作詩家 水木れいじの気まぐれDiary

ほんの時々の更新ですが…


テーマ:
天童よしみさんの新曲『ふたりの船唄』に
感激した、泣けたと
たくさんのメールやお電話を頂き、ありがとうございます。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

2番の歌詞が、特にグッとくる…との お褒めのお言葉
本当に 本当に、嬉しいです。
通常 テレビでは、1番3番を 歌われることが多いため
制作時はディレクターさん含め 皆さん
1番3番に 意見が集中します。
そこで、私の場合は
「2番は自分らしく 伸び伸びと やらせてもらいますネ!」
と ばかり、2番は思いきり水木カラーで
書かせていただいてます。
最近「その伸び伸びが 創りっぽくなくて ストレートに胸に届くよ」と 好評で
テレビでも、2番を歌ってくださることが 増えてきました。
ありがたいことです!!

さて、話は変わりますが
昨日は松井由利夫先生のご命日でしたよね。
もう2年の日々が 流れたのですね!
松井先生には 本当に優しくしていただきました。
あれから不思議なご縁を、感じることも 色々ありました。
先生には、心から 感謝しています!!

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

氷川きよしさんの『浪曲一代』の 2番の歌詞
「上っ面では 判ったつもり
 つもりじゃ通らぬ 芸の道」
芸の道はもちろんのこと、私はここを「人の道」と 置き換えさせていただき
大切に、座右の銘のひとつにしているんです!!
大好きな歌詞(言葉)なんです。
また あらためて 心に刻み
忘れることなく 精進してゆきたいと…思います。
 |  リブログ(0)

テーマ:
天童よしみさんの NHKテレビ
「ザ☆スター」を 観られた方から
素晴らしかった!感動しました!と
たくさんのお電話やメールを戴きました。
私も、勿論観させていただきましたが
お父さまの義行さんの
懐かしい写真や エピソードに
そして、番組の最後によしみさんが
「あなたにありがとう」を 歌ったとき
ず~っと 筆子お母さんの 後ろ姿が映っていたでしょう!
じっと見つめていたら…胸が いっぱいになってきて
涙が とまりませんでした。
2月16日発売の『ふたりの船唄』
愛する人と 心をひとつにかさねて
人生という 波瀾万丈の大海原を
越えてきた ふたりが
今、又あらためて きずなの糸を しっかりと結び直して
次の幸せへと 漕ぎ出してゆく…
そんな あたたかくて
スケール感のある作品です。
日々を がんばって生きてらっしゃる方々に贈る
応援歌ですが
やはり、そこかしこに「天童ご一家の実話」が 綴り込まれていて
聴く度に 泣けてきそうになります!
いっぱい いっぱい応援してあげてくださいね!!
ところで『人生みちづれ』の 2番に出てきた「リンゴ畑」って
ご覧になったこと ありますか?
よしみさんのおばあちゃまの故郷、福島のリンゴ畑です。
私が イメージしたのは この畑です。
遅くなりましたネ! ごめんなさい。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)
 |  リブログ(0)

テーマ:
励ましのメールを いっぱい
本当にありがとうございます!!
おひとり おひとりから温かさや勇気をいただき
感謝の気持ちで いっぱいです。
涙がでるほど お心のこもった言葉を かけていただき
また一歩一歩がんばって行くんだ!
と、胸が熱くなりました。

$作詩家 水木れいじの気まぐれDiary(工事中)

さて、たくさん頂いた ご質問ですが
氷川きよしさんの新曲『あの娘と野菊と渡し舟』の世界感
伊藤左千夫先生の「野菊の墓」
そして、木下惠介監督が映画化された
「野菊の如き君なりき」の風景を
思い浮かべて綴ったことは 間違いありません!!
そのとおりです!
全国各地で 氷川さんのファンの方々に お逢いしましたが
皆さまが 民子さんのような…印象の方ばかりでした。
田舎風と いうところだけは、少し違いますが…
伊藤先生は こう書かれています。
感謝の気持ちをこめて
ここに抜粋させていただきます。

真(まこと)に民子は野菊の様な児であった。
民子は田舎風ではあったが,決して粗野ではなかった。
可憐(かれん)で優しくて そうして品格もあった。
厭味とか憎気とかいう所は爪の垢(あか)ほどもなかった。
どう見ても野菊の風だった。
 |  リブログ(0)