作詩家 水木れいじの気まぐれDiary

作詩家 水木れいじの気まぐれDiary

ほんの時々の更新ですが…

俊ちゃんが亡くなって

2年が過ぎたんだなぁ…

もう、この世にいないなんて

信じられないけど…

 

俊ちゃんとは仕事柄

スタジオの中での想い出は

数えきれないよ。

どんな無理難題を言っても

おおらかに「これ?」といって

音で答えを出してくれたし…

あの穏やかで優しい俊ちゃん

嫌いと言った人に逢ったことがない!

 

だけど、そういう事より

10数年以上

毎年 奈良へ一緒に行った事とかかなぁ

書き始めたら朝が来る…ほど

楽しかったことで いっぱい!!

 

この業界って

「誰々と親交が深くて

 こんなことも あんなことも

 知ってます!」って

それを自慢みたいに話して

お商売にしてる人もいるけど

「想い出」って 胸の中に秘めてるからこそ

「たからもの」なんじゃないかなぁ…

ねぇ 俊ちゃん 😉