拝啓、カネキケン①

テーマ:



※東京喰種:re最新話までのネタばれあり
※完結おめでとうございます




東京喰種、東京喰種:re
完結、おめでとうございます。


オタクなので、大阪から東京に出向いて集英社まで行った。



読み終わって一言、

『そっか。』

と口からこぼれ落ちました。
カネキさん、ハッピーエンドで良かったね。


前々の記事でも言いましたけど、
カネキケンがハッピーエンドを迎えた時点で
”東京喰種”という物語が終結したこと、

この物語は
ヒトから喰種になったカネキケンの人生録であって、
カネキケンの存在はヒトと喰種の共存の礎でもなんでもなかったんだなと、
自分の中では完結致しました。

皮肉なことに、
カネキさんを喰種に至らしめた嘉納先生の弟子である貴未さんが、
全ヒトと全喰種共存のために躍進してるって感じかな。
なんやかんや嘉納先生有能すぎるんだよな。


もちろん、カネキさんだけで、
全喰種全ヒトみんな共存しましょう!なんて難しい話だったんだろうけど、

やっぱりカネキケンの存在は、
そうなるべきだっただろうとは思います。
悲劇に見舞われ続け酷な話ですけども。


そうなれるように、
店長も有馬さんもカネキさんに想いを託したはずなのに、

自分の弱さと決着を付けて、
子供ができて愛する人が側にいて、
自分を見守ってくれる人が大勢いて。

『僕は守りたい…ヒトも喰種もー!!!』
それって結局、自分の周りだけではないか?って思っちゃうんですよね。


ヒトと喰種が住まう世界で、
それぞれが憎み、決して考えを共有できなかった”間違っていた”世界で、

『この世界はただそこにあるだけだ』って、

憂那の死とエトを捨てざるを得なかった自分を生涯をもって責め続けた店長と、
生まれた時から死のタイムリミットを刻み奪う世界に囚われ続けていた有馬さんと、

ヒトと喰種の世界で苦しんだ二人が、
カネキさんにこの世界の在り方を託したはずだったのに、
『この世界はこの世界なんです!』とこの世界を容認しちゃいました、みたいなの本当に厳しいところがある。

最終回でその容認具合が明確になったので、
カネキケン、今までの人達との関わりはなんだったんだ?って私は思います。

カネキさんは一番、
この世界の今の在り方を認めてはいけない人間だったのでは?
ヒトと喰種を歩み寄らせることのできる唯一の鍵が、カネキさんだったのでは?
旧多、リゼさんとの決着はカネキさん自身の問題の決着でしかないのでは?


……………。


カネキケン、
やっぱりハッピーエンドを迎えて欲しくなかったなぁって思います、私は。……泣いちゃった。

カネキケンには清く、
この世界の、この物語の核心に触れて、
その最期を迎えて欲しかったです。


ここまで言うと、
自分の望む結末でなかったから文句言ってるだけだと思われても仕方ないんですが、

もうちょっとだけでよかったから、
この物語を長く、そして深くまで魅せて欲しかったです。
まだまだ各々について知りたかったこと、いっぱいありますね。


東京喰種、:reという作品において、
”何もかもが完璧”である必要はないけれど、
それでもまだまだ磨けたんじゃないかって思いますね、本当に。
いろいろな意味で涙止まらない。



私はアオギリ編くらいから読んできた奴ですけど、
ここまで原作を読んできて、
アニメとかコラボイベントとか特典集めとか、
ヤンジャン買ってブログ書いて過ごしてきて、
感想をボロクソに書いて批判されたこともあったし、
正直腑に落ちない展開だとか記事にたくさんしてきたけれど、

それでも東京喰種に入り浸っていたし、
私は、東京喰種、好きだったよ。好きだよ今も。


なので、
素直に完結おめでとうって気持ちと、
逆に、……なんで?って気持ちが混在して、
:re125話並に読み終わって号泣してしまいました。


まだまだ書けるでしょ、書けたでしょって、
こんなところで終わりなのかよ〜ッ!!!って思いませんか!?私はそう思う。


完結したことは喜ばしいし、
石田スイありがとう〜ってなるところだけど、
もっと東京喰種の世界を見せて欲しかったよ〜って心底思うのです。
続編なんかじゃなくて、:reで見たかった。





ここまでぐっちゃぐちゃに書きましたけど、
後日にまた感想記事あげるつもりです。

読み終わって、
衝動的にカネキケンへの想いが収まりきれなくなったので書きました。
カネキケン、本当に憎いやつだ。



閲覧ありがとうございました。





六月、終わらないで

テーマ:


※東京喰種:re最新話までの感想あります



お久しぶりです、ばっかるこーん。です。
先週ぶりです。



突然の私事ですが、
無事、就職活動に幕を下ろし、
来年から社会人になれることが確定しました。


2ヵ月ぶりのブログ更新、緊張するなァ(何が?)

大阪から東京に4回ほど出向いた会社で、
最終面接に10分ほどの遅刻をかまし(ワケあり)、
その絶望さから頭が真っ白になり、
新幹線ホームの階段から滑り落ちる(無傷)というギャグまで巻き起こしましたが、
無事に内定をいただけたのでよかったという思いでいっぱいです。


まじであの長い新幹線の階段を10段くらい滑り落ちて、
天地ひっくり返って命の覚悟をしたのですが、
無事生きてます。幸い怪我もなく。
奮発して買ったチョコパイはぐちゃぐちゃでしたが。


今までに何回か階段から落ちたことはあるんですけど、
今回は5人くらいの人が助けに来てくれたので、ある意味びっくりしました。
……スーツ着てる、目の死んだ女だったからかな!?ありがとうございました。


シンデレラみたいにパンプスすっぽ抜けてたくらい転がり落ちて、
完全に笑い話なんですけどね。何にせよ無傷だったので…
スーツで真っ黒シンデレラ……
これで内定貰えてなかったら本当に終わってたな。


とりあえずあとは、
論文に向けて研究あるのみなので、
ぼちぼちブログ更新していきたいぞ〜なんですけど、



東京喰種:re
ラスト2話!?!?!?!?

………来週最終回か。



ひゃぁあ〜〜〜まじか〜〜ついにか〜〜


ヤンジャンは律儀に買ってましたが、
あまり読み込めてなくてパラパラしか読めてないし、
アニメ全く見れてないんですよね…六月…
なんならopとedの曲1回も聞いてないです。


パラパラ読む中でも、
原作は完全に終盤だとは思ってましたし、
凄まじすぎる集大成、怒涛の勢いに打ちのめされ続けてましたけど、
ついにその時を迎えてしまうのですね。


予想だにしてなかった展開…というか、
私は嘉納明博がカネキさんのラスボスであって欲しかった人間なので、
リゼさんがそういうような立ち位置になるのは、
読めていたと言えばそうだし、普通そうなるよな!って感じですかね。


旧多との決闘は作画がハチャメチャに良いなと思いましたが、
やっぱり悪役はどこまでも悪役でいて欲しかったし、
今までの旧多の言動、思想等々からしても、
カネキさんにやられたくらいで、ほんの少しでも浄化されるような人間であって欲しくはなかったですね〜…
ここは完全に私の旧多の解釈像なのですが。
うーん、すみません。

旧多にも救いはあったんだよかったよかった
という感じですかね〜〜あぁ〜〜
素直に受け止めきれなくてすまねぇ〜〜

嘉納先生の自殺の時も言ったんですけど、
私は、悪役は最期まで悪役として散る姿が好きなので…。
最期まで悪役って何?という感じですが(笑)



あとは、
突然暴露されたウタさんによる四方さんへの一的な愛とか、
亜門さんとドナートとか、急ピッチでまとめてきたな…って思っちゃったり、
やたらカネキさん大好きだったピエロはカネキに触れることなく各々で解決していくのかよ〜とか、
また死んだと思っていた人が復活するのかよ〜とか、
アヤトの「クソ兄貴」発言に銷魂したり、
滝澤回想の法寺さんの最期を描いてくれたことに感謝感激したり、

正直ここまでの流れ、
いろいろ思うことはあるのですが、
『東京喰種:re、最期まで見届ける』を成し遂げる時が目前になりましたね。


ぶっちゃけ、
アニメ:re2期か10月、無印終結&:re連載の流れが似ていて、ある種の予感はしますけども…!


この期に及んで、
カネキさんは『僕の人生は悲劇だ、いや、みんな人生は悲劇なんだよな』的な考えでおられるようですが、

その悲劇、最後まで拝読させていただきたいと思いますね。
ポジティブになって旧多を諭したと思いきや、ネガティブになって自分を諭し始めるの、
本当に『カネキケン』って感じがして好きですね。

私は性格が悪いので、なんとでも言いますが、
カネキケンにはハッピーエンドを迎えて欲しくない、のです。
悲劇の主人公を演じ続けてくれ。

喰種、ヒト。Qs、ピエロ。有馬さん。
嘉納、旧多が、小さくても一つの希望を得て、
いわば悪役でさえもハッピーエンドを迎えれることのできる”悲劇”だった世界で、

カネキケンだけは、
最期まで、その最期まで”””悲劇”””の舞台で終幕してくれ〜〜頼む〜〜






ということで、
今回はここまでの更新にしたいと思います。
今更需要ないですが、ラスト2話くらいは感想書こうかな。


それでは、閲覧ありがとうございました!
くら寿司のレモン鰤めっちゃ美味い。

お久しぶりです

テーマ:


お久しぶりです、ばっかるこーん。です。


大阪、関西にお住まいの方々、
大阪北部地震の被害、大丈夫だったでしょうか?

私は、モロ震度6弱の地域在住なのですが、
家が家具等で荒れたくらいで済みました。

発生時間はまだ寝ていたという間抜けぶりでしたが、幸い怪我もなく無事でした。
今日1日は割れた食器や動いた家具の片付けで終わってしまいましたが…


今夜は断水に苦しまれますが、
ひとまず家族と近所の方々の安否は確認できています。

生まれて初めての大きな地震ですし、
朝から夜まで上空にはヘリコプターが飛び続けていて、
事の大きさを実感するというか不安が募る一方です。


今後も余震、もしかしたら本震ともども
気をつけてお過ごしくださいね。
私も頑張ります。





本当は、就活も終わったので、
東京喰種:reもあと3話ですね〜〜っ!!!って、
記事を着々と書いてる途中だったのですが、
ひとまずそれどころではない気がしたので、先に更新しました。

また改めていろいろ記事更新すると思います。



閲覧ありがとうございました!
申し上げ程度の海です。