旭化成ホームプロダクツ主催Frosch Peopleイベント「フロッシュの

魅力を一緒にみつけよう!」に参加しました。


カエルのマークでおなじみのフロッシュは1986年にドイツで

生まれ、世界40ヶ国以上で愛されるブランドフロッシュ


フロッシュは環境に優しく、製品が優秀で、しかもデザインも

おしゃれなので、食器用洗剤と消臭スプレーを愛用しています。



以前雑貨店だけで売られていた頃はお値段が高い印象だったけど、

最近は取り扱い店舗が増え、お値段も手頃に音譜その理由は

旭化成ホームプロダクツが日本での独占販売権を取得したから。

消費者としては嬉しい限りきゃ


フロッシュは環境への配慮、洗浄力、使う人へのやさしさ

配慮し、「わたしにも自然にも、気持ちいい。」をコンセプトに

展開しています。



フロッシュカエルがフロッシュのトレードマークなのは、カエルが

環境保全のシンボルだから。カエルって環境変化に敏感な

生き物なんですって。環境へ配慮している理念はここにも

表れているのですね!


イベントではグループに分かれて、クイズに挑戦したりしながら、

フロッシュについての理解を深めました。


たとえばフロッシュのボトルは80%以上をリサイクルPETを

使用しているので、黒ずんでいたり、ボトルによって色が違ったり

します。(画像右)この比率も以前は60%程度だったそうで、

今後も限りなく100%に近づくよう推進していく予定。


フロッシュ本社のあるドイツ・マインツではフロッシュのロゴマークの

入ったゴミ収集車が走っています!もちろん環境に優しい電気

自動車です。こんなかわいいゴミ収集車、日本でも走らせて

ほしいきゃ

数種類ある食器用洗剤は洗浄力の強さと手肌への優しさの

バランスで5つのタイプから選べることをご存知でしたか?


順番に並べるクイズもありました。汚れや使い心地、香りの好み

などから2~3種類を使い分けることがお勧めだそう。もちろん

洗浄力が一番強いものでも、水と洗った時と同じくらい手肌に

優しいんですよ。



さらに素晴らしいのはほぼ100%自然に戻ること。「エコ品質

9か条 に基づき、製造から使用後までトータルで環境負担を

押さえています。


フロッシュについていろいろ勉強した後は、フロッシュの故郷

「ドイツ」をテーマにしたお料理をランチにいただきましたラブラブ

美味しいお食事をいただきながら、参加者や旭化成の方々とお気に

入りの商品やあったら嬉しい商品やギフトなどについて意見交換。



そして食事の後はフロッシュでお皿洗い!イベントでお皿を

洗わされるなんて初体験(笑)使ったことのない香りを使って

みたり、洗浄力の違いを確かめたり、お皿洗いがこんなに楽しい

なんてsei私はザクロとグレープフルーツの香りが好きはーとっ


全商品を試す時間もありました。私が新たに使ってみたいと思った

のはトイレクリーナー。デザインも色も素敵なので3色揃えて

置きたいくらいるんるん


またこの日のためにデザインされたお試しサイズ用のボックスに

各自メッセージを書いて、プレゼントボックスを作る時間も。


このお試しサイズは数量限定で100円(!)で販売されていて、

「使い分けするためにシンク周りに複数置いても邪魔にならない

サイズだね!」「ちょっとしたお礼などのギフトにもぴったり」

「使ったことのない香りを試すのにちょうどいいサイズ、値段!」

とグループ内で大好評!買い占めたい衝動にかられますえへえへ


おみやげにこのイベントのために特別に作ったウッドプレートや

フロッケのチャームなどをいただきました。(フロッケはカエル

コレクターの妹に取られそうな予感...^-^;


イベントを通じてフロッシュの魅力を再確認し、ますますフロッシュが

大好きになりました。これからも手肌にも環境にも優しいフロッシュを

応援していきたいと思いますhi*


まだ使ったことがない方はまずはお試しサイズの食器用洗剤から

使ってみてはいかがでしょうか?




フロッシュフロッシュ