こんにちは、

リオオリンピックに向けての強化合宿の報道をよく見かけますが、前から少し気になっていた

ことを書いてみたいと思います。


記事には、「中島がこうした・・・」「増矢がどうの・・・」とINACの選手の名前がよく見かけられます。もちろん才能のある選手で、なでしこジャパンの有力候補であることに疑いの余地はないですが、澤さんのころからずっと、何かとINACの選手がよく取り上げられてきました。


確かに2011のワールドカップ、五輪、去年のワールドカップと、多くの中心選手を輩出して、

スター選手がたくさんいるので当たり前なのですが、最近になっても同じように、何かあれば

とりあえずINACを取り上げる現状に、違和感を覚えています。

その原因はなんだろうと考えてみるに、「記者の勉強不足」ということがいえるのではないでしょうか?


2~3年前の、ソヨンやベブがいて、最強女王でいたころのINACは、ピッチでもオーラ全開で、

「とても勝てる気がしない」感じでしたが、女子サッカーファンの皆さんは全員、「でも今は違うよね」と思っていると思います。

ところが、記者の方々はおそらく数年前の感覚のまま、「安易に」、なでしこ→スター→INACの方程式のまま記事にしているのでは、と感じるのです。(そこに需要があると思っている?)


もう少し今の「なでしこリーグ」なんかもよく見て、現状がどうなっているかをわかっていてほしいな、と思います。(事実、U20のメンバーが出ましたが、日テレ7人、浦和5人、INACは1人です)


野球でも昔は巨人が人気を独り占めしていましたが、いまやファンの向く目は千差万別。

なでしこ人気も同じことになってる「今」をよく理解して記事にしてくれるとうれしいですね。