神秘的な生地で作る窓装飾 | オーダーカーテン専門店【インテリア レガーロ】施工ブログ
2018年11月23日(金)

神秘的な生地で作る窓装飾

テーマ:シェードスタイル

こんにちは顔

いつもレガーロの施工ブログをご覧いただき誠にありがとうございますichou*

 

本日は、西宮市にあります産婦人科専門のクリニックのドクター

からご依頼いただきました窓装飾をご紹介いたしますラブラブ

 

 

 

まるで、ホテルの様に優雅でゆったりとした待合室ですねハート♡

こちらの開放感のある大きな窓には、暖かみのある優しいお色目のお生地で

ダブルシェードを施工いたしましたニコニコ

患者様がほとんど女性であることを意識された、とてもリラックスできる

素敵な空間になりましたハート

 

後ろ幕のレースは淡いワイン色のボイル地ですポンプだべフワフワと羽衣のように

軽く美しいレースですハート

 

 

 

前幕のドレープは、風通織り(二重織の一種)の生地ですありがちなキラキラ

表地と裏地の間に隙間があって、その中に風が通るという意味から

風通と名付けられたそうです!

お写真のように小さな袋状の模様が現れて神秘的な雰囲気を

醸しだしくれる不思議な織物ですハート♡

 

 

 

 ドレープ: 川島織物セルコン

 レース : フジエテキスタイル

 

 

 

 

こちらのスタッフルームには、壁紙に合わせてグリーンカラーのロールスクリーン

で、スッキリ爽やかな印象にお仕上げしましたリーフ

ロールスクリーン: TOSO

 

 

 

プライバシーを重視した診察室には、視線や採光をコントロール出来る

調光ロールスクリーンを施工いたしましたはあと

調光ロールスクリーン : TOSO

 

 

今回ご紹介させていただきました  まりウィメンズクリニック 

兵庫県西宮市にございますハート

ご興味のある方は、ホームページをチェックしてください音譜

 パソコン   https://y.atlink.jp/mari-clinic/

 

 

 

先生、この度はレガーロにご依頼いただき誠にありがとうございましたニコニコ

 

 

*regaloのインスタグラムはこちらから↓

https://www.instagram.com/regalo_interior/

 

regalosekoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス