神メンタル

テーマ:

**************************************

こんにちわ、理学療法士Hiroです。

Blogを拝読していただき誠にありがとうございます。

このBlogでは、医療現場で働くHiroが理学療法士の視点で書いています。私は、病院で、心臓リハビリテーション、呼吸リハビリテーション、チーム医療(心不全、栄養サポートチーム)を実践しております。

また、臨床研究、支部研修会を企画運営もしています。見返りは求めていませんが、自分にできることを提供しようと心がけています。

**************************************

 

今年一番のめっちゃくちゃいい本でした👍

全て書いて行きたいですが、ポイントを絞って書きます。

ぜひ、購入して読んで見てください。

 

楽天

 

アマゾン

 

神メンタルを持つ人になりたい!と思い購入した本。

神メンタルとは、強靭で鋼のようなメンタルではなく、全ての出来事から考えることでなく、自動的に良い意味を見いだすことができること。

よって、心が折れない!ということになります。

 

<神メンタル公式>

現実=目的地×手段×メンタル 

 

<実践1>

未来体験シートを作成する

完了形で、測定可能な形で、制限をかけずに、その理由も書く。さらに、10分で書く。書けない場合は、目的地が明確ではない。

◯5年後には私はこんなことを実現しました。3年後、1年後、半年後は?

 

<実践2>

・それらを画像として、毎日みる

・達成した!!!という言葉を紙に書いてはる

 

<神メンタル公式2>

自己評価=自己肯定力(どんな自分でも認めてあげることができるか)×自己効力感(自分自身の能力に対しての評価)

自己評価をあげて行動する。モチベーションをあげる必要はない。

 

<実践3>

アフォメーションを宣言する。同時にやめることも明確にしておく

 

朝と夜、30秒のアフォメーションを繰り返す。これを毎日繰り返す。

 

<実践4>

過去や未来の出来事に思いを巡らさない。負の感情が出たら美味しいものを食べに行く!!

 

 

さっそく、画像をスマホに33枚入れました。

この本に出会えた私は、ラッキーです!!

そして、忘れないように言葉も書いてはっておきます!

 

5年後には夢が叶いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

reha-hiroは挑戦します‼️

テーマ:





こんばんわ😁
reha-hiroです👍

三連休はとことん自分と向き合いました。
ただ今、自転車エルゴメータ駆動させています。今日は、体育の日だから‼️


今朝、鴨tubeを視聴して感じたのですが、私は会社の常識というものを自分の中で線引きしていました。

また、失敗することへの恐怖、価値が下がる⁉️みたいなプライドもあったように思います。

弱くなってしまった自分を支えてくれた仲間の存在も大きかったです。
今、現在も旅行中にもかかわらず、心配してLINEをくれます😆 一緒に近くで仕事をしてきたから、本当に大きな存在で、かけがえのないと再認識する機会となりました。

そんな気持ちとなり、人に対して優しさでいっぱいの私です(^◇^;)

私は、前向きだとよく言われます。でも、こうやって沈む時もあります。

レジリエンスという言葉も知りました。こうしたトレーニングは大事だなと思います。

挑戦して次の扉を開けていこうと思います。→Mr.Children 終わりなき旅

一年後、泣きながら成功を祝いたい
そして、栄光の架け橋を熱唱したいです🎤

上の写真は、俺のスタンプというアプリです(^◇^;) めっちゃ簡単にスタンプが作成出来ます👍


今日は、体育の日ですね!

朝から鴨Tube見て、感動してしまいました。



これ見るの実は、3回目なんですw

本と一緒で、その時の心情で心に届くメッセージが違ってくるのも面白いなと思いました。
マクドナルド人事部に行ったときの変革が今の自分とマッチして(私はたいしたことないことだけど。。。)新鮮でした。

心が折れても諦めないぞ

テーマ:

こんばんわ。
理学療法士のHIROです👍

さて、新規リハ開設オープンとなり一週間が経過しました。

この5日間多くの事を経験しました。
孤立、人間関係が出来ていない、事務用品が揃っていない、受付がいない、2つの病院を跨っている複雑さ、情報収集不足、課長不在。

元々、メンタルには自信がなかったので、トレーニングしていたものの。心臓外科という経験のない症例であることもあってドキドキの連続でした。

リハ職種30名→2名という環境の変化

孤立感と、どうしてこんな状況をやらんといけんのじゃという半ば違った感情も出ていました。

朝のミーティングには参加していますが、自分がいてもいなくても変わらない環境に寂しさを感じ必要ないんだなという気持ちになりました。

必要とされなくなると、急に心が折れそうになってしまいました。。。

そして、改善策として‼️
① これは自分に必要な課題。大きな壁を乗り越えてしっかりしたチームを作る。
② 心が折れた自分を否定しない。心が折れたっていい、ただ諦めない。
③ 孤立、孤独は勘違い。仲間は多い、仲間に相談して広げてみよう。
④ 拒んだり、歪んだりしないで、まっすぐに受け止める。
⑤ 疲れたら立ち止まっていい。

という結論。
自分としては修正出来たと思っている。
(自己評価たかめ)

こういう経験が出来て、教育というものにプラスできる‼️そんな気がする。

自分は、承認空間を作り病院全体の雰囲気をあげて生産性の向上を図る。

やれる‼️

きっとやれる‼️

いや、絶対やれる‼️

では、また来週👍





 

**************************************

こんにちわ、理学療法士Hiroです。

Blogを拝読していただき誠にありがとうございます。

このBlogでは、医療現場で働くHiroが理学療法士の視点で書いています。私は、病院で、心臓リハビリテーション、呼吸リハビリテーション、チーム医療(心不全、栄養サポートチーム)を実践しております。

また、臨床研究、支部研修会を企画運営もしています。見返りは求めていませんが、自分にできることを提供しようと心がけています。

**************************************再読月間として10月までは、本を再読をしていきます

 

池田貴将(著)「QUEST 結果を勝ち取る力」(sanctuary books)

 

 

 

 

行動は2度作られる。

1度目は頭の中で、2度目は現実の上である。

 

我々の行動は、

・意思モード(自分で考えて動く)

・反応モード(メールや電話、話し声など刺激に合わせて動く)

・惰性モード(感情)に分かれる。

 

意思モードを働かせることが重要なことは言うまでもないが、我々は振り回される。ついつい面倒な仕事が舞い込むことだってある、その時に感情に流されると惰性モードになってしまい、意思モードが低下する。

 

そして、自分の意思をつねに疑うことが必要だ。鋼の意思を作るためには、

健康状態→感情の状態→人間関係→時間の使い方→仕事・家庭→家計→自己実現・社会貢献の順番で改善していくことが必要なのだ。

 

また、勝てる自分を演出することも大切だ。勝ちサイズを小さくして、2時間を15分×8setsに分けるなどして達成感を8回味わうなどする。仕事以外の家庭のこと趣味の足跡を残す。できた行動だけを数える、5分間腹筋運動する。自分の価値は自分で決めていく! 

 

お久しぶりです。

少しだけ時間が出来たので、ブログを再開していきます。

 

先日、オホーツク糖尿病研究会で講演させていただいた内容を少し噛み砕いて説明します。

 

「教育」には患者教育、スタッフ教育など様々なものがあります。

しかし、これを別々に考えることは良いことなのでしょうか?

 

 

患者教育もスタッフ教育も共通しています。

 

患者やスタッフを変えようとはしていないでしょうか?

 

 

Recognitionとは、承認のことです。

「どうして、そんなことも出来ないのか、気合いが足りんのだ」というのは、感情的に叱っているだけになります。これでは、承認されず、生産性は、低下してしまいます。生産性をあげるには、Recognitionがめちゃくちゃ重要なキーワードになります。

 

そこで、これらを元に私が提案した運動処方は以下の図になります。

 

このチャートでは、患者やスタッフが悪いというレッテルがありません。

失敗の原則を見直したり、患者特性を分析することで運動を促していくものです。

そして、どうしても継続できない症例については、カンファレンスで対応しチームで情報共有する必要があると思います。

 

 

まとめ

承認は、褒めることでは、ありません。

愛のある、生産性をあげるような叱り方を、ぜひ身につけていただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話が面白いスピーチ集

テーマ:

image

 

**************************************

こんにちわ、理学療法士Hiroです。

Blogを拝読していただき誠にありがとうございます。

このBlogでは、医療現場で働くHiroが理学療法士の視点で書いています。私は、病院で、心臓リハビリテーション、呼吸リハビリテーション、チーム医療(心不全、栄養サポートチーム)を実践しております。

また、臨床研究、支部研修会を企画運営もしています。見返りは求めていませんが、自分にできることを提供しようと心がけています。

**************************************

 

プレジデントで紹介された著名人のスピーチ集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体力検査

***************************

こんにちわ、理学療法士Hiroです。

Blogを拝読していただき誠にありがとうございます。

このBlogでは、医療現場で働くHiroが理学療法士の視点で書いています。私は、病院で、心臓リハビリテーション、呼吸リハビリテーション、チーム医療(心不全、栄養サポートチーム)を実践しております。

また、臨床研究、支部研修会を企画運営もしています。見返りは求めていませんが、自分にできることを提供しようと心がけています。

***************************

 

運動負荷試験について

目的

 虚血性心疾患の検出

 虚血性心疾患の重症度判定

 心疾患患者の運動耐容能評価

 運動誘発性不整脈の検出

 運動誘発生の各種疾患の検出

 手術後、薬剤投与後などの治療効果判定

 運動療法のための運動処方作成

 虚血性心疾患の予後判定

 

測定方法

 心肺運動負荷試験

 6分間歩行試験

 シャトルウォーキングテスト

などがあります。

 

スポーツをやっている人ならば、運動負荷試験がベスト!

 

・体力レベルがわかる!

・心臓、肺、骨格筋どこに問題があるかわかる!

・ダイエットに最適な負荷がわかる!

 

東京都心などでは10000円で測定できるところもあるみたいです。

高額な機器のため、病院にも置いてないところもありますので、注意です。

 

 

 

くれぐれも、無理はしないよう運動をしましょう。

 

具体的な運動について今後書かせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

***************************

こんにちわ、理学療法士Hiroです。

Blogを拝読していただき誠にありがとうございます。

このBlogでは、医療現場で働くHiroが理学療法士の視点で書いています。私は、病院で、心臓リハビリテーション、呼吸リハビリテーション、チーム医療(心不全、栄養サポートチーム)を実践しております。

また、臨床研究、支部研修会を企画運営もしています。見返りは求めていませんが、自分にできることを提供しようと心がけています。

***************************

 

本日は、家庭用自転車エルゴメータについて書かせていただきます。

 

実は、Hiroが1ヶ月前に自転車エルゴメータを購入したからなんですw

 

自転車エルゴメータには

1. マグネット式

2. 電磁負荷式

があります。

 

それぞれ特徴がありますが、家庭用というとマグネット式が多いかと思います。

 

 

1.アップライト

 

座って、駆動する自転車です。

マグネット式は、連続使用時間が30分というものが多いです。

 

 

そのような課題がどうしても私は、納得できなかったです。

そこで、下記の自転車を購入しました。

 

 

駆動時間の制約がない!

電磁負荷式である!

200Watt程度までの負荷が可能!

多彩なモード!

ジム用に近い、家庭用自転車エルゴメータ!

軽めの運動もできる!

 

 

これも、候補にあがりましたが、高価だったため断念。

 

 

 

↓これは、病院で使用しています。家庭用ではないですねw

 

 

その他にも

 

スピンバイク

 

これは、ロードレースなどで使うバイクの用です。

きつい練習が目的ではなかったので、今回はやめました。

 

 

 

 

今後は、自転車エルゴメータが長く続くコツについて書かせていただきます

 

 

 

 

 

 

**************************************

こんにちわ、理学療法士Hiroです。

Blogを拝読していただき誠にありがとうございます。

このBlogでは、医療現場で働くHiroが理学療法士の視点で書いています。私は、病院で、心臓リハビリテーション、呼吸リハビリテーション、チーム医療(心不全、栄養サポートチーム)を実践しております。

また、臨床研究、支部研修会を企画運営もしています。見返りは求めていませんが、自分にできることを提供しようと心がけています。

**************************************

 

2018年6月23日

第2回道東理学療法学術大会がありました。

企画・運営を行ってきました『充実しすぎてほっとした』という気持ちです

例年通り、司会も勤めました。台本も用意しても、話すということは難しいと感じます。

 

さて、演題発表もしてきましたので、簡単にご紹介をしたいと思います。

 

『慢性心不全の栄養不良状態は最高歩行速度が低値となる』という演題を発表させていただきました。

 

慢性心不全とは、

『心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。』http://www.asas.or.jp/jhfs/(心不全学会HP)

と一般市民向けの定義が発表されました。

 

今回、栄養状態をMNAで評価し、栄養状態との関連要因を検討した研究になります。

 

MNAについては、こちらに掲載されています。

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyou-shippei/eiyou-hyouka.html

(健康長寿ネットHP)

 

栄養不良状態と良好状態で比較し、栄養状態の影響因子を検討しました。

 

結果、栄養状態に関係する因子として、最高歩行速度BMIが抽出されました。

痩せている症例や、最高歩行速度が低下した症例は、栄養状態を見直す必要があるのではないか。と考えます。

今後は、サルコペニアの検討、そして、栄養摂取の介入が急務な課題です。