2019年10月14日17:20

超濃厚みそつけ麺を食べた後、限定ラーメンの裏メニューである超絶スパイスみそつけ麺を注文しました。




スパイスや味噌などの味わい深い旨味と芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。スパイスの芳香な香りが食べ進めるにつれてカレーの香りに変化していくおもしろさと、スパイスを加えたことでドロッとしたつけ汁でありながらさっぱりした口当たりの良さがいいアクセントになってお箸が進みます。


写真には写っていないものもありますが、ネギのシャキシャキした食感やメンマのコリコリした食感は口の中をリセットして、いい口直しになります。タマネギのシャキシャキした食感と甘みがいいアクセントになってお箸が進みます。
分厚く切られたチャーシューは程よく肉汁が含まれ、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。



コシのある表面がツルンッとした麺は喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになって食べ応えがあります。喉越しのいい麺は程よく旨味と香りを引き立て、噛み応えがしっかり味わえお箸が進みます。
カレーの香りと辛めの味わいのつけ汁との絶妙な加減がクセになります。


スープ割りは魚介系のスープが加わります。カレーの芳香な香りが後を引く味わいで、辛さが若干抑えられます。辛さが気になるのであれば、ご飯を入れると食べやすくなると思います。


味わい深く芳香な香りのつけ汁とコシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。辛さがちょっと厳しいかなと思いましたが、なぜかまた食べたくなる一杯です。

2019年10月13日17:35

台風19号の暴風域から抜けたことを見計らって、SNSで営業確認できた桐麺本店さんへ昼ご飯を食べに伺いました。


10/2より始まった秋のみそ祭り限定の超濃厚みそつけ麺を注文しました。数量限定とのことです。




味噌などの味わい深い旨味と芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。味噌などの芳香な香りが味わえつつ、さっぱりした口当たりの良さがいいアクセントになってお箸が進みます。


写真には写っていないものもありますが、ネギのシャキシャキした食感やメンマのコリコリした食感は口の中をリセットして、いい口直しになります。タマネギのシャキシャキした食感と甘みがいいアクセントになってお箸が進みます。
分厚く切られたチャーシューは程よく肉汁が含まれ、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。



コシのある表面がツルンッとした麺は喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになって食べ応えがあります。喉越しのいい麺は程よく旨味と香りを引き立て、噛み応えがしっかり味わえお箸が進みます。


スープ割りは魚介系のスープが加わります。味噌の芳香な香りが引き立ち、味噌の濃厚さが抑えられ飲みやすくなります。


味わい深く芳香な香りのつけ汁とコシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。スープ割りまでおいしく食べられ、また食べたくなる一杯です。
2019年10月11日19:45
定番メニューの未食を制覇するため、十三にある桐麺さんへ仕事帰りに伺いました。

本日は時間に余裕があったので、茹で時間がかかる鶏清湯塩つけめん(あっさり)と唐揚げ(4個)を注文しました。



かつお節などの節系の味わい深い旨味と、芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。塩味のつけ麺ですがしょっぱ辛さはなく、さっぱりした口当たりの良さがいいアクセントになってお箸が進みます。



コリコリしたメンマの食感やネギやカイワレのシャキシャキした食感はいいアクセントになってお箸が進みます。
肉汁がたっぷり含まれたチャーシューは噛めば噛むほど肉汁が出て旨味を引き立て、食べ応えがあります。


麺線をきれいに整えているので、見た目が良く食欲をそそられます。麺を整えている動きを見ていると簡単そうに見えますが、店長さんの真剣な眼差しを見ていると集中力が必要で、簡単にはできないのではと思います。


コシのある表面がツルンッとした麺は喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになって食べ応えがあります。喉越しのいい麺は程よく旨味と香りを引き立て、しっかり噛み応えが味わえお箸が進みます。


スープ割りをすると、塩の味わいが引き立って最後までおいしく食べられます。

味わい深い旨味と香りのあるつけ汁と、コシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。また食べたくなる一杯です。



唐揚げはモモ肉を使っているので柔らかくジューシーで食べ応えがあります。スープを邪魔しない味つけですが、卓上にある粗挽きコショウを加えると味が引き締まってお箸が進みます。中華そば桐麺さんでは外せない一品です。
2019年10月8日16:00
10/2より桐麺さんにて秋のみそ祭りをやっているとSNSにて発表があったので、仕事帰りに立ち寄ることができる中華そば 桐麺さんへ伺いました。
今回の限定ラーメンのちぢれた桐麺みそと唐揚げ(4個)を注文しました。



味噌などの味わい深い旨味と芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。
濃厚な八丁味噌に近い味わいですが、食べるにつれて口当たりが良くいいアクセントになってお箸が進みます。


コシのある表面がツルンッとした麺は喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになって食べ応えがあります。ウェーブがかった麺は程よく旨味を引き立て、噛み応えがしっかり味わえお箸が進みます。


シャキシャキした食感のネギやカイワレ、コリコリした食感のメンマやナルトの食感は口の中をリセットして、いい箸休めになります。タマネギのシャキシャキした食感や甘み、糸唐辛子のピリッとした辛さがいいアクセントになってお箸が進みます。


程よく脂身の入ったチャーシューは肉汁がたっぷり含まれていて、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。スープの旨味を引き立て、程よく旨味が味わえお箸が進みます。
味噌などの味わい深い旨味と香りが味わえるスープと、コシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。また食べたくなる一杯です。



唐揚げはモモ肉を使っているので柔らかくジューシーで食べ応えがあります。スープを邪魔しない味つけですが、卓上にある粗挽きコショウを加えると味が引き締まってお箸が進みます。中華そば桐麺さんでは外せない一品です。
2019年10月7日14:45
京都での所用を終えて、フリーきっぷを使って伺ったのが池田屋吹田店です。約2ヶ月ぶりの訪問です。

この日は限定トッピングがなかったので、定番メニューの小ラーメンニンニク少しを注文しました。



豚肉などの味わい深い旨味とほのかに香る芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり、食べ応えがあります。若干しょっぱさが残っていますが、口当たりの良さがいいアクセントになってお箸が進みます。


コシのある表面がツルンッとした麺は、一乗寺に負けず劣らず喉越しのいい歯切れの良さがいいアクセントになり、程よく旨味と香りを引き立て食べ応えがあります。啜りやすい麺は噛み応えがしっかり味わえ、お箸が進みます。


シャキシャキした食感のモヤシやホクホクした食感のキャベツは口の中をリセットして、いい箸休めになります。一味のピリッとした辛さがいいアクセントになってお箸が進みます。


分厚くブツ切りにカットされた豚は醤油がしっかり染み込んで香り高く、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。噛めば噛むほど肉汁が出てきて、スープの旨味を引き立て、お箸が進みます。

味わい深い旨味と香りと、コシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。豚の肉汁によって引き立つ旨味がクセになり、また豚肉100kg使って作ったスープは豚増し不要なくらい味わい深くまた食べたくなる一杯です。


消費税増税後の値上げはしばらく行わないとのことです。
2019年10月7日18:20
京都で所用があったため、煮干そば藍さんでブランチをしたいと思い、伺いました。

この日は限定ラーメンの濃厚背脂鶏豚秋刀魚つけそばと炙りマヨチャー丼を注文しました。



トンコツや秋刀魚などの味わい深い旨味とほのかに香る芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。ほのかに香る芳香な香りと口当たりのいいつけ汁がいいアクセントになってお箸が進みます。


シャキシャキしたネギの食感や細かくカットされたチャーシューの旨味は口の中をリセットして、いい箸休めになります。タマネギのシャキシャキした食感と甘みがいいアクセントになってお箸が進みます。


コシのある表面がツルンッとした麺は喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになって程よく旨味と香りを引き立て食べ応えがあります。啜りやすい麺は噛み応えがしっかり味わえ、パプリカの刺激がいいアクセントになってお箸が進みます。


味変に大根おろしと大葉をつけ汁に加えると、さっぱりした味わいと酸味のきいた味わいになり、お箸が進みます。


鶏チャーシューはムネ肉です。パサパサした食感ではなく、弾力のある食感とさっぱりした味わいでお箸が進みます。豚チャーシューは程よく脂身がのった肉汁がたっぷり含まれ、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。
食感の違いを味わえ、お箸が進みます。


食後は〆ご飯か割スープができるとのことで、〆ご飯を注文しました。味わい深い旨味と香りのするつけ汁がご飯の旨味を引き立て、最後までおいしく食べられます。

味わい深い旨味と芳香な香りのつけ汁と、コシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり、また食べたくなる一杯です。



炙りマヨチャー丼はタマネギのシャキシャキした食感と甘みとマヨネーズのサッパリした味わいとの絶妙なバランスがチャーシューの旨味を引き立て、パプリカなどの香辛料と相まってお箸が進み食べ応えがあります。また食べたくなる一品です。
2019年10月7日20:15
とうひちさんを後にして、バスを乗り継いで向かったのが一乗寺にある池田屋さんです。

いつも注文している小ラーメンニンニク少しを注文しました。



豚肉を100kg使って作っているスープは味わい深い旨味と芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。濃厚かつ濃密な乳化スープでありながら、口当たりの良さがいいアクセントになってお箸が進みます。この日は気温が高いせいか濃厚な味わいが引き立っていました。気温や湿度などによって濃厚な味わいに変化があるのも楽しみの一つです。


コシのある表面がツルンッとした麺は喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになって食べ応えがあります。モチッとした食感としっかりと味わえる噛み応えとの絶妙なバランスがクセになり、お箸が進みます。


シャキシャキしたモヤシの食感やホクホクしたキャベツの食感は口の中をリセットして、いい箸休めになります。トウガラシのピリッとした辛さがいいアクセントになってお箸が進みます。


分厚くブツ切りにカットされた豚は醤油がしっかり染み込んで香り高く、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。噛めば噛むほど肉汁が出てきて、スープの旨味を引き立て、お箸が進みます。

味わい深い旨味と香りと、コシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。豚の肉汁によって引き立つ旨味がクセになり、また豚肉100kg使って作ったスープは豚増し不要なくらい味わい深くまた食べたくなる一杯です。


一乗寺の池田屋は、消費税増税に伴い価格が上がっています。
2019年10月7日19:20
京都での用事を終えて、昼ご飯を食べるために伺ったのがとうひちさんです。GW以来の訪問です。

とうひちさんの定番メニューの鶏醤油らぁ麺と唐揚げ(4個)を注文しました。



鶏などの味わい深い旨味と、芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。味わい深い鶏などの旨味の重層感と、さっぱりした口当たりの良さがいいアクセントになってお箸が進みます。


コシのある表面がツルンッとした麺は喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになって食べ応えがあります。啜りやすい麺はしっかり噛み応えが味わえ、お箸が進みます。


三つ葉のシャキシャキした食感や、コリコリしたメンマの食感は口の中をリセットしていい箸休めになります。ネギのシャキシャキした食感やスープに浸ったネギの食感がいいアクセントになって、お箸が進みます。



鶏チャーシューはムネ肉です。パサパサした食感ではなく、弾力のある食感とさっぱりした味わいでお箸が進みます。豚チャーシューは程よく脂身がのった肉汁がたっぷり含まれ、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。食感の違いを味わえ、お箸が進みます。

味わい深い旨味と芳香な香りが味わえる重層なスープと、コシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。また食べたくなる一杯です。



サクサクした食感の衣と、肉汁がたっぷり含まれた鶏モモ肉の絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。以前は塩がついていましたが、現在は塩がついていないので卓上にあるブラックペッパーをかけたり、マヨネーズをつけるとモモ肉の旨味が引き立ちお箸が進みます。
さっぱりした味つけの唐揚げなので、とうひちでは外せない一品です。
2019年10月8日0:45
所用があって京都に泊まることになったのでホテルに荷物を置いてから、晩ご飯を食べるため京都二郎へ伺いました。
限定ベルセニクは売切れとのことで、多め(以前の小ラーメン、麺量300g)ニンニク少しとビールを注文しました。
ちなみに、以前の控えめは並で麺量200gです



豚肉などの味わい深い旨味と、芳香な香りとの絶妙な
バランスがクセになり食べ応えがあります。味わい深い旨味のあるスープは、さっぱりした口当たりの良さがいいアクセントになってお箸が進みます。


コシのある表面がツルンッとした麺は喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになり程よく旨味を引き立て食べ応えがあります。柔めの茹で加減ではなく、噛み応えがしっかり味わえお箸が進みます。


モヤシのシャキシャキした食感やキャベツのホクホクした食感は口の中をリセットして、いい箸休めになります。モヤシとキャベツの食感の違いが味わえるのがいいアクセントになって、お箸が進みます。


チャーシューは分厚くカットされたものが2枚入っています。程よく脂身がのって、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。噛めば噛むほど肉汁が出て、旨味を引き立てお箸が進みます。

味わい深い旨味と芳香な香りが味わえるスープと、コシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。また食べたくなる一杯です。


ビールにはおつまみがついてきます。おつまみは日によって変わります。



今回のおつまみは脂をかけた豚に高菜をかけたものです。噛めば噛むほど豚に含まれた肉汁を高菜のシャキシャキした食感と程よい塩加減が引き立て、ビールが進みます。モヤシのシャキシャキ感も相まってお箸が進みます。


脂身の多いため売り物にならなかったベルセニクを店主のご好意でいただくことができました。醤油がしっかり染み込んで、脂身との絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。今後時間などが合えば本当のベルセニクを食べたいと思ったトッピングです。
2019年10月8日13:10
今回四つ葉さんは3種類のラーメンを販売していましたが、2種類のラーメンを連食してまだお腹に余裕があったので、最後のメニューの濃厚たまごのまぜそばと鶏飯を注文しました。



生醤油を使ったタレはしょっぱ辛さはなく、味わい深い醤油の風味と芳香な香りとの絶妙なバランスがクセになり食べ応えがあります。卵の黄身と一緒に混ぜると醤油の味わいがマイルドになりますが、芳香な香りと口当たりの良さがいいアクセントになってお箸が進みます。


コシのある太麺は表面がツルンッとして喉越しが良く、歯切れの良さがいいアクセントになって程よくタレの風味や香りを引き立て食べ応えがあります。喉越しのいい啜りやすい麺はしっかり噛み応えが味わえ、お箸が進みます。


ネギのシャキシャキした食感や海苔のパリパリした食感は口の中をリセットして、いい箸休めになります。タマネギの甘みやシャキシャキした食感はタレの風味を引き立て、お箸が進みます。


鶏チャーシューはムネ肉です。パサパサした食感ではなく、弾力のある食感とさっぱりした味わいでお箸が進みます。豚チャーシューは程よく脂身がのったレアチャーシューで肉汁がたっぷり含まれ、柔らかくジューシーで食べ応えがあります。
鶏チャーシューと豚チャーシューとの食感の違いを味わえ、お箸が進みます。
味わい深い風味と香りが味わえるタレと、コシのある喉越しと歯切れのいい麺との絶妙なバランスがクセになり最後までおいしく食べられます。また食べたくなる一杯です。



細かくカットされた鶏肉は程よい塩加減が味わえ、大葉の酸味やワサビの芳香な香りと相まって、食べ応えがあります。程よい塩加減がいいアクセントになって、また食べたくなる一品です。