学生の熱 | 脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当の事

脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当の事

脳卒中になってから理学療法士になった経験を踏まえ、当事者とリハ職の懸け橋となる活動をしています。詳細はプロフィールをご覧ください(^^)

昨日は、敬愛する町田先生にご依頼をいただき、臨床福祉専門学校にて、評価実習前の学生に向けた特別講義をしてきました(^-^)



今回は、梅田病院の野﨑先生とのコラボ企画!



私は、「脳卒中患者だった理学療法士が伝えたい、本当のこと(学生ver.)」を90分、話させていただきました。



翌日に難しい試験を控えた中、約90名もの学生が真剣に話を聞いてくれました。



それは、講義が進むにつれて、こちらも熱を帯び、時間超過してしまうほどに。(すいません(^^;))



{BBA3353A-E531-4306-ADD0-74A3E0E8FA62}



昨今の学生の問題は、確かにあるでしょう。


(意欲低下、無気力など)



しかし、講義を真剣に聞き入るその眼差しは、彼ら、彼女らの可能性を示していました。



では、その可能性は、元々存在するものなのか?



もちろん、そうだと思います。



しかし、その可能性の容量を広げているのは、



毎日彼らと向き合い、時に嫌われ役を買ってまで、真剣な教育をされている先生の存在が非常に大きいと思います。



町田 志樹先生は、泥水をすすってでも、学生の事を第一に考える熱い先生です。



{159B1FD9-7434-4B54-B342-80891D2B5B3D}



ベロベロに酔っ払って滑舌が回らなくなっても、そんな事を言っているし。笑



先生がコツコツと耕した畑の土に、我々のような外部講師が水となることで、学生のやる気という「芽」が出てくれたら、この上ない幸せです。



「やる気スイッチ」を入れるきっかけになれればいいな。



これからも、機会をいただけましたら、幸いです(^-^)



町田先生、野﨑先生、比本先生、昨日は最高の時間をありがとうございました!



{59216025-3B4B-4F57-AE47-22FA6BAE0ABA}



真剣に受講してくれた学生さん達も、ありがとう(^-^)




楽天ブックス一位!


「脳卒中患者だった理学療法士が伝える、本当のこと」↓


楽天ブックス:

https://books.rakuten.co.jp/ranking/weekly/001016001003/#!/1


Amazon:

https://goo.gl/qxjyjn