引き続きウエストくびれができない原因シリーズです。

その原因は

①姿勢の崩れ

②骨盤の歪み

の2つがありました。


そして前回

○安静時の骨盤の歪みチェック

○動作時の骨盤の歪みチェック

をお伝えしました。

-----/-----/-----/-----/-----/-----/-----/-----/-----

今まで姿勢と骨盤の歪みを原因としてお伝えしてきました。

実はウエストくびれができない原因がもう一つあります。


とりあえず腹筋トレーニングをすればお腹回りの脂肪は燃焼されますが、

しかしそれだけではウエストくびれはできません。


『体幹インナーマッスルの機能不全』

これが3つ目の原因であり、インナーマッスルはとても重要になります。


まずは腹部回りの筋肉の分類を見直してみましょう。

*インナーマッスル:腹横筋、内腹斜筋

*アウターマッスル:外腹斜筋、腹直筋

腹部の筋肉は4つありますが、

上記の2つずつに分類されます。


基本的にはインナー・アウターともにバランスよくトレーニングする方が、

筋肉がまんべんなく脂肪燃焼に使用されて

痩せやすい体質をつくり出すことができます。


ですが、写真のようなトレーニングはどうでしょうか?

とりあえず腹筋トレーニングをするだけでは、

アウターマッスルが中心に使われ

インナーマッスルはあまり使われていません。

(写真のようなトレーニングがインナーマッスルが使えていないかどうか、見極めができなければダメです)


アウターマッスルのトレーニングばかりをしていると

脳は、

アウターマッスルを使いやすいように指令を送り、

インナーマッスルには指令を送らなくなります。


インナーマッスルの機能不全を起こすのです。


そうなると脂肪燃焼効率は落ちて、

痩せたいけど痩せられないパターンに陥ります。


その点ピラティスは

インナーマッスルとアウターマッスルを

バランスよくトレーニングしていくので、

脂肪燃焼効率を高めることができるのです。

-----/-----/-----/-----/-----/-----/-----/-----/-----

ということで、ウエストくびれができない原因シリーズは終わりです。

まとめると

①姿勢を改善する

②骨盤の歪みを整える

③インナーマッスルとアウターマッスルをバランスよく鍛える

この3つがウエストくびれをつくるポイントになります。



ボディメイキングサロン Reed Green beauty
 
理学療法士による
姿勢・痛み・体質改善専門
ピラティススタジオ
 
 

初回パーソナルレッスン|4,320円

初回骨格矯正ケア|4,320円

 
アクセス
〒870-0035
大分市中央町2丁目3番10号 二八堂ビル304号室
営業日|月曜〜土曜 9:30〜20:00(完全予約制)
定休日|日曜・祝日