横山大観とレアンドロ・エルリッヒ | リハビリ鍼灸@吉祥寺 いけちゃんのブログ
2018-02-14 22:00:00

横山大観とレアンドロ・エルリッヒ

テーマ:日々のあれこれ

立春を過ぎたら、春眠だよって言われた、いけちゃんです(˘ω˘)Zzzz

暁はなかったコトに!

こんばんは!

 

さて、横山大観とレアンドロ・エルリッヒ。

アタクシ、こー見えても、

美術や音楽・演劇など芸術に触れることで、

自分の治療に於けるアイディアや感性を養っておりますおねがいキラキラ

ということで。
本日は、美術館のハシゴいたしまちた( ´艸`)



まずは、『横山大観展』@山種美術館

 



富士山で有名な横山大観ですが富士山

絵を観ていて感じたのは、「エッジ」がないこと。
ぼんやりとしている描き方に、「???」内心モヤっと感が。
ところが!
『写生とは、そのものを描くのではなく、その性格や性質を捉えること。』
と気が付いてからは、目からウロコびっくりひらめき電球


富士山を描くにあたっては、
『自分が富士山を描くためには、人間性が必要。』
と、美術だけに限らず、文学、音楽、歴史、哲学、科学などなど、
この世のことをありとあらゆることを学んだと聴き、
「(アタクシなんて大観の足元にも及ばないけど)気持ちがわかる!」
と共感。
【富士山】と【心神】には、揺るがない魂の声を感じずにはいられませんでした。


水墨画って、墨の濃淡だけで、高低、濃淡、浅深を描いているのだけど、
「これって、鍼灸治療と似ているなあ~」
と一人にやけておりました( ̄▽ ̄)


次は、
『レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル』@森美術館

 

 




《反射する港》で、何が起こっているの???となり、
《教室》で、ここはTDLのホーンテッ◎マンションか?となり、
《試着室》で、マジで?迷路?となり、
《建物》で、こーゆーことでしたか!
と、固定概念をここぞとばかりに、覆され捲りまくり…。
先入観、凝り固まった価値観、思い込み、決めつけ、偏った見方…。
そんなもん、どーだっていいんだよ!てへぺろ
って気が付かされるといいうか。
アタマの中、ぐわあんぐわあんに、こねくり回された感じ爆  笑アップ


真摯な精進の精神性と既存の概念をぶっ壊す視点に触れ、
またまた新たなアイディアが降りてきそうな予感がしておりますキラキラおねがいひらめき電球キラキラ




【余談】
アタクシ「治療って、仏師のように、木の中にある仏様を掘り出すような感じなんだよねー。
その人の身体の中に埋没している、良くなるための可能性を引き出す感じとかがさ~おねがい
と、話すと
友人  「・・・。それって・・・、やっぱりわからない。さあ、食べよう口笛
と、一蹴されまちたガーン

 




色気より食い気ラブ恋の矢


ハッピーバレンタインドキドキ


おあとがよろしいようで<(_ _)>

 

-----------------------------------------------------------
気になる症状、体調に不安を感じたら、気軽にご相談ください。

うれしや鍼灸院 吉祥寺

 ご予約はこちらから↓

【うれしや鍼灸院 吉祥寺】 
ご予約フォーム


 ※お急ぎの方は、直接 

090-1040-1189

まで、おかけください。

 施術中のため電話に出られない場合があります。
 留守番電話にお名前・ご連絡先・希望日時を必ず残してください。
 折り返しご連絡いたします。
-----------------------------------------------------------

いけちゃん@笑顔を生み出す治療家【うれしや鍼灸院吉祥寺】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス