※実写映画公開中!
※東京喰種グッズ発売中
※以下ネタばれ注意


かつて、共に”零”を背負った。
頭を失くしたそれは”零”を帰したー。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


〈総議長室(6時間前)〉
旧多(和修吉福)  瓜江久生  丸手斎・和修マツリ
永近英良を名乗る者(反CCG)
…さかのぼること6時間前、局長の責任追及に現れた瓜江と黒磐巌に、旧多とピエロらが攻撃。
ピエロを撃退し、満身創痍となった瓜江を旧多が襲ったが、丸手らが現れ窮地を救う。
戦況の悪くなった旧多はその場から逃走。

〈シャトー〉
米林才子  髯丸トウマ  シャオ
…就業時間外のため、自室にて休息中。

〈連絡隊〉
入見カヤ  古間円児(ほか数名)
…黒山羊の「食糧班」と「待機者」をつなぐ連絡係として、23区と郊外のはざまで待機。

〈黒山羊(食糧班)〉
カネキケン  月山習  西尾ニシキ  万丈班
…24区の黒山羊メンバーの為に半年分の食糧を確保しに遠征中。計画は順調だが、〈アジト〉が襲われていることにはだれも気が付いていない。

〈24区・黒山羊アジト〉
黒山羊(待機者)
…戦闘能力のないものは、オッガイらに無残に殺されている。
ナキ・白スーツ  ミザ・刃(護衛班)
…居住区にいる「待機者」たちを守り、オッガイらと戦っている。

〈CCG黒山羊掃討班〉
オッガイ
…食糧班が留守にしている隙を狙い、「24区・黒山羊アジト」を襲撃。

〈20番地下道〉
平子丈・0番隊
…霧嶋トーカらを逃がすため、葉月ハジメとの戦闘を引き受けるが、聞き覚えのある声と、見覚えのある一撃を目の当たりにする。
葉月ハジメ(オッガイ・a班班長)
…地下の独房にとらわれていたが、脱走。
フカを始めとする、地下道の”喰種”を虐殺。トーカの前に立ちはだかる。

〈21番地下道〉
霧嶋トーカ・ヒナミ
…「待機者」をつれて、「20番地下道」を通過。
「21番地下道」を逃走中。アジト外部、道筋が複雑化する「ルートE14」をめざす。



〈24区・黒山羊アジト「居住区31」〉
四方蓮示  六月透・安浦晋三平
…ーー戦闘中…

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


地下〜24区に渡る、熾烈な攻防…!!


(四方)……
……見事なナイフ捌きだ…

鈴屋を除けば…
”白鳩”でこれほどの使い手はいないだろう
おまけに…

ナイフを超える”高速の尾赫”
この速度…どう抑え込むか…

六月と対峙する、四方。
六月のクインケ、赫子捌きに加え、
背後から迫り来る安浦の攻撃を防ぎ切ります。

……!
さらにもう一人だ…

安浦を吹き飛ばした四方でしたが、
安浦の仕掛けた赫子に貫かれ、身動きが取れなくなってしまいます。

……!?
!!攻撃はブラフ…
踏み込みを予測してパイプに仕込み…!まずい…

動けなくなった四方を襲うべく、構えた六月と安浦でしたが、
四方は自身の周りに、赫子を放電させるように包囲させます。

(六月)……  …追撃防止か
もう一歩で直撃してた
白兵戦に長け距離があれば「電撃のような赫子」…
隙のない”喰種”だ

手出しできなくなった四方を見据え、
六月は妙なリズムをとりながら意識を集中させました。

”経験の差”なら…  …「気持ち」
「気持ち」で経験を凌駕する
せんせい  あんな先生  こんな先生〔畜生〕
うふふ笑〔あのブス〕先生  すき〔くそアマぶっ殺すー〕だいすき〔殺す殺す殺す殺す殺す殺す〕ああ〔糞が〕〔なんで〕ほしいほしい〔はやく〕だいすしあああううううヌヌヌヌヌ

ととのった!!!

深く息を吸いこみ、目を見開いた六月。
六月は一瞬の間に四方に詰め寄り、クインケを四方の頭上へと振りまきました。

!!ぐっ…!!

「先生…迎えに来ましたよ」
……ちがうな
クインケ
黒のリンシルグナット  16/16[甲赫]B+
白のルスティングナット  16/16[甲赫]B+


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


(士皇)タケさん
(平子)動くな!!…つま先を貫かれるぞ

一方、20番地下道では、
ハジメと対峙していた0番隊を襲うように、何者かが姿を現しました。

(ハジメ)……僕一人で十分なのにー
宇井特等ってば
(宇井)……驕るな
それほど0番隊は甘くない
0番隊出身者がいいます?笑い
油断するなと言っている
はいはい

行きますよ
シオ、リ  は正面を  ユは右
はいっ!!

虚ろな表情でユラユラと0番隊に立ちはだかる宇井。
平子のしじで、士皇、理界はハジメへと、夕乍は宇井へと駆け込んでいきます。

特等相手にその間のつめ方はないよ  夕乍
タルヒの間合いに入るな
「長物」だが近づくほどに危険だ
(夕乍)はい修正します
そんな暇は与えない

戦闘中においても、
平子は0番隊の面々の教育をしているようです。

前  お願い
(理界)K
残念  君らはここで死ぬ
カネキケンがいないから  ね!!

0番隊2人による攻撃を軽々と躱すハジメ。
最中、士皇はハジメによる蹴りを受けてしまいます。

っち…!!
シオ!!
かわせないしょね

んで…もっ!!
空中でハジメの赫子を避け、無事に地に降りる士皇。
赫子で擦った手は血でダラダラになっています。

〜〜ッ無理やりかわーす…!いったぁ
シオ  人間相手の戦い方をするな

赫子をつかうのであれば”喰種”と思え
ウケる


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


〈21番地下道〉
霧嶋トーカ・ヒナミ
…「待機者」をつれて、「20番地下道」を通過。
「21番地下道」を逃走中。アジト外部、道筋が複雑化する「ルートE14」をめざす。

(ト-カ)…E14まで出れば簡単には追ってこれない
この人数でどこまでいけるかわからないけど…

アンタ〔カネキ〕を哀しませたくないー

ー……

喰種たちを連れ、先頭を走るトーカ。
悶々と考えを巡らしていた最中、1本のクインケがトーカの肩に突き刺さります。


〈黒山羊(食糧班)〉
カネキケン  月山習  西尾ニシキ  万丈班
…24区の黒山羊メンバーの為に半年分の食糧を確保しに遠征中。計画は順調。繰り返しになるが、

〈アジト〉が襲われていることには
                                だれも気が付いていない。


1/56が、行く手を阻むー…!?


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ネタばれ終わります
閲覧ありがとうございました


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


※以下感想


ほほ〜六月透の感情のオンパレード、ですね、これは。
はぁ〜六月透スッキ。

普通に戦闘能力高いところが良いし、
『喰種掃討』という点に関しては満点だから、読者の皆様は、もっと六月透を享受してあげてほしい。
そして、早く私は六月透について記事を書き上げたい…

琲世への想いと、
それに付随するトーカへの想いが折り重なることで生まれる”強さ”。
『想い』に関しては、作品内でも屈指の重さだと思うんですよね〜ハァァア〜〜〜好き。

「先生…迎えに来ましたよ」

というところからも、
『自分のところまで引きずり戻したい』っていう、
”自分の世界を取り戻したい”、”必要なのは佐々木琲世という人間の存在”、感が滲み出てて、
六月透がいかに不可逆かということがわかりますね…ッヒォホホホ……

六月透、だいすし、です。



あとは宇井。
挿絵が物語ってると思うんですけど、
宇井氏ほど、『真面目』に生きて『損』をした人物は作品内にいないだろうなと、しみじみ思います。
本当の”びんぼうくじ”ってやつでしょうか…(瓜江の十八番なのにィ)。

例えば、
亜門さんも、いわゆる”正当”に生きてきた人物なのだろうけれど、
亜門さんの場合は『己の正義』のために生きていて、
宇井の場合は自分よりも『組織』のために生きてきたって感じですかね。

どちらもCCGという組織で生きてきた人物だけれど、
宇井と、平子さんや亜門アキラ法寺さん達と決定的に違うのは、
『己』を押し殺したか、『己』を押し殺さなかったかor押し殺さなくてもよかったか、というように感じます。

つまりは、
宇井は”『CCG』のために『CCG』にいる”って感じですかね。
他のCCG員が自らの想いを掲げて、喰種を駆逐してるのに対して、
宇井は未だにそれが掴めない、というのが印象的です。

ハイルの件で、
少し宇井自身が揺らいでいたように思いましたが、
なによりも『CCG』を優先しているように感じるので、
今回も平子さんを前にどう自分を押し殺してしまうのか見物でもあります。フフ


0番隊のみんなも、
ポテンシャル高い…んだろうか、というような戦い方ですが、
平子さんが有馬さん如く指導しているのが、少しシュールに思えました…。
…いや、わかるんですけど、オマージュにしても、ここですんのかよ!みたいな感じです。



最後にトーカちゃ。

『〈アジト〉が襲われていることにはだれも気が付いていない。』

の一文、ある意味絶望を感じるんですけど、
私からしたら『カネキケン、ウケる(笑)』なので、
早くカネキケンは自らの愚かさに悲嘆せよ、という感じですね〜〜〜ヒィ〜!ヨッシャァ!


トーカちゃに刺さったクインケ、
煽り文が『1/56』というのと、予告文が『新たな刺客』とあるので、
ほぼ什造で間違いないんですけど、どう対峙するのか、楽しみでもありますね。

トーカちゃの謎の一つである、
病院のお見舞い相手が篠原さんだったなら、
什造と一悶着ありそうな感じもしますけど、
如何せん、トーカちゃと什造の絡みが想像つかないので、どうなることやら…!

什造とカネキの再会も面白そうですけど、
早くカネキケンは戻ってきて絶望して〜!て感想しかないです。

アンタ〔カネキ〕を哀しませたくないー

って言ってくれてるトーカちゃを、
カネキさんはまた悲しい目にあわせてしまうのかなと思うと、
カネキさんの愚行具合に、とても胸が高まります(ゲスか?)



それでは、今回はここまで!
一応、映画2回見てきたので感想改めて書き直します。
それと、六月透の記事もね…六月透を観測しろ。

閲覧ありがとうございました!





↓よろしければ、一読願います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



【このブログに関して】


タイムリーなお話になりますが、
ネタばれサイトが検挙され、運営者が逮捕された件が報道されましたね。


今回の件は、発売日前の『早バレ』が一番のネックになったのかなァと思うのですが、
まあそもそもネタばれ自体ブラックゾーンなんですけど〜…。


というのも、
私のブログでも約2年前に、

『広告収入目当てで画像あげるなら通報します』

という、コメントをいただいたことがありまして。

その際にも言わせていただいたのですが、
私自身がこのブログを用いて、
広告収入会社等と契約して、金銭を発生をさせたことは一切ありませんし、今後もありません。絶対に。

こういう風に書いてました↓

というか、
アメブロでアフィリエイトしててたら、高確率でBANされます(笑)現にたくさんされてますし。
このブログに出てくる広告だって、アメブロの公式自体が設定しているものなので、私には何の関係もありません。

疑ってる人は、
他のアメブロさんにもお邪魔して確認して見てくださいね。


『じゃあなんでお前はネタばれしてんだよ!?』
って思われそうな感じなのですが、

感想書きたい時に、一番伝わりやすい気がする、というのが第一です。文の引用とか。
うーん、言い訳がましいのですけれど…

ネタばれしたい!というより、感想書きたい!の方が気持ち的に強くて、
そうしようと思ったら、書くしかねぇ〜という感じです…。


いや、本当に言い訳だ〜…すみません〜(*_*)



私のブログも検挙されちゃう時がくるのかしら…
その時はその時で、素直におさらばします。
それまでは、いっぱい感想書きたいなァと思います。



それではここまで読んでいただき、ありがとうございました!



ばっかるこーん。