服の仕分けボランティアの一日(リ・ファッション ラボ) | 日本リ・ファッション協会@代表ブログ

日本リ・ファッション協会@代表ブログ

リ・ファッションを「生活スタイルの見直し、変化」と定義し、循環型社会における持続可能な生活、産業へのシフトを推進する活動をしています。


テーマ:

日本リ・ファッション協会では、
ご家庭に眠っている
「着るに着れない、捨てるに捨てられない服」の受け皿
として
リ・ファッション ラボにて”衣類回収”
をしています。

回収したものは様々な用途で活かします。

多くは東北支援、途上国支援、貧困家庭支援です。

そのほか、着物を日本文化の紹介のために活用したり

服育のワークショップやイベントにしたり

一部をチャリティー販売して支援品の送料にしたりしています。


これらの用途別の仕分け作業は
ボランティアの手によって行われます。

今回は、
<仕分けボランティアの一日を紹介>

●集合は朝10時、JR武蔵野線「吉川」駅。
新宿から電車で約1時間。

吉川は川に囲まれた町で、名物は「なまず」。
駅前には金のナマズのオブジェが。

吉川駅前のナマズのオブジェ

 

●まず駅でお昼のお弁当を購入。
駅のそばにはコンビニとパン屋、マックと牛丼屋あり。

●バスで倉庫のそばまで移動
 移動時間は約8分
 ※注意:歩くと30分以上かかります。

●バス停から倉庫まで徒歩1分
 仕分け関係03
  工業団地内を移動

 

●倉庫についたら身支度

リ・ファッションラボ衣類の仕分け_道具01
 ※タオルとエプロン以外は貸出し可能です

 

●担当から当日の作業内容を説明
 初めて参加する方には、
 仕分け作業のあれこれを説明します。

●作業開始!
 主な作業
  作業環境を作る
  箱あけ
  仕分け
  仕分けたものを用途別に箱詰め
  →発送用に梱包
  届いたときの箱や梱包材は素材別に分別しリサイクル。

 仕分け関係01
   全国から届いた荷物

 

   
   仕分け用の作業テーブル
   
   箱がぬれても中の服がぬれないように
   ビニール袋に入れて送って下さる方も
 

 

 

●お昼休憩 約1時間
 隣接する事務所をお借りして休憩。
 みんなでおしゃべりしながらお弁当を食べる。
 飲み物は自販機あり。
 湯沸かしポットもあるのでコーヒーやスープも作れる。
 たまに寄付でコーヒーなどの飲み物がある場合も。

●午後の部

●小休止(その時の状況を見て)
 おやつの寄付が合った場合は、ここで皆さんに配ります。
 (※ないことのほうが多いので期待しないでください)
   

 

●午後の部最後
 発送作業
  東北支援品など、その日に発送するモノがある場合は発送準備。
 片づけ
  仕分けしたものを用途別にカートに積んでカートにメモを付け所定の場所に。
  荷物が送られてきたときの段ボール箱や梱包材など分別した資源ごみを回収BOXへ。
  (基本は廃棄物ゼロ「ごみゼロ」を目指す)
  掃除。
  仕分け作業に使った備品を棚に戻す。
  (間違えて持ち帰ってしまう方もいるのでご注意を!)
 ボランティア参加者の特典
  仕分け中に見つけたほしいものを3点まで差し上げます。
  (支援品として送られてきたもの以外。詳細は現場で。)
  持ち帰りたいものを担当に申告してください。

●作業終了
 当日の予定が完了し、片づけも完了していることを確認。
 みんなで「お疲れ様」の挨拶。
 ※時間があれば、それぞれの気付きをシェア
 撮影可能な場合は全員で記念撮影。

●バスで吉川駅へ移動

●解散
 おつかれさまでした!

●家に帰ったら
 必須ではありませんがボランティア参加報告をBlogやFacebookにUP。
 ご自身の備忘録であり、リ・ファッション推進メンバーの一人として広報活動にも参加しよう!

<仕分け作業の面白さはココ!>
 全国から送られてくる衣類の箱を開けると、そこにはいろいろなファッションライフ、家族ドラマ、ファッションの歴史、寄付してくださった方のお気持ちなど多くのことを感じます。

 普段は目にしなモノに出会う。
 (自分や周りにいる人が使っていないものは意外と知らないことが多い。知っていても現物を見たことがないこともあるため面白い。)

 添えられているメッセージを読んで、やさしい気持ちのリレーのバトンをつなぐ。自分がその一員であることを嬉しく思い、また誇らしく感じる。

 ボランティア参加者の特典である”気に入ったものを3点持ち帰ることができる”を使い、ほしい服探しを楽しむ。宝探し感覚が面白い。

 仕分けの対象となっている服は、そのまま着ることもできるし、リメイクすることもできるためイマジネーションが働き、制作のヒントを得られる。

 その他、人それぞれ面白いと感じるポイントは様々。
 3年以上毎週のように参加している私でさえ、毎回面白いと感じています。

<仕分け作業をしてみたいと思ったら>
早速ボランティア登録をして参加しませんか?

運営団体の日本リ・ファッション協会の公式サイトはこちら

仕分けボランティアを募集しているリ・ファッション ラボはこちら

ボランティア・プロボノの募集案内はこちら

 

<ボランティアは出来ないけど

梱包資材など寄付したい!と思われたら>

 

【寄付希望】梱包作業用品(支援物資を送る活動に使用するものとして)

 

私たちの活動は、多くの方々の愛のリレーで続けています。

参加することに関心をお持ちでしたら

1.服などを寄付する

2.仕分けボランティアに参加する

3.情報をシェアする

4.活動資金を寄付する

5.梱包資材を寄付する

などなど無理せずに出来る形でご参加いただけると嬉しいです。

 

 

日本リ・ファッション協会代表@鈴木じゅんじゅんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス