バンドでメジャーデビューする方法 1 | 1年でメジャーデビューする方法

1年でメジャーデビューする方法

プロのレコーディングエンジニアが、メジャーデビューしたいバンド・ボーカリスト・アーチスト・ミュージシャンの音楽活動・DTM・DAW・自宅スタジオ・レコーディング・デモ制作・CD制作・オーディション対策を徹底サポート!「歌ってみた」「こえ部」のミックス依頼も受付中!

バンドでメジャーデビューする方法 1


-最短でメジャーデビューに向けてバンド活動を成功させる方法-

※本記事は音楽業界(裏方)志望者向けブログ「音楽の仕事!」より移行中です。


ま:このシリーズでは、皆さんが気になる
  「バンドでデビューする方法」を取り上げます♪

け:師匠、バンドでデビューするにはどうすればいいんでしょうか?

バンドデビューするために必要なこと:ボーカルが良いこと



師:そうじゃのぅ、、
  バンドやユニットなどの場合、絶対必要なのは

  1.ボーカルが「抜きん出て」良いこと。

   「普通に上手い」くらいなら、いくらでも、捨てるほどおるからのぅ。
   ボーカル以外の楽器をやっている人が、「バンドでデビューしたい」と
   思うなら、まず「度肝を抜く」くらい良いボーカリストと組むことじゃ。

け:あちゃー!
ま:いきなりつまずいたね。。。
師:ん?
あ:いやー、ケンジのバンドは、ドラムとベースはうまいんだけど、、
わ:ボーカルのタケシが全然練習してこないらしいんですよ。。
り:ケンジもだけどね!
け:お、おい!(T_T)

ボーカル以外のメンバーの演奏力はそれほど重視されない



り:バンドの演奏力は求められないんですか?
師:もちろん、「プロとして」最低限の演奏力は求めらるが、
  無理なメンバーはデビュー前にクビになるだけじゃ。
け:こ、怖っ!
り:ど、ドライな感じっすね(-_-;)

わ:まぁでも確かに、、、
  「ドラムがスゴイから売れた」 とか
  「ギターがスゴイから売れた」 とかって話はあまり聞いたことがないもんな。

師:まぁ音楽専門学校のエンジニア科に入ってくるような子でも、
  入学するまで90%はボーカルしか聞いていないからのぅ。

  ボーカル以外のの楽器は、名前は聞いたことがあっても、
  「実際CDの中で、どの音がなんという名前の楽器なのか」
  さっぱり分からないようじゃな。

り:確かに、全然分からん。
あ:ワタシはピアノとバイオリンをやってたので、クラシックの
  楽器はなんとなく分かるけど。

音楽業界で仕事をしていくために最低限必要な知識



わ:でも、音と楽器の名前が一致してないと、
  「○○の音量を上げて!」 とか
  「××にリバーブをつけて!」とか
  言われても、何もできないし、要望も出せないですね。

師:そうじゃ。特に音響関係の仕事と編曲家は、
 「楽器名と音色をしっかり覚えておく」ことが絶対に必要じゃ。
  意外と専門学校でもあまり教えてくれないので、
  「音楽検定」などで自分で勉強しておくと非常に役に立つぞ!




ま:バンドでデビューする方法2に続きます♪

バンドでメジャーデビューする方法



バンドでデビューする方法1
バンドでデビューする方法2
バンドでデビューする方法3
バンドでデビューする方法4
バンドでデビューする方法6
オーディションに合格する方法 ~まずはデモテープの審査方法を知る1~

レコーディングエンジニアekato@mix依頼受付中さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス