はじめてでも安心!現役カフェオーナーが教えるお菓子教室:浦和

さいたま市浦和の駅徒歩6分にある「リーバルカフェ」で、初心者向けのお菓子教室を開催しています。「自宅でも同じように作れる」ように、しっかりサポートさせていただきます!


テーマ:
こんばんは。さいたま市浦和のリーバルカフェ瀧田きよみです。

お菓子作りに欠かせない、生クリーム。

「生クリーム」と、ひとことで言っても、色んなメーカーのいろんな種類が出回っていますよね。

どれを買っていいのか、迷っちゃう。

レッスンで使ったのと同じものが売って無かったんだけど、同じように作れるの?

と、いうお声をいただくことがよくあります。

ちなみに、リーバルカフェで普段のお菓子作りや、お菓子教室で使っている生クリームは「乳脂肪35%の純生クリーム」です。


(写真は、そこに、チョコを溶かしこんでチョコ味の生クリームにした時のもの^^)

生クリームには、乳脂肪分がいろいろわかれていて、35%のものは、泡立てて使う用途としては、脂肪分が低いタイプ。

味はあっさり、ふんわりした見た目と食感でやさしい味わいです。

「普段は生クリームのケーキを食べない家族が、おかわりしてました。」といった感想をいただくことが多いのも、軽いタイプの生クリームを使っているのが大きな理由のひとつかなと思ってます^^

実は、以前は、作るお菓子によって生クリームの種類を使い分けしていました。

今も、一部のメニューにだけ、乳脂肪47%の生クリームを使用してお菓子を作っています(卸し用のお菓子なので、カフェの店内で登場する事はほぼありません^^;)

どちらも、それぞれ良い面があるので、しっかりコクを出したり、濃厚な味わいにしたい時は、乳脂肪分の高いものを使っていたのです♪

お菓子教室の初期の頃に参加してくださっていた人の中には、レシピに脂肪分まで指定したメニューをお持ちの方もいらっしゃるかと思います~。

どの乳脂肪のタイプが好きか、というのは、正直好みの分かれるところだと思うので。。。

みなさん、お好きなクリームを使っていただければと思います。

ただし、乳脂肪分が変わってくると、仕上がりの味や口どけ、場合によっては食感にも違いが出てくることがありますので、同じように作りたい時は、習った時と同じタイプの生クリームを選んでいただくのが安心です^^

そして、「純生クリーム」と言えるのは、材料がクリームだけで出来ているものを指します。

タカナシのコチラのページでわかりやすく書いてありました

(クリーム)乳製品
いわゆる「純生」と呼ぶのは、この表記の生クリームです。

これは、たとえばコーヒー用のクリームも同じ表記です。でも、コーヒー用クリームは乳脂肪分が低いので泡立てることはできません^^;
あ、コーヒーのクリームも、良く見かけるポーションタイプのものは、これとは別で、いわゆる「植物性」のものです。

乳等を主要原料とする食品
なんだか一気に怪しい雰囲気になりますが・・・
別に怪しいものではありません^^;

純粋な生クリームを扱いやすくするために、安定剤や乳化剤が入ったりすると、もう、「クリーム」とは表記できなくなっちゃうのです。
この表記の商品だからといって、「ダメ」って事ではないですよ~。
純生よりも、日持ちがすることが多いです。

商品名には「生クリーム」と書いて無くて、補足で「生クリーム使用」とか、書いてあるのがこのタイプです。

スーパーで、色々チェックしてみると楽しいですよ~。

そして、いわゆる植物性の生クリーム(○○ホイップとか)は、分類的には同じでも、味はだいぶ変わってきます。

動物性と植物性の味の違いは、バターとマーガリンの違いをイメージしていただくとわかりやすいかな?^^

「植物性の方があっさりしてて好き!」という人も多いので、「あえて植物性で作ってます♪」というのもアリだと思います^^

あとは、動物性と植物性クリームを合わせた商品もあったりして、それぞれに良い面、悪い面があります。

ちなみに、純生クリームの悪い面は。。
・日持ちがしない
・状態が変化しやすい
などでしょうか?


詳しい違いや、使い分けが気になる方は、レッスンなどで会った時に、いつでもお声かけくださいね^^



Instagram
http://instagram.com/kiyomitakita/

インスタではスイーツを中心にアップしています^^


・カフェで開催のレッスン予定【2月】

・認定講師のお菓子教室一覧

・お菓子教室の優先案内をしているメルマガはコチラ

・浦和駅からカフェへのアクセス

・カフェスペースの利用をご希望の方へ

・リーバルカフェへのお問い合わせはコチラから


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カフェとお菓子教室:リーバルカフェ瀧田きよみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります