東京喰種:re7巻、感想!

テーマ:


※後半、重度の愚痴がありますので、閲覧注意です。



東京喰種:re7巻の感想~


実写映画化おめでとうございます!



東京喰種:re7巻、特典完!



◆アニメイトCCGパスカード(有馬・什造)



◆喜久屋書店イラストペーパー(旧多)



◆とらのあなイラストペーパー(有馬・ハイル・宇井)



◆三洋堂書店イラストペーパー(琲世・旧多)



イラストは:re7巻のカットに使われてるやつですね!
今回もおまけがとても充実していた…^^*


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


内容としてはコクリアメイン。
六月はトルソーに捕らえられ、新クインクス班やら旧多やら。


個人的イチオシポイントは霧嶋家!!!

四方さんと霧嶋姉弟の関係性は語り尽くせないくらい深いと思ってるの…。

ネタばれ時に結構書いてるので、ここには書きませんが、よかったらネタばれ記事よんでやってください。
本当に霧嶋家、最is the高~

70話『カミナリウサギ』ネタばれ記事
71話『望苦』ネタばれ記事


そしてなんでやねん旧多。
エトとの会話にて暴かれる本性…
騙し騙され、慌ただしいやつですね。
”子産み”やリゼとの関係など謎が深まりばかり。
復活したエトとどう対峙するのか楽しみです。


あとは、単行本によって鮮明になる印刷ね。
ここ、こんなに鱗書かれてたの本誌ではわからなかった…すごいなァ!

戦闘シーンもちょっとだけわかりやすくなる。
単行本で一気に読むと、内容一気に頭に入るし、本誌でわからなかった発見もあるし、単行本は偉大。



最後におまけ!
7巻はしりとりか~面白かった!

鈴屋班のしりとりがレベル高すぎてついてけない(笑)
ナキはマジもんのお馬鹿ちゃんだから、ある意味本当に承正とホオグロ大変そう。微笑ましい。
和修親子も実は仲良しなのでは?と錯覚するくらいおまけでは充実してるな~。


ラスト4コマは、どつぼ……

四方さん確かに好かれそうだし、静かに帰そうとしてるのが、四方さんらしい。
終始笑顔のトーカちゃが、できる女性らしさ満開で、TOKIMEKIどこまでもエスカレートですね…素敵~

それに、鉢川はずるい。
なんで死んでしもたん、ハチカワしゃ~ん…
もうこれ以降、このお姿を見ることはできないんでしょう…?…哀しみ。
『ハチカワがハチと鉢合わせ』……うぅ(;;)
おちゃめ鉢川はこれで見納め、ありがとうございました。

そして、フヒヒヒヒ平子丈!?!?!?
久しぶりだな~

宇井さんは有馬のこと少し嫌煙してるけど、
平子さんのことは慕ってるのか…最終回の時も絡みあったし…

早く本編でも平子丈復活しておくれ~!



今巻もおまけ最高~だったんですけど、
一番心踊らされたのは、瓜江久生という人間。

……この子どうしたの?(;;)笑
登場当初からかなり人格変わってて、驚き隠せない。

六月と瓜江の関係性だけでも好きィ!なのに、
瓜江の、根はいい子なんです感が明らかになってきてて、非常にトキめく。

この天然タラシ~~~!!!!!!!
本音が憎くらしくないのが、これまた良き。

シャオは女の子好きなのね~
瓜江の側近感あるのがとても良い……
新クインクス班、バランスとれてて好きです。



個人的に:re7巻は、
霧嶋姉弟(アヤト)と旧多とか鉢川しゃんとか
瓜江とか、
心をつかまれてるキャラぜ~んぶが詰め込まれた巻でした…!

に加えて、
琲世VS有馬が熱いし、リゼと鯱も明らかになるので、楽しい巻。

ちょうど、東京喰種7巻のカネキ覚醒に似てるので、感慨深い巻でもありますね。




それでは今回はここまで!
閲覧ありがとうございました~



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆












ここからは、
愚痴のオンパレード★

















閲覧注意、でお願いします。
















東京喰種、
実写映画化おめでとうございます!

Twitter・公式サイトより


実写映画化、決まりましたね~!
アニメ化の時も思ったけど、単行本のリークはどうやって出回ってるのか(笑)

実写映画化についての個人的見解はこちらからどうぞ~

http://s.ameblo.jp/reggaerin-loveluv/entry-12170785965.html


それにしても、Twitter見てて思うんですけど、
耳にムカデいれれんのか?とか拷問やれないでしょ!とか月山がどうのこうのか、東京喰種はそういう漫画じゃないと思うんですよね。
なーんかよくわかんないけど、そういうところにしか着目してなくて批判する人は、実写化で物語自体の世界観をすることができるかについて議論したいです。

拷問だけが東京喰種じゃないでしょ?
東京喰種≒拷問だなんて思っちゃってる人は、読み直して、東京喰種における『拷問』が何を意味するのか考え直してほしいな…。
正直、お門違いもいいところだと思うんです、私は。


まァ、お前何様だよ!?って感じですねオホホ^^*
こんなこと書いちゃうから文句言われるんですよね、わかります。


加えて、
実写化を喜ぶ=原作に思いれがない、とかとんでもねぇこと言われてたり、
少なくとも演じてくれる役者さんに対して失礼なこと言ってたり……

……『人気漫画の実写化って怖い』のただ一言。


なんでそんな思考になるのか、興味ある。
実写化されたという事実”だけ”が、その人本人の、物語の世界観を崩すの?

『世界観崩れる!』『実写化して誰が喜ぶの?』って、本人が実写映画を観ない限り、あなた自身の『東京喰種』は変わらないのでは?

観てもない実写化が大失敗した事実だけを知って、嫌になるのなら、
それこそ、そこまでしか思いれがなかったことだと思います。

だって『東京喰種』本編には関係ないでしょう?


百聞は一見にしかず、まさにこれ。
実写化嫌で嫌でたまらなくて観ないくせにやめてって駄々こねるのは、自分勝手……。

観る気ないくせに、くっちゃべって批判するべきでないと思う。
『静かに暮らしたい』っていうスイ先生の意向を蔑ろにするつもりだな~?プンスコ

批判は実際に公開されてから。
舞台に関する批判は個人の感想として聞きたい。


原作とアニメ、映画は全く別物でしょ。
特に映画は。モノが違うんだよ、モノが!

それを、漫画東京喰種のすべてをひっくるめて言うのは、正直おこがましすぎる。

実写映画化は一つの派生作品なんですよ。
東京喰種をモチーフにした”映画”だけなんですよ。


スイ先生のTwitterのメッセージ読んで、
丁寧だな~の言葉以外見つからないし、最終回事件のときも思ったけど、なんでこんなに親身なの?と思いますね~。

それに、実写化反対派の人たちを、
見事なまでに手のひら返させるスイ先生すごすぎるでしょ(失笑)
原作者の意図も何も知らないで、ポコポコ叩かれてた事実が恥ずかしく思えるくらい。
目に見えてたことですけど、いろいろ考えさせられますね。


なんか……あれです。
こういうことになるから、昔の私は、東京喰種がアニメ化するのも嫌だったんだ。

……穏やかじゃない。





愚痴はこのへんにしといて…^^
キャストは、捜査官募集に抜擢されてた本郷奏多くんなのでは?と目論んでますけど、誰なのか楽しみ~!
それともバナナマン日村さん。


Twitter・公式サイトより


それでは今回はここまで。
ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

お見苦しいことばっかで失礼しました…