教育改革アドバイザー Y

■ブログコンセプト
教師が変わる→教室・学校が変わる→子どもが変わる

 

■できること

教育改革(WEB)セミナー

教育カウンセリング

 

■将来の夢

教育交渉人(学校⇔家庭)

 

画像はインターネットより

 

 

今日のマインドセット

=教育改革WEBセミナー(ブログ)テーマ=

 

①教師は、厳しさと愛情で子供に接しろ

 

私は自慢はしない、自慢は雑念でしかないからだ

私は、失敗もするし、まだまだ知らない・できないことだってある

だけど、「温故知新」をモットーに、常にプロ意識をもって仕事をしている

 

 

教師は日々闘いだ

 

先日、昼休みに、となりのクラスの女子が教室にいる私を呼びに来た

 

「Y先生!A君が暴れています!」

 

すぐさまとなりの教室に行ってみると

 

A君が机へやイスを次々にひっくり返していた

 

そのクラスの担任教師は席を外していた

 

「A君、もうやめろ。それ以上やったら、君をつかまえる!」

 

私の宣戦布告?もA君には関係なかったらしい

 

私はA君を後ろから羽交い絞めにした

 

‥‥

 

結論から言えば

 

その状態が30分続いた

 

今、私の上腕は筋肉痛だ(笑)

 

30分が経って

 

エネルギーを出し切った?A君が力を抜いてきたので、私も手を放した

 

「どうしたんだ?誰かに何か言われたんだろ?」

 

ようやくA君がボソボソと話し始めた

 

「A君、わかるなー!先生がA君だったら、絶対に怒るよ!よし、じゃあその意地悪を言った子をここに連れて来よう。もしA君の話が本当だったら、その子は謝らないといけない。それでA君は納得するかい?」

 

小さくうなづいたA君

 

その後、事態はスムーズに展開していき、終息を迎えた

 

引きつった目をしていたA君の目は

 

幼子のような純粋な目に変わっていた

 

‥‥

 

残念ながら

 

後からかけつけたA君の担任や関わった教師たちの言動からは

 

A君に共感するハートが感じられなかった

 

むしろ

 

暴れているA君に対して冷たいと私は感じた

 

それは

 

A君とて同じことだろう

 

こんなときの子どもたちへの関わり方も知っていなければ

 

プロフェッショナルな教師とは呼べない

 

厳しさと愛情で接することなんだ

 

教師と生徒なんて思うんじゃない

 

人として本気でぶつかれ

 

~~~~~

 

教育相談・カウンセリング

 

学級経営でお悩みの先生方

学校・教育問題でお悩みの保護者の方

LINE@で声をお聞かせください

 

ご覧ください⇒ 職人教師Y 野望とプロフィール

 

 

> 友だち追加 >

 

↑これでご登録できない場合は

@vyu4730s ご検索ください

教育改革アドバイザー Y

■ブログコンセプト
教師が変わる→教室・学校が変わる→子どもが変わる

 

■できること

教育改革(WEB)セミナー

教育カウンセリング

 

■将来の夢

教育交渉人(学校⇔家庭)

 

画像はインターネットより

 

 

今日のマインドセット

=教育改革WEBセミナー(ブログ)テーマ=

 

①夏休みの宿題は単なる作業だ、それより何かにチャレンジさせろ

 

私は自慢はしない、自慢は雑念でしかないからだ

私は、失敗もするし、まだまだ知らない・できないことだってある

だけど、「温故知新」をモットーに、常にプロ意識をもって仕事をしている

 

 

小学校の教師や管理職は

 

夏休みの宿題にどんな効果を期待してるんだ?

 

中でも疑問しかないのが

 

何十ページ分もある漢字の書き取りだ

 

そんなの

 

夏休みの宿題ではなく

 

夏休みの単純作業だ

 

夏休みの宿題に期待しているものは

 

「学力向上」ではなく

 

「生活の管理」だろ?

 

そんなこと言うくらいなら

 

週3回・朝1~2時間くらいでも登校させて、教師がプリントなどの課題を出してやればいいじゃないか

 

 

個人的には

 

サッカーのリフティング100回連続に挑戦

毎日欠かさずお風呂洗いに挑戦

1日1句の俳句作りに挑戦 など

 

何かの目標を持たせて挑戦させたほうが、よほど達成感があるし、忍耐力・継続力という人間力が養われると思うのだが?

 

~~~~~

 

教育相談・カウンセリング

 

学級経営でお悩みの先生方

学校・教育問題でお悩みの保護者の方

LINE@で声をお聞かせください

 

ご覧ください⇒ 職人教師Y 野望とプロフィール

 

 

> 友だち追加 >

 

↑これでご登録できない場合は

@vyu4730s ご検索ください

教育改革アドバイザー Y

■ブログコンセプト
教師が変わる→教室・学校が変わる→子どもが変わる

 

■できること

教育改革(WEB)セミナー

教育カウンセリング

 

■将来の夢

教育交渉人(学校⇔家庭)

 

画像はインターネットより

 

 

今日のマインドセット

=教育改革WEBセミナー(ブログ)テーマ=

 

①教師は、ケチなプライドや虚勢、個人の価値観、古い慣例を捨てろ

 

②教師は、保護者の方に同じ方向を向いてもらえ・そのための労力を惜しむな

 

私は自慢はしない、自慢は雑念でしかないからだ

私は、失敗もするし、まだまだ知らない・できないことだってある

だけど、「温故知新」をモットーに、常にプロ意識をもって仕事をしている

 

 

 

関連記事 「学級崩壊」

 

↑となりのクラス、連日、保護者の方が来校されて、子どもたちの様子を見ておられる

 

そこに来られる保護者の方から、私はよく聞かれる

 

「Y先生のクラスも4月はグチャグチャだったと聞いています(保護者間情報だろう)。でも今は、子どもたちが変わりましたね。どうしてですか?うちのクラスとどこが違うんですか?」

 

‥‥

 

担任の指導力なんて微々たるものなんです

 

私のクラスが変わっていったのは

 

保護者の方の理解と協力のおかげに他ならない

 

ただ

 

そのための布石は置いてきました

 

学級通信や家庭訪問や懇談会で言い続けたことがあります

 

子どもたちのために

学校・担任と家庭が同じ方向を向きましょう

コミュニケーションを取り合いましょう

対立しても何も生まれませんから

 

‥‥

 

多くの担任教師はケチなプライドをぶら下げている

 

自分でなんとかできると勘違いしてる

 

できないことを隠して見栄・虚勢を張っている

 

そして

 

コミュニケーション力・スキルも乏しい

 

そんな担任教師たちに限って

 

職員室では子どもたちのことをバカにし

 

保護者の方を批判する

 

いじめ・不登校対策とか、机上でくだらない議論をする前に

 

ケチなプライドを捨てろ

見栄や虚勢を張るな

コミュ力・スキルを磨け

まずもって

人として教師自身が変われ

 

‥‥

 

ブログを拝見していると

 

沢山の保護者の方の憤り虚無感が伝わってきます

 

でも

 

子どもたちは、言葉には出しませんが・今はピンときてないかもしれませんが

 

お母さま・お父様方に感謝しているんです

 

私は、そんな卒業生の声を沢山聞いてきました

 

子育てや教育に正解はない

 

互いに

 

今やれる精一杯のことを今やりましょう

 

信念をもって

 

 

教師や管理職、お偉いさんたち

 

教室・現場に和みや笑いはもちろん必要だが

 

毎日が闘い・真剣勝負の場なんだということを胸に刻め

 

プロフェッショナルになれ

 

あなた方のケチなプライドや価値観、古い慣例なんてどうでもいい

 

~~~~~

 

教育相談・カウンセリング

 

学級経営でお悩みの先生方

学校・教育問題でお悩みの保護者の方

LINE@で声をお聞かせください

 

ご覧ください⇒ 職人教師Y 野望とプロフィール

 

 

> 友だち追加 >

 

↑これでご登録できない場合は

@vyu4730s ご検索ください