一段落できるなあ

テーマ:

はぁ・・・、ようやく一段落できそうなマークです。


この一ヶ月ちょっとはなかなか厳しい時間でしたなあ。


まあ充実しとったといえばそれまでなんですが、かなり凹んだ日々もありました。



仕事が一段落できそうなところで今日はパチスロに行ってきた。


今回座った台は


南国育ち


鬼浜爆走愚連隊  の2台。


なぜ今更南国育ち!?と思われるかもしれないが俺もそう思う・・・。


新パネルで新台という理由だけで選んでしまった。確率の方は1/200くらいで


まずまずの台だと思ったのだが7kほど突っ込んで終了・・・。


次いで鬼浜爆走愚連隊に座ったのだが、big一回当たり後128ゲーム


といったところの台だった。


この台は128ゲームが止め時だったかどうか定かではなかったが、


これまでの経験からそれまで深くはまったことのない機種だったため


座ってみた。


がしかし、なかなか当たりが引けない。


すると8kほどでbigを引いてきた。トータル15kかあ・・・。


取り戻せるか微妙なところだ(そんなに長く打つつもりではなかったので微妙なとこだった)。


すると運良く連チャンしてくれた。


途中伝説の不良?ヘッド?という翔なるキャラが出た。


はじめて見たな。ちょっとラッキー。




先週のことでもう忘れてしまいました。先週のぶんは

ここまで。

AD

今日とうとう休んでしまいました

テーマ:

おはようございます。マークです。


今日はとうとう仕事休んでしまった。


ここんとこ休めるような状態ではなかったので働きづくめで


気分も悪かったので休んでしまった。


今週一週間で今取り組んでいる仕事にだいたいのめどがたっているだけに


気がひけたが、限界近かったのかもしれない。


以前、同じ会社の中で肉体労働的な仕事がメインだったときは(1年だけ)


体はしんどくて毎日「しんどい、疲れた~」と言いながらも休んだことはなかった


のだが、今はその手の仕事ではなく、最近は肉体的な仕事より


精神的にきつい仕事の方が辛いことを実感している。


俺はまだ一人身で自分が飯を食えればいいのだが、家庭を持ってる人は


そうはいかないだろうと思うと尊敬してしまう。


人間背負うものが違うとまた違ってくるんだろうな。



最近、以前知り合った女の人とメールをときどきするようになりました。


元ヤンみたいな人(もういい年なんだが)なのだが話してて


気が楽だったので話すようになった人だ。ちなみに彼女は相川七瀬風です。


若い頃はかなりもてる人だったと思います。


普段の俺は女の人と話すのが苦手なタイプなんだけども(仲良くなった男友達・女友達に


こういうといつも「うそばっかり!」と言われるんですが)ほんとの話で


女の人と話すのが苦手です。


俺の好みの女性ではないんだけれど


(俺の好みは芸能人だとミムラ・加藤ローサ・国仲涼子・安倍なつみ・安田美沙子


・滝川クリステル・西村知美(もう結婚したからそんなに好きでもないが))


女性とたわいのない会話など(メールだけども・・・)


をするだけでも意外と楽しいもんだなと思う今日この頃でした。



AD

人について<その2>

テーマ:

こんにちは。マークです。


GWは天気良くて気持ちいいですね。仕事で日光をあびる余裕もなかったので


すごく気持ちいいです。


昨日は布団のシーツ洗って、布団干して、その布団で寝ずに


別の部屋で寝てしまいました・・・。まっそういう日もあるさね~。



人について 続編です。


今、俺の気持ちを揺らし始めている人なのだが会社の先輩だ。


この先輩(俺の感覚的には上司に近い)はめちゃくちゃ優秀な人で


某国立トップ工業大学を出ている人で某超大手企業でR&D部門で研究を


していた人らしい。


その名に違わず優秀な人で「何でこの人、この会社にいるんだ??」


と思えて仕方ない。ちなみに俺はその会社でもついていけてない・・・。


会社はお世辞にも大きな会社ではないのだが、研究部門があり俺もそこの一員


として働いている。


研究がメインではなく、それを工業化して売るのがメインの会社なので


華やかな研究者というわけではない。


でもその先輩は某大手企業で完全なるR&D部門で研究していたらしく


テレビに出てくるような研究者をやっていたとみんなはイメージしてくれると


わかりやすいはずだ。


その先輩曰く、「やっぱり基礎研究は目が出ないとものすごい言われようだったよ。


金食い虫だとか役ただずだとかそんな風に見られてた」と言っていた。


やっぱり成功したときは華やかだが特に企業では金にならないことは


罪を犯しているように思われるのだなと思った。


ちなみに俺は一度転職しており、前の会社でもそういう風潮はあった。




前の会社では名ばかりのR&D部門にいたのだが入りたてで右も左もわからず


そのわからないことを少しずつ調べて理解していこうとしてたのだが


そんな時に上司に「お前は何やってるんだ。わからないことがあったら


わかるやつに聞け。一からやるんではなくて最先端の事からやってくれ」と言われ、


基礎的な話もわからない人間が最新の事に顔突っ込んでわかるのか?と


俺は思った。仕方なく人に聞いたところ、また訳がわからない


(要は専門的な話になるので外国語を聞いているようになってしまうのだ)


事ばかりだ。だから俺は俺なりに身につけられるようにこつこつやろうとしていた


ところ否定され、八方塞がりになったことがある。当然不信感も出てくる。


この時この上司から学んだことは


①時間が金になるような使い方をするということ。


②基礎的な事を知らなくても新しい事から入ってすぐ仕事に使えるようにする事。


③他人をうまく利用すること。



①は企業にとって大切なことだと思う。ボランティアではないのだから。


だから勉強の意味も含めてサービス残業もするのだが・・・。



②は俺の生き方や教わってきた事とは全く異なる事だ。


簡単なことができない奴に難しい事ができるわけがないと思っている


俺にとっては何より利益重視の考え方だと映ってしまった。


今でもこれを続けていけばどっかでボロが出て大変な事になると思っている。


ボロを露呈した時に立て直す能力を磨くと言う点ではいい経験かもしれない。


ただ、企業としては時間を削ることで開発費の圧縮ができるので


会社側の人間(課長だった)としてはこういう意識が必要なのかもしれない。



③はその人の生き方で感じ方が違うだろう。要領よくできるやつは


人をうまく操縦するだろうし、うまくできればまたとない大きな武器になる。


人付き合いはうまくできるにこしたことはないなと。


最近になって(特に社会人になって)人付き合いが下手だなあと思うことが多い。


子供の頃の友達たくさんできるのとは訳が違うのを実感している。




ちょっと寄り道してしまったので今回も長くなってしまいました。


また続編書きます。


そういや友人の結婚式続編もまだだったなあ・・・。


ごめんなさい・・・_∥ ̄∥○






AD

人について<その1>

テーマ:

久々の更新だ。


こんにちは。マークです。


GWが何日かつぶれてしまいました。むちゃくちゃな仕事が入ったためです。

ストレスたまりまくりです。おかげで3キロ体重減ったし、

夜寝てるとき足をつることが多いです。


昨日はK-1ラスベガス大会があった。


レミー・ボンヤスキーvsマーイティー・モーの試合が楽しみだったが


その通りにいい試合だった。


レイ・セフォー、マーク・ハントといいサモアの血が流れてる人は


どうしてあんなに打たれ強いんだろうか。勇敢でワイルドでありながらも


どこかやさしそうな温かい感じがする人達だと俺は感じている。


チャンピオン・レミー・ボンヤスキーから最終ラウンドダウンをとり、


判定で勝ったマイティー・モー。これで一躍GPの優勝候補の一角に


なることだろう。そのモーに勝っている中量級ガオグライ・ゲーンノラシンは


さらに注目の選手となるだろう。ますます楽しみになってきた。



今回のテーマ「人について」


人というのは成長する生き物だ。今回のK-1で大きくそれを感じた選手がいた。


武蔵選手だ。


入場シーンを見たとき「ん!?」っと思った。


GP一・二回戦負けの常連だった頃の武蔵。日本人ではだめなのかと言われながらも


がんばっていた。そんな彼が2年連続準優勝。


一年目はまぐれだと言われながら、二年目も決勝まで来た。


そのことが大きな自信になっているのか今回の武蔵を見て


「何か貫禄がでてきたなあ」と感じた。


もう立派な世界クラスの選手だなと思った。


是非GPで優勝を狙って欲しい。



武蔵選手もいろいろ挫折してここまできたのだろうが


平凡な人間である我々もたくさんの挫折をしていることだろう。


俺もそうで、最近では挫折から立ち上がることが非常に苦しく感じてきている。


若い頃は挫折を味わってその時は落ち込むのだが


「くそっ!もう一回やってやる!」というエネルギーが甦ってきていたのだが


最近ではエネルギーが切れ掛かっているせいか中々そう思えるようにならないのだ。


おかげで守りの気持ちというか、大きな夢・野望を持てず、平凡に生活し


何か楽しみでも見つけて生きていければいいなあと思っていた。


そんな時、こんな気持ちにぐらつかせるような人と出会った。



続く・・・



俺も何度か挫折し、最近では