◇THE MOYURUPEN STREET JOURNAL◇

◇THE MOYURUPEN STREET JOURNAL◇

Moyuurpenのミッションは、「現代文明への聖域なき諫言・提言でより良き未来を構築する」ことです。



■<<THE MOYURUPEN! STREET JOURNALはスロージャーナリズムの立場で、聖域やタブーなき公平・中立の表現の自由を守る砦です。Moyurupen Gate Entertainmentsは自由な発想・憶測・推理・予測で縦横無尽に駆け巡ります。>>★youtube動画小説普及向上委員会:仁科広嗣・上松由紀夫・澤田由希、倉本貴子、山本真理亜、Tom Crisis、Maria Estrogen■

■○★LIFE SAVING~No.XXX<教訓シリーズ>は特別版です。書籍化までは一般非公開です。

◆The Moyurupen Street Journalのブログ記事は、ameblo、FC2(4site)、SeeSaa、Excite、Livedoor、Hatena、WordPress、Blogger、Google+、メルマガ、YouTubeで原則同時配信しています。とくに、YouTube動画小説においては110作品を配信しています。ご検索は、moyurupen、仁科広嗣にてお願いします。◆

↓シアターモードでご視聴ください。最初はそのまま斜め読みでご覧いただき、ゆっくりお読みになりたいときは、停止と再生を繰り返してください。
(Please watch by a theater mode. When I have see the beginning by scanning just as it is, and would like to read slowly, please repeat a stop and revival.)

★二四七 一六二九作品↓

★作家兼日本国家顧問(アドバイザー)★
____________________

■二四七 一六二九(仁科 広嗣:にしな ひろつぐ)。
本名非公表・年齢不詳、173cm、AB型。新潟県生まれ。祖父は平成天皇がお生まれになられた時、伯父と共に皇居の警備にあたっていた。近衛師団第三歩兵連隊で226事件決起部隊に参加もその後本部隊に復帰、満州、スマトラを回り負傷して帰国、私が三歳の時に他界。幼少時より大人の雑誌小説:官能小説に読み耽る。ドラクロアの「民衆を率いる自由の女神」を観て覚醒し、裸婦の絵画制作を極めるため武蔵野美大の門をくぐる。恩師である故美術評論家、坂崎乙郎氏の講義でシュール・リアリズム(幻想絵画)の世界に傾倒する。慶應義塾で哲学を学ぶ。30歳を機に銀座で個展を開催する。美大卒業後は永年広告代理店でクリエイティブ・ディレクターを担当。同時に小説創作に目覚める。その後、JRA関係・メトロ新聞関係・リクルートHで二年間雑誌編集のスーパーバイザー、女性社長探偵社・ヘッドハンティング会社・美術出版関係・流通関係・政治団体関係など7社ほど取材を兼ね勤務。独自の美術評論をはじめ、小説では目下SF、ハードボイルド(主人公男性版・女性版)、歴史シミュレーション、戦争物、恋愛物他執筆中。併せて、YouTube動画小説を展開中。目下、32作品のうち8作品が完成。SNSでは発信していない。尊敬する作家:三島由紀夫、宇野鴻一郎、トムクランシー、安井曽太郎、アーノルド・トインビー、今東光。

★The Moyurupen Street Journalは、人類の歴史を潮流戯画としての視点で見つめます。公平な目で憶測・推理・推測・想像・検証を行い、未来への羅針盤を築き上げていきたいと思っています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス