先生のアレンジが
鳥肌立つほど…というか 涙が出ましたね。
デビュー前から、マスコミで紹介されてる新人さんですので
レコーディング中も カメラや記者さんが
たくさん来られてて 大変でした!
解禁日が来たら、詳しく ご紹介しますね。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

さて、昨日は志賀大介先生が会長をなさってる
日本音楽著作家連合の新年会のパーティーでした。
お忙しい方々ばかりなので
普段は なかなかお逢いできない あのお顔、このお顔…
お目にかかれて 話に花が咲きました。
大映レコードの頃のお知り合い、あのテレビ局の方々、
そして 石原裕次郎さんの復帰時の『霧の波止場町』
レコーディングで お世話になった
元 テイチクの重鎮の高柳六郎先生、(こちらがご本家ですね! )
それから 私が水木れいじになりたての頃
本当にお世話になった『ラブユー東京』や『わたし祈ってます』など、
数々のヒット作品を作曲された 同郷の中川博之先生
私が無名だったばっかりに
いっぱい素敵なメロディーを 書いてくださったのに
世に出なかった名曲の数々…。
これらを 今こそリバイバルさせましょう! と
固く握手を交わして参りました。
もっと もっと色々な方と お話したかったのですが
ラジオ番組のゲスト出演がありましたので、19時30分に
うしろ髪をひかれる思いで パーティー会場をあとにしました。

追伸:このブログのために、パソコンを つけましたら
   凄ッごい方からメールが…! 大恩人の おひとり
   昔ワーナー・パイオニア時代に
   もう 言葉では いいつくせないほどお世話になった
   加藤要さん! からメールが…
   フォーク・ユニット「19」や
   小林幸子さんを あの『おもいで酒』で スターにし
   今は、株式会社マザー・ミュージックディレクションの 取締役!
   そんで、30年前の年賀状の あの紋付き袴姿の私を見て
   「葛原くん! 落語家デビュー!」と
   一番大笑いした(お逢いしたかった)要さんから…
   要さんの お話は、また今度!
   朝が来ちゃいます!!

 |  リブログ(0)

テーマ:
ゆッき(雪)でした あなたのあとを なんとなく…なんて
雪が降ると吉田拓郎さんの ELEC RECORDS時代の
アルバムの中の『雪』を 聴いたり歌ったりします。
なんせ拓郎さんは、私にとっては “俺たち青春のバイブル”ですからね!
あと歌うのはAdamoさん『雪が降る』です。
自分の作品にも“雪”がつくのは多いですが、挙げるとしたら
竹川美子ちゃんの『雪の十日町』と
大黒裕貴ちゃんの『日本海は雪ですか』ですね。
この2曲はカラオケ大会でも たくさんの人たちに歌って頂き
根強い人気があるのですが
特に『日本海は雪ですか』は優勝や最優秀歌唱賞に
挑戦される方たちには必修曲で、
審査員として伺うと、北海道から 沖縄まで 全国の人々から
「あんなに歌が上手で可愛いのに、裕貴ちゃんは
どうして引退したの?」とか
「東京に帰られたら、絶対がんばってね!って伝えてあげて」
とか 頼まれるのですが
なぜ シンガーソングライターに転向したのか?
今どこで 暮らしているのか…さえ、知らないんです。
私も 何百人もの方々の『日本海は雪ですか』を聴かせて戴きましたが
未だにあの子の『日本海は雪ですか』を
越えた歌唱は、聴いたことがありません。
モニター画面いっぱいにして 聴いてみてください。
泣けませんか? 15歳の美和ッチです!
きっと、あの子は 天才だったんでしょうね!
皆さんは どう思われますか?
ただ、あの子も私と同じで 一途で頑固で
言い出したら きかないところが あるので、
「我が道を行く!」っていう生き方を貫いているのではないでしょうか?
時々ライブもやってるみたいなので
どんな曲を歌ってるのか? 聴いてみたいし
今度、ブーケでも持って 行ってみましょうかね。
『日本海は雪ですか』も
本当に たくさんの方々に歌って頂く作品なので
JASRACの“こころ音プロジェクト”に 拠出しようかなァ…!
まあ、こんな寒い時は
あたたかい物を食べて 熱いお風呂が一番です!!
おもては雪から霙になってるし
外食はやめて 自分でうどんを作ってみました。
なんせ15才の時から ひとり暮らしでしたから…

満腹での風呂は いいなァ!
今日は ラベンダー&グレープフルーツの 精油入りです。
大声で 安岡力也さんのシャープ・フォークス時代の『遠い渚』
『海へ帰ろう』を歌って ストレス発散です。
あゝ 極楽! 極楽です~ぅ!
でも、湯船で大の字になって
左足の 向こう脛の傷跡を見ると
やっぱ ちょっと落ち込む!!
中学のバレーボール部時代の 苦い想い出があります。
現在なら立派な犯罪ですよね!
NHKさんの 9時のニュースで特番 組んでくださるような…
まぁ、幼稚園の頃から イジメの ターゲットにされてたから
殴られたり蹴られたりは、別に どうってことなかったですけど
練習という名のシゴキや、プレーミスの体罰は 凄まじかったですね!
どうしたって、中学一年生なのに
私は身長が135cmしか なかったですし
背の高い3年生とか 3人ぐらいに押さえ込まれると
勝ち目はなかったです。
だいいち、部室自体が 校庭のすみっこなんで
喚いても、教員室や教室まで 届きもしないんです!!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

でも、守ってくれた友達や先輩には 倍返し、
やってくれたヤツには 3倍返し!
これだけは 必ずやりましたよ。
たとえ相手が先生でも やり返したものですから
学校に来られなくなって 辞表を出した 若い先生もいました。
これ中3の時の話です(笑)
あとは、高校の卒業式の日に
○○を教えていた先生を 校庭に呼び出して
池の中に つき落としてから、清々して 校門を出ました。
だから、この業界に向いてたのかも知れません。
あの人が恐い! とか、この会社が恐い!
とか、言う人も いらっしゃいますが
私的には 偉業を成し遂げられた方って 本当にスゲ~なぁ!!
心から 尊敬するばかりです。
ただ 一年ほど前、大恩のある方に
うっかり ご無礼した時だけは
死んでお詫びしようか…と本気で思い悩んだ事がありました。
そんな時でも、好きな音楽を聴きながら外を歩くと
パッと気持ちが変わるから…不思議ですね!
12、13、14歳(じゅうよん)と 私の人生暗かった…
そうだ! 藤圭子さんの『圭子の夢は夜ひらく』を 聴きながらウォーキングして
今夜も、おいら がんばるぞ!
皆さん、寒い夜こそ 歌を聴いて元気でゆきましょう。

追伸:iPodの『圭子の夢は夜ひらく』の 次の曲は
   『命預けす』でしたが、この詩 凄いですね。
   曽根幸明先生! 奥さまの喜代美さん! お変わりないですか?
   喜代美さんの『涙のサンバ』も よく聴いてますよ。
   あッ もう純ペイ(藤圭子さん)の 歌の中でも
   大好きな『盛り場数え歌』に なっちゃった!
 |  リブログ(0)

テーマ:
私にしてみれば 毎日、
宝くじの一等賞が当たったようなことばかり起こるので
もしかしたら、私は もう死んでいて、夢の世界にいるのかなァ…と思う
昨日今日です。
昨夜の 天童よしみさんの40周年のコンサートも そうでした。
つい2~3日前の 新叶での一夜といい
金光学園中学 高校の懐友や先輩との再会だって
こんな事(偶然)は、どう願っても祈っても
一生叶う事ではないって あきらめていた夢でした!
そんな事があっての 今日のコンサートです。
天童よしみという 日本が世界に誇れる、歌謡界の財産ボーカリストの
40周年記念曲『おんなの山河』を 書かせて戴けた…
この めぐり逢わせだけでも 神様に感謝の気持ちで いっぱいです!
だって、こんな頃(チビッコのど自慢 8歳)から
愛し続けてきた よしみちゃんなんですよ!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

その よしみちゃんの 40年間の膨大なヒット曲の中から
選んで 選んで 選び抜かれた20曲余の中に
私が、生まれて初めて書いた演歌の作品
『大阪そだち』が 入っていたのです!
あれは B面の歌だったのに…
あの歌があって、あの詩を よしみちゃんのお父さま(義行さん)が
誉めてくださって
「なぁ…水木はん、あんたは 着てるもんも 見た感じも、
 ジャニーズ系か Rock系の お人みたいやけど
 あんたの書いた演歌の詩には、ほんまに 心がある!!
 長い目ぇで見たらなぁ、ポップス書いてゆくよりは
 絶対 演歌書かはったほうが、ええ思うなぁ…
 東京へ帰らはったら 一回な、ゆぅ~っくりと考えてみてください!」

これでした! 31歳の私が 演歌の方向に道を決めたのは
なにも師匠が石本美由起先生だったから…
という、理由だけでは ないのです。
昨夜のコンサートは、オープニングの『珍島物語』から
アンコールの『あんたの花道』まで
いつものコンサートとは
よしみちゃんの心のこめ方も 違ってましたけど
やっぱり40年前のデビュー曲、
大学時代 京都の下宿屋の窓辺で聴いた名作『風が吹く』と、
義行さんの 聴かれた最後のシングル『幸せはすぐそこに…』には
号泣してしまいました。
右隣にはJCM(文化放送)の 茂木会長
真後には テレビ東京の大原潤三CPが 座られてたので
作詩大賞の時のこと(笑)も あったし
「今日は絶対 泣かんぞ!」
あれほど決めてたのに、本当にダメでしたねぇ~。
恥ずかしい!

それで、よしみちゃんが「今日のお客さまの中には…」と
紹介の コーナーが、あったんですよ。
私が 自分の応援歌の ひとつとして
いつも聴いている『出世街道』のご本家畠山みどりさんに始まって、
次から次へと日本を代表する歌い手さんや
女優さんたちが 客席から紹介され
ピンスポットを 浴びられたのです。
私の大好きな『また君に恋してる』坂本冬美さん
来られてましたね。
そして そして、私の人生の歴史の中で西田佐知子さん
越えるほど 好きになった人いしだあゆみさん
今も デビュー曲の『ネェ聞いてよママ』から
シングル盤 LP 盤、全部持ってま~す。
客席に いらしてたんですよ!
信じられますか? 創り話なんかじゃないんですよ!
私の仕事部屋の机の前に 写真の
本物を今日、この目で見たんですからね。
よしみちゃん ご一家とのフォトフレームの隣には
この写真が 並んでいます。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

もう この世で思い残すことはありません! と書いて
今日のブログを終われば 美しいのでしょうが
私 しぶといです!
もうすぐ夜明けですが 日課のウォーキングをして
筋トレもやって、身体を鍛えて
よしみちゃんの為にも、
もっと もっといい詩を書いてさしあげなくては…
それでは、ひと汗流しに 行ってまいりますね!
 |  リブログ(0)

テーマ:
私も 理事をさせて戴いてます
日本音楽著作権協会(JASRAC)の総会で
いつだったか都倉俊一会長が語りました。
「衣食足りて 文化を知る」と…
それは どういうことかと言いますと
ミャンマー連邦共和国の少女が
SMAPさんの 歌詞の意味を知りたいから
日本語学校へ行っているという お話でした。
ASEAN加盟国に著作権意識を根付かせたい! とも
都倉会長は熱く語られました。
音楽は力です! ものすごい力なんだと 私は思います。
JASRACでは現在
「こころ音(ね)プロジェクト」という運動を 行っております。
それはJASRACの会員、信託者である作詞者、作曲者、音楽出版社が
指定した作品の著作権使用料を
東日本大震災復興支援基金「こころ音(ね)基金」として
お預かりし、東日本大震災の復興支援に役立てる 取り組みです。
私 水木れいじも 、巨匠船村徹先生と創らせて戴いた
カラオケ・スタンダード曲(和製シャンソン)
あの名曲『北窓』と
カップリング曲『人生が映画(シネマ)なら』
も含めて 全利用権を、本日付けで 基金に提出いたしました。

船村先生が今でも
若くして亡くなられた 作詩家の高野公男先生との想い出を
とても大切に されているのと同じように
私の心の中にも
青春時代を共に生きた 今は亡き親友がいるのです!!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

村岡実クンと 中学3年から転入した岡山県の金光学園は
のどかな田園風景の中に ありました。
後ろに見えるのが 当時毎日通った校舎です。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

15~17歳まで 村岡実クンと一緒に暮らしたアパートが
金光町にあります。できるかぎりの悪いことをしました!
酒、煙草、女の子 そして友情を知ったのも その時その場所です。
つぎの写真の3階の左の北向きの窓、あそこです!!!
あの窓の中で作詩家になる夢を見ながら
あいつと笑い、あいつと泣いたのです。
あいつの死を知らされたのは
大学3年の春、桜の頃のことでした。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

作詩家に憧れ 作詩家になる夢しかなかった
多感な17歳の冬…
そんな自分の青春時代を 思い出しながら綴った『北窓』
皆さまが 夜の盛り場で、また大会で 歌われるごとに
そして 大手音楽配信サイトでダウンロードしていただいても
それは震災復興の基金として お役に立つものです。
La Mon Amour…この『北窓』を歌って
カラオケ大会で あなたも優勝を目指しましょう!
皆さま方の ご協力お願い申し上げます。

追伸:さあ、いよいよ天童よしみさんの40周年記念コンサートです!
   会場のどこかで、今は亡きお父さまの義行さんも
   見守られてることと…思います。
   皆さま 今日(18日)は、中野サンプラザで お逢いしましょう!
 |  リブログ(0)

テーマ:
我が敬愛なる叶弦大先生
作品創りを ご一緒させて戴くことになり
沼津の叶先生宅を お訪ねしました。
先生の お顔を見るだけでも心が安らぐのに
その上、先生と ピアノの前で一緒に創らせて戴くと
細部の言葉選びも 丁寧に出来て、俄然 楽な上に
何故か不思議なくらい、詩がドンドン浮かんでくるので
いつもの3倍くらいのスピードで 作品が完成してしまいます。
あッという間に 作品創りは終わりまして
さあ待ちに待った 割烹旅館新叶でのお風呂と夕食です!!
新叶さんへ 泊めて戴くのは久しぶりです。
北から南まで 日本全国旅しますが、新叶さんの
ここまで行き届いてる!という
おかみさん(長谷川貴世さん)の
お心くばりと、お花や花瓶の選び方、生け方
そして お料理や その素材の素晴らしさ!
これらの点で 私的には日本一の割烹旅館だと思っています。
ですから、前夜は ほとんど睡眠をとれてなかったにもかかわらず
叶先生が、お宅の方にお帰りになられてからも
私は 大はしゃぎで、ご一緒した日本クラウンの
ピンちゃん(大喜田一人ディレクター)や 貴世ママと
深夜3時30分頃まで、大 大爆笑大会となりました。
貴世さん! 夜更かしさせちゃって 本当にごめんなさいね!
義母の問題(港区に住民票を移さなければ転院しなくてはならない)も
もう すっかり片付いたので、これからは友達を連れて
どんどん バンバン泊めて戴きに参りますからね!
それにしても、部屋や お廊下だけじゃなく
ご不浄の間の壁にも、このお花! ですよ。
あっぱれ「新叶」 日本一!です。(笑)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

私にとりましては 何十年間に渡って
どんな夢でも 叶えてくださったから
叶弦大先生というペンネームなのかな~?(笑)なんて
そんな気持で翌日(13日)沼津をあとにして
東京へ向かってましたら、あッ 何て綺麗で雄大な富士山!!
それで車を止めて 富士山をバックに記念写真を撮りました。
新年の夢が叶いますように!新叶さん頼みますよ(笑)
近いうち 必ず友達と来ますからネ!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

で、3時には純烈さんの所属事務所社長の山田徳明さんが
家にいらっしゃるので
東名高速に入る前に、叶先生ご夫妻へお礼のご挨拶に
再びお宅まで伺って家路につきました。
何だか山田社長って、若き日の自分みたいで…
可愛くって しかたないんですよね(笑)

さぁ、土曜日の午後は 待ってました! 休日です。
昨年の夏から ず~っとず~っと話したかった高校時代の友達、
睦ちゃんや 芳っちゃんに、心ゆくまで長電話して
あとは ウォーキング! 筋トレ! そんなことしてたら
父の遺品のダンボール箱が また2箱届きましたので
これを開けましたが、気がついたら眠りこけて整理もせず
今朝になっていました。

たまの日曜サンデーと言うのに(笑)今日は今日とて
午前中から お客さま。
お昼すぎ、3時にやっと解放されましたので
義母のところに 家内とふたりで 陣中見舞いに行ってまいりました。
今日も義母の お気に入りのティールームで
楽しいひとときを過ごしましたが
そこの 店長でいらっしゃる
佐藤昌さんとも、ご一緒にまた またピース!です。
ホント、男の私が見ても 超カッコ良くって、お優しい方なので
母が大好きな人だっていうの(内緒)も 納得! です。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

さあ明日は 待ちに待った高校時代の同級生安原弘展くん
株式会社ワコール代表取締役社長と、
定金生馬くん(同じ3年2組 卒業アルバムでは隣に写ってる
カーゴテック・ホールディングス・ジャパン株式会社代表取締役)
みんな出世しちゃって、凄いなぁ!!
まぶし過ぎるよ~。全くぅ~!
そして一年上の
越智通勝先輩(エン・ジャパン株式会社代表取締役会長)との
四人での 夕食会です! 今からワクワクですぅ~。

追伸:今日の感激! 佐藤昌さんのお店のトイレに 書かれてた言葉
   「ほほえみが 人を癒す
    優しい一言が 人を救う」

   まったく そのとおりだ!
   オイラ明日も これでいくぞ!!
 |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日でしたね、天童よしみさんのところから 帰宅しましたら
玄関に ダンボールの山です。
ほとんどは皆さまからの贈りものですが
まだ昨年のお誕生日やクリスマスのプレゼントの
お礼状も 出せてませんね。
お仕事優先! と義母のための 急な(想定外)引越しで
この二ヶ月あまり
暗いうちに寝た日は 数日しかありませんでした。
そんな理由で、こんなにも遅れてしまいましたが
お礼状は 心をこめて
たとえ お忘れになられた頃になってしまっても
必ず、おひとり おひとりに
お出しする主義(笑)ですので…
もうしばらく お許しくださいね!

それで、そのダンボールのうちの二箱は
高校時代の恩師の先生のお宅に
預かって戴いていた父の遺品でした。
ひとつ ひとつ箱から出しながら
父が手にした本、父が撮影した写真のネガ
父が聴いてくれたかどうか解らない(洋楽派でしたから)けど、
両親?(きっと、おばあちゃんか 母ですね)が
買っててくれていたと 思われる
私の初期の 売れなかった作品達(苦笑)のレコードがいっぱい…!
これらに語りかけながら、また 父のぬくもりを懐かしみながら
整理しているうちに、またしても徹夜になってしまい
そのまま昨日一日 がんばっちゃいました。
一睡もしなくても、
詩を創る仕事は 好きで選んだ道なので 本当に楽しいのです。
そのかわり、昨夜は9時間も熟睡しました。
2日前の大阪 八尾でも、8時間も熟睡! と…
このところ 超ラッキーが 続いています。
父の遺品の多くは 写真家だっただけに、
そうなんです! 会社重役という肩書きは
伯父の事業のお手伝いを してただけでした。
ほとんどが 写真やカメラ関係のものばかり
あとは、何かで戴いたらしい トロフィーとかブロンズ像でした。
私は15歳で家を出たものですから
そういえば 父の書斎に なにげなく置かれてたなァ…とか
こうして 手にしてみれば、見覚えのあるものばかりでした。
父の友人、知人だった秋山庄太郎先生や、緑川洋一先生
それからVAN Jacket 社長の石津謙介さんの お兄さまでらっしゃる
良介おじちゃまの写真集も、一冊一冊 フェルトのぞうきんで拭いては
そこに直筆で記された「葛原茂樹(父の名前)君へ…」という文字を
指で なぞりながら
父の面影を、そして父の生涯を偲びました。
良介おじちゃまの お宅は
私の実家から歩いて3~4分ぐらいのところでしたので
ちいさな頃はよく遊んでもらったものです。
特に 洋一おじちゃまとは想い出がいっぱいで
邑久町の“緑山荘” という別荘や、
おじちゃまの家(歯医者さん)にも しょっちゅう遊びに行きました。
あの時代でも、虫歯にならないように 歯を綺麗にしてくれましたし
藤原啓さん作の備前焼の花瓶を 砂遊びに使って割った時も
怒るどころか「指を切ったりしてないか?」と
青い顔して心配して、私のちいさな手を 見てくれました。
お子さんがいらっしゃるのに、私が18歳くらいまで
「養子にに来い!」と、本気で言われたものです。
私は おじちゃま家の、洋間の応接室の
出窓から見える 葡萄棚が大好きで
いつまでも見上げてて「あれが食べたい!」と言ってたそうです。
「家のお庭にも 同じの創ってよ!」と だだをこねて
父をこまらせて、結局、7才のお誕生日プレゼントに
創ってもらったそうなんです(苦笑)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

私なんか比べものにならないほど、優しくて お人好しで
あだ名は「仏の葛原先生!」でした。
父もやっぱり 私と同じで有名になりたいとか
お金を稼ぎたいとか そんな気持の かけらも無い純粋な人でした。
欲が無いのも よく似てます!!
ですから、写真集や個展なんかの話も ほとんどお断りしてたみたいで
私が知ってる 父の著作もこれ一冊くらいです。
この本を出したのも 単純に竹久夢二先生
『宵待草』の歌が 好きだったからだって…言ってました。
そんなこんなで 父の遺品も綺麗になって
もう私の部屋に あります。
いつも 私を見守ってくれてるみたいで
嬉しくて しかたないです!!
今朝も「おはよう!」と言って 飛び起きて
父が一番好きだった映画主題歌『男と女』を
Engelbert Humperdinck版で iPodで聴きながら
テラスの植物たちに 水やりをして
作品創りをがんばりました。

そんでもって午後からは作詩家協会で
ちょっと むずかしい会議がありました。
でも大丈夫! そんな時はスカイガーデンに昇って
5分 この夜景を見ると もう気分爽快です!
$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

「お父ちゃん! ほら あれが東京タワーだよ!」とか
語りかけつつ、ここで聴く、よしみちゃんの『おんなの山河』は最高です!!
 |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日(7日)、天童よしみさんのファンクラブの方たちの新年会に
お招き戴いて、去年日本レコード大賞の作曲賞を『ふたりの船唄』
受賞された若草恵先生と ご一緒に
大阪城のすぐそばの名門太閤園に行ってまいりました。
一年ぶりにお逢いする方、コンサートで しょっちゅうお逢いする方
とにかく、天童家の皆さまや ファンの方たちに囲まれて
元気とやる気を いっぱいプレゼントされました!
実は、朝の9時30分まで徹夜で
我が敬愛なる叶弦大先生のメロディーに
詩をはめ込む仕事に夢中になりまして
そのまま一睡もしないで 大阪へ向かいましたが
疲れなんか ブッ飛んでしまう熱気でした。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

天童さんの40周年記念曲『おんなの山河』(よしみちゃん人形付き)を
私 101枚予約しました!
この101枚というのは
よしみちゃんの おばあさま 小阪ユクさんが
今年めでたく 101才になられましたので
それに ちなんで昨年から、決めていたのです!
今回の『おんなの山河』は 若草恵先生のメロディーも素晴らしいし
もちろん、よしみちゃんの歌唱も 抜群のあがりですので
毎日のように、我が家に遊びにいらっしゃる お客さま達に
お土産に差し上げたとしても
101枚なんて、あっという間に なくなることでしょう。
よしみちゃんは 歌も人柄も最高ですから
普段は演歌を全く聴かないという 私の多くの友達の間でも超人気です。
そう、天童よしみさん氷川きよしさん藤あや子さん五木ひろしさん
この お四方は、不思議に 愛されて、応援されてます。

それで、話は戻りますが(笑)昨夜は 八尾に一泊いたしまして
念願だった ユクおばあちゃまに、お逢いしに伺ったのです。
お元気で 凛とされてて、感激したのですが
まるで自分のおばあちゃんと再会できたような
熱い思いが こみ上げて
気がついたら涙ぐんで、おばあちゃまを 抱きしめていました!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

まだまだ お元気で、長生きをしてくださりそうに お見受けしましたので
長寿の秘訣を こっそり教えていただいて参りました。
それから、よしみちゃんのお父さまが植樹された
あの梅の木を見に
天童さんご一家と龍華町東公園へ行きました。
今年の冬は 寒さがきびしいせいか
まだ、ちいさな蕾をつけている…といった風情でしたが
樹の根元にある “幸せは すぐそこに…”というプレートのとおり
春はもうすぐだよ!と義行さんの声が聞こえてきそうな
素晴らしい 昼さがりでした。
記念写真を撮っていましたら「あっ!天童よしみさんだ!」
と子供さん達が 歓声をあげて集まって来まして、
握手してください! と、あっという間に すごい人だかりです。
優しい天童さんが、ひとりひとりに お応えしてあげると
子供達は「一生 手を洗いません! 一生忘れません!」
と感極まって、私たちの車が見えなくなるまで
全速力で走って 追いかけて来てくれました。
何だか 私たちの方が、大感激してしまう嬉しいお正月でした!!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

あとは、最終新幹線ギリギリまで
天童ご一家の皆さまと 楽しいひとときを過ごし
お父さまのご仏前に、お礼と これからの決意を報告して
我が家へ 帰ってまいりました。

お母さまの筆子さんの
「梅の花には、まだ ちょっと早かったなァ…」と いう言葉を
ふと思い出しながら、六本木に着きましたら
な な なんと、我が家のゲートで待っていたのは
それは見事な 梅の花でした!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

義行さん! あなたって人は本当に…!
おいら また今夜から がんばるぞ!!!
 |  リブログ(0)