ゼットン星人とミニカーデート!!

ブログの説明を入力します。


テーマ:

こんばんは。

 

首を長~くして待っていた予約していた商品が、ようやく昨日届いていました。

 

熊本でも田舎の方に住んでいるので、都会と比べると時間が掛かるのは分かっているけど、ちょっと、時間掛かりすぎだぞ~!(笑)

 

 

 

 

グリーンライト 1972フォード・ファルコンXB (マッドマックス・インターセプタ―)

 

デュランデュランさんの記事にも書いてありましたが、未だに版権の問題が解決されていないのか、“MADMAX” という文字はどこにも無くて少し寂しい感じですが、それでも3インチサイズのミニカーで、インターセプタ―を作ってくれたグリーンライトには感謝です!

 

何せ、この映画は、当時、カワサキ党の父親が楽しみにしていて、私が高校生の頃に、一緒に観に行った思い出の映画なんです。インターセプタ―は、今でも、私の中ではヒーロー的な存在ですし、これを機に、多くのミニカーメーカーから発売されると嬉しいですね。

 

 

 

それでは早速ブリバリして・・・・・。

 

 

これと比べてみましょう。

 

 

 

 

左が、オーストラリアのミニカー。右がGL製です。

 

同じ1/64スケールなので、幅はほぼ同じですが、ボンネットに突き出たスーパーチャージャーは、ちょっと小振り。

 

ただ、ボンネットの一部と、フロントスポイラー、オーバーフェンダー、サイドスカートは付いてないけど、その辺りからリアスポイラーに掛けて、マットブラック塗装に仕上げてあり、手の込んだ細工が施されています。

 

 

 

(奥がGL製)全長は、2~3mm短い様ですが、バランス的には問題なさそうです。

 

 

 

 

(手前がGL製)車高が少し高くて、もう少し屋根を下げても良かったのかな?でも、バランス的には、こちらも違和感なさそうです。

 

 

実際に手に取って比べてみると、オーストラリアのハンドクラフトモデルの方が、金額が高かった分だけ内装も含め、出来はいいように感じますが、大量生産品のミニカーであれば、これで十分過ぎると感じます。コスパは高く感じられるし、これは、お勧めの1台であります。

 

 

 

 

お終いは、マッドマックスの予告編でお別れです。

 

皆さん、良い週末をお過ごしくださいね。

 

さよなら、さよなら、さよなら。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。