佐々木正臣が高校野球を始めてからわかったことは、プロ野球というのは本当にレベルが高いということでした。
小さな頃から野球をしているのでプロのレベルが高いということはわかっていましたが、中学生までは軟式野球でしたから硬式野球との違いもあって凄いは凄いけれどもどれだけ凄いのかはわからないという感じでした。

それが、高校野球になって硬式のボールに触れるようになってからというのもプロというのは、どれだけ高いレベルでプレーをしていたのかと驚いてしまいました。
それまでは何気なく見ていたプレーも実際にやってみると非常に難しく、なかなか決まらないだけに基礎レベルの高さにまず驚かされたのです。
プロ野球ですとダブルプレーを取り損ねるということはまずありませんが、高校野球ですと真正面を付いたあたりであってもなかなか成功せずに失敗をしてしまったりします。

佐々木正臣の野球部のレベルがそこまで高くないということがあるにしても、甲子園の優勝チームレベルでも何でもないダブルプレーをエラーしてしまうことがありますから、確実にアウトを取るプロは凄いとはっきり実感しました。
また、全てのプレーにおいてスピードが段違いであり高校野球レベルですと会心の当たりのものが、プロでは討ち取ったレベルの打球扱いにしかならなかったりしますから、プロというのは本当にすごい世界なのだなとしみじみ感じたのです。

感覚的に凄いということはわかっていても、実際に自分で体験をしてみなければわからないということもたくさんありますから、それを知ることができただけでも高校野球をしていてよかったと思います。
そして、凄いとばかり言っているのではなくいつかは自分もプロ野球の世界に入って活躍をしたいです。
そのためにはまず高校野球でしっかり実績を挙げなければなりませんから、プロ野球を目指す前には高校野球の最大目標である甲子園を目指して、これから日々精進をしていくつもりです。