世界が美しい。すべて輝いて見える。話。 | リハビリ鍼灸@吉祥寺 いけちゃんのブログ

世界が美しい。すべて輝いて見える。話。


同じものを観ているのに、
心に響く時と何も感じない時と。
心に響く人と響かない人。  
 

 

それがあるのは、なぜだろう?


数年前、思い切って地球の裏側まで行ってみた。


マチュピチュ@ペルー

あの時、
『世界が美しい』
と、心の底から震えた。
日々、感じていたこと。
でも、日本では言葉には、なかなか出来ずにいたこと。
それが、南米の空の下、自分の中で静かに情熱的に合点した瞬間だった。


マチュピチュに行った感想を聞かれるたびに、
「世界が美しい。何を見ても綺麗だと思えるようになったキラキラおねがいキラキラ
と答えている。

けど、
「行ってみたけど、大したことがなかった。
 綺麗な景色なんて、他にいくらでもある。」
と、吐き捨てるようにわざわざ言われたこともある。

 

ちょっと、悲しくなった。。。ショボーン

自分がそう感じていることを、他人に素直に伝えることを控えるようになった…。

 

 

けど、私の毎日は楽しいままキラキラおねがいキラキラ

毎日発見があるびっくりひらめき電球感動があるラブラブラブ

そのまま自分だけが分かっていればいいやって思っていたキラキラ照れキラキラ




ある時、とある旅行エッセイストの方が
「『どこどこ行って、すごいですねー』って言われるけど、
 世界一周旅行をしたやつなんて、いくらでもいる。
 行ったこと、知ったことだけを自慢しているだけは、

 ただの観光、スタンプラリー。
 自分探しと称して、世界一周して、

 どこかにいっただけで(中身が)変わらない奴なんて、山ほどいる。
 行って感じたこと、考えたことで、自分に変化を持たせて、

 なにか行動することが、
 旅に意味を持たせる。」
と話されたとき、私のなにかが動いたひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

 

 

ああ、やっぱり。

世界は美しいキラキラ照れキラキラ



『私』が『今、いる』ということを知るためには、
まず、自分の身体がアンテナとして機能していることだ。
周りの状況をきちんと把握できるように、身体が整っていること。
その状況に応じて適切に動いていく身体があること。

当たり前のことだけど、
この当たり前のことが、様々な理由でゆがんでしまったとき、
人は、病というものに取り込まれるのだ。

身も心も。

 

身体がおかしい=アンテナの受信感度が落ちる汗

だから、世界が美しいと気が付けなくなるんだガーン!?

と。

ならば、
先ずはカラダと整えること。
心と身体のアンテナを、きちんとチューニングできるように。

それが、旅に出て出会えたことであり、

私の出来ることかな、と思ったわけで。

そこから今日まで、もっと楽しく発見の日々になっているキラキラ照れキラキラ


私が見ている世界は、
輝いていて、本当に美しい。
この言葉を口にしただけで、ポロポロと涙が溢れ出てしまう。

悲しくも寂しくもないのに、涙があふれるのは何故だろ?

だから、
いつも一番奥の大事なところにしまっている。

そして、
大切な人にはユーモアで包んで、こっそりお渡ししている爆  笑音譜

 

こっそりとお渡しした人が、いつか、

世界が美しい。輝いているキラキラおねがいキラキラ

 

って気がついたら、

吉祥寺の片隅にいる誰かが小さくガッツポーズをしているはずウインク

 

 

・・・たぶんねてへぺろ

 

 

おあとがよろしいようで<(_ _)>

 

-----------------------------------------------------------
気になる症状、体調に不安を感じたら、気軽にご相談ください。
うれしや鍼灸院 吉祥寺
 

ご予約はこちらから↓

【うれしや鍼灸院 吉祥寺】 
ご予約フォーム

 
※お急ぎの方は、直接 
090-1040-1189
まで、おかけください。

 施術中のため電話に出られない場合があります。
 留守番電話にお名前・ご連絡先・希望日時を必ず残してください。
 折り返しご連絡いたします。
-----------------------------------------------------------