ボルグワルド・イザベラ ほか | ゼットン星人とミニカーデート!!

ゼットン星人とミニカーデート!!

ブログの説明を入力します。

こんばんは。

 

先日、およそ15年ぶりに大腸の内視鏡検査に行ってきました。

 

2~3年前辺りから、具体的には言えないのですが、何だかおかしいな・・・・?と、ずっと思っていたので、今回は、かなりドキドキだったのですが、案の定、超ど級のポリープが見つかりました。(笑)

一応、写真は頂いたものの、そのままだと、ちょっとグロいので、どんな感じだったかというと・・・・。

 

 

 

クレヨンしんちゃんの大袈裟なたんこぶくらい。(笑)

 

「あっ!これ癌じゃないので、半年後位に切りましょうか!」と、写真を一緒に見ながら、先生から明るく言われると、なんだか逆に不安になってきて、「すぐ切ってください!」とお願いし、11月に切除することに。

 

お酒も飲むし、タバコも吸うし、胃腸は定期的に内視鏡検査しないと駄目なお年頃になったようです。(笑)

 

 

 

 

この写真は、私が1985年の夏休みにヨーロッパを旅行中パリの街中で撮ったもの。

 

ベンツとルノー12の間に挟まれたこの車は、いったい何という車なんだろう?古いベンツのSLにも似てるし・・・すごくカッコいいし・・・と、ず~っと、気になるものの分からなかったのですが、何年か前に古い欧州車に詳しい人から「これは、ボルグワルド・イザベラ」と教えていただきました。

 

そこで、最近ボルグワルドという会社を調べてみると、以前は西ドイツの自動車メーカー台はだったようですね。ただ1961年に倒産とのこと。

 

 

 

 

しかし、その54年後の2015年に、中国資本で復活。上の写真のようなコンセプトカーの製作や、実際にSUVも販売されているみたいです。

 

 

 

こちらが、おそらく34年前に見かけたボルグワルド・イザベラ。もう、めっちゃカッコいいです!!マイナーな古い欧米車が数多く棲息している日本でも、これは無さそうな気がします。

 

 

メーカー名不明 ボルグワルド・イザベラ(西ドイツ製)

 

少し前に、M5Tさんから購入したイザベラのプラ系ミニカー。

 

 

 

3インチといっても、古いグリコのオマケのような作りで、ぱっと見かなりチープな作りですが、こういったミニカーが存在していること自体、本当に嬉しいです。

34年前にパリで見かけて写真を撮ったことが、偶然ですが、こうやってミニカーにまで繋がることは、私の人生に中では、大きな意味を持つ事になりました。

ただ、ミニカーのメーカー名が分からないのが困ったところです。何方かご存知の方が居られましたら、是非教えていただきたい。

 

 

 

最後に、私が、3インチミニカーに拘っているかという事を書き始めると、かなり長文になるので割愛しますが、私が大好きなサーブ96(上の写真)は、3インチミニカーとしては、存在しないと言われています。

1/43スケールでは、当時の欧州のミニカーメーカーが、あれだけ数多く商品化されている名車なのに、どうして3インチミニカーとして商品化されていないのかが、ずっと疑問でしたが、今回のイザベラのような発見は、もしかしたら・・・・という気になりました。(笑)まだまだ開拓の余地は有りそうな気がします。

 

余談ですが、このサーブ96を最後に見にしたのは、1983~84年の頃。

原宿の古着屋さんDEPT STOREの前というか、キリンビール本社前に駐車していたあずき色のサーブ96です。

当時は、阿木燿子さんが同じ色に乗っているのは知っていたので、おそらく彼女の車だったと思います。

まだまだ現役の旧96も何台かは、日本に棲息しているようですし、オーナーになれるチャンスが有れば、是非とも欲しい1台です。

 

今週、来週と週末は連休が続きますが、みなさん素敵な週末をお過ごしください。

 

おやすみなさい。