ピアノレッスンでのステップアップどき | 佐倉市ピアノ教室【みながわピアノ教室】ブログ 音楽は心へのおくりもの

佐倉市ピアノ教室【みながわピアノ教室】ブログ 音楽は心へのおくりもの

                 ピアノをかこんで笑顔がふえますように♪

    こんにちは、佐倉市のピアノ教室講師 皆川慶子です





ピアノレッスンでステップアップできる時って?





●発表会やコンクールの後


いつもより背伸びした曲に取り組む発表会や、課題曲に向かい合い磨いていくコンクールの後は大きなステップアップのチャンスです。

とくにコンクールは、同じ教室ではない方の演奏を聴く機会でもあり「聴く耳」も育ちます。

これらに参加された後、いつものテキストが簡単に感じるのではないでしょうか。




教室でも課題曲チャレンジを終えられた生徒さん、通常テキストをレベルアップしました。
いつものテキストで続けていくこともできますが、練習力(向上心や、やりとげる力、弾けると楽しい!と思えることなど)が上がってこられているこの時を逃さずにテキスト変更です☆


靴のサイズ替えや脱皮のように…
はじめはしっくりこなくて大変かもしれません。
ですが、練習しているうちに追いつきます!
生徒さん、頑張ってくれそうです。





●楽器を替えたとき


楽器が育ててくれるということば、聞いたことがありますか?


以前のことになりますが、電子ピアノでスタートされた生徒さんが2年ほどでアップライトピアノに買い替えされることが何回かありました。
どの生徒さんも、買い替え後しっかりした音に変わりピアノも上達され、教室を離れたあともピアノを楽しんでいらっしゃいます。




練習でつかう楽器。
毎日ともなると、その楽器から受ける影響は大きいです。




ホールで大勢の参加者の中で聴くと、残念ながらその差はわかってしまいます。

アコースティックピアノで弾いていたご経験がある場合はあてはまらないと思いますが、最初から電子ピアノでという場合、たった1年でも差がでてきます。

たやすく音がでてしまう鍵盤のタッチによる指(重みを支える関節)の弱さ、始めから自動的に良い響き(リバーブ機能)がついてきてしまう楽器ですので響きに対して無頓着(隣の音と被さってしまっても〝音のにごり〟に気づかない)になる傾向などがみられます。



〝いつまで続くかわからない〟というご心配があるかと思いますが、お子さまを信じて「えいっ!!」というお気持ちもお稽古ごとをつづけるにあたっての覚悟として、またステップアップのチャンスを逃さないために必要かもしれません。


楽器ご購入のことはそれぞれのご事情もあり繊細なことと思うので、私からはレッスンではあまり言わないのですが、これからご入会される方には「買い替えも考えての電子ピアノのご購入」のことを最初にきちんとお伝えしなければ・・と思っています。