人生の集大成としての高齢者になる方法

人生の集大成としての高齢者になる方法

一人暮らしの高齢者の生活の質を保つ為に、財産の保全管理、日常生活、契約その他の法務を支援致します。 
無料相談実施中。電話046-843-6976 
営業時間午前5時~午後7時。


テーマ:

   60歳以上の約8割は、夜にトイレの回数が増

える夜間頻尿になります。

 

  加齢により心臓や血管のポンプ機能が衰え

て来ると、下に下がった水分が心臓や腎臓に

戻れず下半身に溜まり易くなります。

 

  下半身に溜まっていた水分がやっと心臓や

腎臓に戻るのは、就寝時に体を横にした時な

のです。

 

  すると、利尿ホルモンの分泌が促されてトイ

レに行きたくなるのです。

 

  夜間頻尿を予防するには、寝る前に溜まっ

ていた水分を出してしまうことです。

 

  寝る3~4時間前の入浴、夕方のウォーキン

グ、ふくらはぎのマッサージ、水分過剰摂取の

抑制、就寝直前の酒やコーヒーの禁止などに

予防効果があるとされます。

 

http://lantana.parfe.jp/koreisya.htm

 

  行政書士田中明事務所 
    電話・FAX046-843-6976 

 


テーマ:

  3月~5月は寒暖差が10℃もあったり、低気圧

と高気圧が交互にやって来る季節です。

 

  寒暖差が激しいと体温調整にエネルギーを

消耗し、体内に取り込む酸素の量が減ってしまう

為にストレスに負けやすい状態になります。

 

  その上、この時期は転勤、転職、昇進、進学

などの環境変化によるストレスも加わります。

 

  その結果、風邪を引いたり、無気力になったり

(五月病)、眩暈を起こしたすることがあります。

 

  天候の変化でうつになったりや起き上がれなく

なるなど持病が悪化する症状を、「天気痛」と呼び

「天気痛外来」を開設している医師がいるほどです。

 

  天候の変化で体調不良になったり疲労感が強

まるのは、自律神経が乱れるからです。

 

  要するに、脳の疲労であり、筋肉や内臓の異常

ではないのです。

 

  脳の疲労は、よい睡眠を摂ったり、リラックスし

て心を心地よい状態に維持すれば自然に解消す

るのです。

 

http://lantana.parfe.jp/koreisya.htm

 

  行政書士田中明事務所 
    電話・FAX046-843-6976 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

  アメリカではコレステロール値の基準値が

撤廃されています。

 

  生まれつきコレステロール値の高い家族

性高コレステロール血症の人を除けば、

コレステロール値と心筋梗塞の死亡率とは

関係がないと認識されたからです。

 

  逆に、悪玉コレステロールの高い人ほど

肺炎などの感染症やバクテリアによる内臓

疾患に罹り難く、死亡率も低いという研究

結果も出ています。

 

  コレステロールは細胞膜の材料であり、

免疫を司る重要な物質です。

 

  私はコレステロール値がいつも高めです。

しかし、掛り付け医師からコレステロールを

下げろと言われたことがありません。

 

  これまでの基準値には根拠がなく、製薬

会社を儲けさせるだけのものだったのかも

しれません。

 

http://lantana.parfe.jp/koreisya.htm

 

  行政書士田中明事務所 
    電話・FAX046-843-6976 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス