【使いきる(1):チューブ入りハンドクリーム】 | 日本リ・ファッション協会@代表ブログ

日本リ・ファッション協会@代表ブログ

リ・ファッションを「生活スタイルの見直し、変化」と定義し、循環型社会における持続可能な生活、産業へのシフトを推進する活動をしています。


冬の必需品、ハンドクリーム。
布を扱っていると布に指先の油分・水分が取られる。職業で言うと、縫製とかアパレルショップでの販売とかクリーニング店の受付とかの方などに多いかと。

私は先日2日間、古着の仕分けをやり続けていたら途中で指先と爪の間がヒビ割れ?して血が出てビックリ‼️ 珍しくハンドクリームを持って行くのを忘れてしまい、ケアせずに作業していたためだ(≧∀≦)

そんな私にとって必需品のチューブ入りハンドクリームを完全に使いきるには、最後はチューブを開けることになる。しっかり絞り出しても、開いてみると、写真のように数回分は残っている。

そんなことするのは「しみったれてる」とか言われそうだけど、ちょっと待った!
エシカルな視点で考えると、大切な資源(原材料の自然由来成分)を無駄にするとか、使えるものをゴミとして燃やすことでCO2を発生させるのは阻止したいですよね。
ぜひ最後まで気持ちよく使いきりましょ♪

ちなみにチューブ入りクリームファンデなら、絞り出した後でもチューブを開いてみると1週間分くらい残っています。これは私の実体験です^ ^

めんどくさいと思わず、やってみると楽しいし、自然に優しくお財布にも優しい。そして使いきる快感を味わえます(^○^)