ダラーズを中心に不穏な空気が…。

露西亜寿司で食事をとるワゴン組に

池袋に戻ってきた正臣はある提案をする。

一方、青葉のもとに釈放された兄、泉井が

接触を図ってきた。

兄の変化を感じながら何らかのたくらみを感じるが…。

 

 

正臣君は帝人君のために

ダラーズをつぶすことを決意してたか…。

哀しい直接対決の予感です。

お互いがお互いのために動いているのに

親友たちはすれ違っていくのか。

 

そんな中、いかにも悪そうな青葉君の兄貴。

こいつのナレーションではじまった今回、

しばらくはこの男のが表立って裏工作をしそうです。

でもま多少成長しても

青葉君を越えられるかな~

結局別の誰かの掌の上にいそう。

 

そして裏の裏の裏から手を出してくる男は…

赤林さんに帝人くんの調査を依頼されてますが

彼は組としては半分、

杏里ちゃんのために動いてる気がするから

まだ安心かな?

 

そして贄川嬢のお父さんも探し始め。

あらゆる糸が絡まりに寄ってきて、

なんと今回は…。

 

作品の良心ドタチンが…!!

いかん、皆がキレる…!!

 

【デュラララ!!×2 過去感想】

13話 汝の敵を愛せよ

14話 邯鄲の夢

15話 縁は異なもの、味なもの

16話 人の噂も七十五日

17話 寝ても覚めても

18話 花に嵐

19話 猫を殺せば七代祟る

20話 口に蜜、心に針

21話 口八丁手八丁

 

承の感想はこちらのページより。

また新たな脅威が…

リースは体が動くようになると姿を消した。

その間もマシンは番号を送り続けるが、フィンチは

それを受け取れないでいた。

だが、ルートから促された番号を確認すると

フィンチは驚きを隠せなかった…。

 

忘却 忘却
250円
Amazon

もう一つのマシンを作り出したフィンチさんの旧友と

もう一つのマシン、サマリタン。

せっかくフィンチさんの過去が分かるのに

リース君がいないときばかりですね…

アーサーさんと一緒に校歌を歌う

フィンチさんを見てショウさんが

「リースに見せてやりたい」とどや顔してたところが

本当にほほえましかった。

少年時代、お父さんのために

「機会に記憶させよう」という優しいハロルド。

いいお父さんだったんですね…。

若年性はきついよね…。

 

…はよ戻ってこいリース君。

 

それにしても類は友を呼ぶ…。

天才の友は天才ですね。たとえ認知症となっても。

ハーシュさんのボスがここで意外な登場ですが

ボスがおばさんなのは…;;

こういうぽっちゃりおばさんには

味方ボスでいてほしいタイプなので…

ちと残念。

 

さて今回はそのボス「コントロール」に

捕まってしまいましたが。

リース君はファスコさんが

連れて戻ってきてくれるにしろ

今回は間に合わないし。

 

誰が助けに来てくれるかな?!

マシンだよね?!

 

次はアニメ

デュラララ!!×2 転 第22話

「愚か者に福あり」の感想です。

 

【パーソンオブインタレスト 過去感想】

season3

ep1 解放

ep2 情報社会

ep3 レディ・キラー

ep4 騙し合い

ep5 盗聴

ep6 警戒00

ep7 黒幕

ep8 全面戦争

ep9 交差

ep10 悪魔の取り分

 

シーズン1~2の感想はこちらのページより.

リメイクされてたので旧作から挑戦。

バレリーナ志望のスージーは、

アメリカからドイツの名門バレエ校へと入学する。

嵐の中たどりつくと、関係者がいないのか

門前払いになってしまう。

だがその時、生徒の一人が外へ出ていくのを目撃する

彼女はその晩、恐るべき姿で惨殺される…。

色彩の美しい映画でした。

特に赤。

有名な首吊りのシーンも赤が美しかった。

ただ血の赤には見えなかった…

怖かったのは直前の

ガラスに押し付けられるシーンのほう。

地味に辛そうでした。


物語は名門バレエ校で起こる

数々の行方不明者の謎。

謎のままの方が怖かったパターンですね。

何者が何の目的で行うのか

まったく想像がつかなくて、

その間はドキドキしました。

ウジが大量にわいているシーンは

別の意味で怖かったけど…

あれは本当にただの不祥事だったのかな?


とにかく見せる映画でしたね。

怖かったかといえば

怖いと感じるところもあった映画、でした。

むしろ美しい映画だと思いました( ^∀^)



リメイク版はどうなったのか、楽しみになりました。




 

名作時代劇のアニメ化作品。

 

江戸時代後期。盗賊が跋扈する江戸で

「鬼」と恐れられた男がいる。

火付盗賊改方、長谷川平蔵、通称「鬼平」。

ある時一人の盗賊が捕まるが、

数々の拷問にも「盗賊の仁義がある」と

仲間の情報を漏らさなかった。

だがその盗賊は、「血頭の丹兵衛」の名を聞くと

目の色を変えた…。

 

鬼平犯科帳は7巻までしか読んでませんけど

人情と非情のからまる魅力ある時代劇だったので

アニメ化と聞いたときから気になってましたけど

やっと手を出してみました。

 

めっちゃスタイリッシュでびっくりしました!

若いし細いし前髪が色っぽいし

皺が魅力的なダンディズムあふれるキャラデザ…。

わかってたけど月代もないww

これは違うという人も多かったでしょうね…;;

私は大好きですが。

 

ですが拷問もしっかりと描き

男の信頼と裏切りを言葉少なに描き出す

ハードボイルドで心に残る世界ができあがっていました。

 

物語はのちのメインキャラの一人、粂八の登場回。

イケメンすぎるでしょ…。

 

若き頃のあこがれが無惨に崩れ去るのを

心のなかで繋ぎとめる粂八の想いが辛かった…。

それでも過去から自分を支えてくれた

「盗賊三箇条」は粂八の芯をすでに作り上げていた。

それを懐深く受け止める鬼平。

いいエピソードでした…。

 

次回は鬼平の青春かな?

左馬之助さん好きなんで楽しみ。

あと一番大好きなおまささんが早く出てほしいな~ww

 

原作もまた読みだしてます。

 


次は映画。

ダリオ・アルジェント監督

「サスペリア」の感想です。




サイモン救出大作戦

「聖杯」の行方のため攫われたサイモン。

クラリーは救出のため、ジェイスの訓練を受けるが…。

 

 

 

お色気満載のヴァンパイアさんたち、

こちらの吸血鬼は特色はない感じ。

定番の吸血鬼といった印象です。

普通の男の子なサイモン君にはたまらんw

 

でもイザベルもお色気では負けてない!

アン・ハサウェイばりのパーツの濃い美女ww

情報を得るためにしっかりお体使ってます。

魔術師さんもいろいろありそうですね…。

ストレンジ先生のところとは違って

俗にごってり浸かってますがww

魔法使いよりですね~~

 

さて訓練はあっさりで救出ですが

アレクとイザベル兄妹が囮になってますが

結構正面からぶつかってる感じ…。

サイモンは後遺症もなく救出。

クラリーもさらっとした訓練のわりには

無傷…。

あまり危険には見えなかったなあ…。

ティーン向けっぽいので中身は薄味みたい。

 

さてサイモンは今後

シャドウハンターとどうつながっていくのかな?

やはり伸びしろがでかそうです。

 

次はアニメ

鬼平 第1話 「血頭の丹兵衛」の感想です。

 

【シャドウハンター 過去感想】

season1

EP1 聖杯を探して

EP2 墜ちていく二人