清家貴子のゴールに思う

テーマ:
皇后杯準決勝の結果は、動画ではGGRでチラッと見ただけでしたが、衝撃的でした。
後半1点返したのが、清家選手のゴールだったからです。今年はチラホラ出てましたが、やはり以前のキレがなく、来年に期待かと思っていた矢先だったからです。中央からドリブルで力づくで駆け上がり、食い下がる回りをもろともしないパワーとシュート。その様が、清家選手本来の魅力そのもので、ゴリ押し、無理やり、エゴイスティックなまでの唯我独尊ぶり。
これこそ、レッズレディースのなかにあって、実は足らなかったものそのものではないでしょうか。
これは来年は面白そうだ。ケンカ腰で自分でなんとかする女、清家選手が帰って来た瞬間を感じて、決勝には行けなかったけど、なんだか嬉しかったTVダイジェストでした。