バンドでデビューする方法3 | 1年でメジャーデビューする方法

1年でメジャーデビューする方法

プロのレコーディングエンジニアが、メジャーデビューしたいバンド・ボーカリスト・アーチスト・ミュージシャンの音楽活動・DTM・DAW・自宅スタジオ・レコーディング・デモ制作・CD制作・オーディション対策を徹底サポート!「歌ってみた」「こえ部」のミックス依頼も受付中!

バンドでデビューする方法3



この記事は、音楽業界(裏方)を志望する方向けのブログ「音楽の仕事!」から移行中です。


ま:このシリーズでは、皆さんが気になる
  「バンドでデビューする方法」を取り上げます♪

あ:「バンドでデビューする方法1
  「バンドでデビューする方法2」の続きです。
 

実績:最低でもワンマンライブ



師:
  3.ライブ動員、インディーズでのCD販売の実績

  ここが実際にデビューできるかどうか、の分かれ目じゃ。

わ:ライブ動員って、どれくらいが目安でしょうか?
け:30人くらい?
り:まぁ、ケンジのバンドには30人でもハードル高いけど!
ま:こないだもお客さん5人くらいだったもんね。。

師:
最低でも地元でワンマンライブができることじゃ。

  具体的には
   東京なら400人。
   大阪・名古屋なら300人。
   それ以外の都市では200人。

あ:えぇ~!そんなに?
わ:そりゃたいへんだなぁ。
り:厳し~!(@_@。

け:まけてもらえないですか?

師:いや、何か勘違いしてると思うんじゃが、
  ここでまけてもらっても、一つも得にならんぞ?

ま:どういう意味ですか?

現在のメジャーレーベルの力とは



師:そうじゃのぅ。。。
  1つ分かりやすい実例を話してやろうか。。

  ワシが某大手メジャーレコード会社のスタジオでレコーディングをしていた時、
  隣の部屋で、ある地方出身の新人バンドがアルバムのレコーディングをしていたんじゃ。

  1日30万円のスタジオを1ヶ月借り切っておったのぅ。

わ:1日30万円!プロのレコーディングスタジオってそんなに高いんですか?
ま:30万円*30日で900万円也!

り:ひょえー!(・。・;

師:その時のエンジニアやプロデューサーも、実績のある業界トップクラスの方ばかり。
  民放テレビでスポットCMも流れておったから、PV制作や宣伝費を含めたら
  1億円に近い投資だったじゃろうな。。

わ:そりゃヒットするでしょ!
り:間違いない。

師:ところが、じゃ。
  そのレコーディング期間中にライブがあったんじゃ。

け:ワンマンライブすか?
あ:ワンマンライブでしょ。
り:間違いない。

師:いや、普通に対バンで、そのバンドの動員は5人じゃった。。。

一同:えぇ~っ????

師:デビューシングルも5000枚も売れてなかったんじゃないかのぅ。。

あ:そ、そんな。。(・。・;

け:大手メジャーレコード会社ですよ?
わ:TVでCM流れてるんですよ?
り:す、レコーディングスタジオ代だけで900万ですよ?

師:実際、現在のメジャーのレコード会社の力は「そんなもの」なんじゃ。

あ:そう言われると、

  「メジャーデビューしているけどストリートライブをやっているバンド」見かけたことがある。。。

り:テレビの音楽番組でも、メジャーデビューしてるのに「バイトで苦しいッス」というバンドが出てた。。

わ:つまり、今は、

  「メジャーのレコード会社と言えども、
    アーチストを0からいきなり100にする力は無い」


  ということですか?

師:そういうことじゃ。

け:さっきの「まけてもらっても、得にならない」というのは、

  「そんな状況で無理やりデビューしても、惨敗するだけ」

  という意味ですね。。。。(T_T)

師:そういうことなんじゃ。。。。

「0から」は無理でも「10から」ならなんとかなる



師:しかし、
  「0から」は無理でも、
   自分たちで10くらいまでたどり着いていれば状況は変わってくるんじゃ。

あ:会社の立場から見れば

  メジャーの資本に頼らなくてもそこまで盛り上がるなら、
  「これは大儲けできるかも」
  って考えます
よね。。

わ:逆に、
  「実績が上がらない」なら、
  「そもそもそのアーチストやジャンルを求めるリスナーが少ないのでは?」
  と予測するのが会社として当たり前?


ま:あなたもレコード会社や大手プロダクションの社長(出資者)になったつもりで、
  自分のバンドを客観的に見てみましょう♪

り:あなたのバンドは「儲かりまっか?」

メジャーレーベル・レコード会社との契約



師:ちなみにメジャーレコード会社との契約は、通常
 「2年でシングル5枚、アルバム2枚を出す」というような形式じゃ。
り:うひょー!カッコいぃ~!

師:今のレコード会社は、
  ・とりあえずあまりお金をかけずにデビューさせてみて、
   「2年以内に5万枚のメド」がたてば契約更新、
   「2年以内に5万枚のメド」がたたなければ「ハイ、さようなら」
 
   「ある程度売れそうなら、レコード会社もガンバリます」というスタンスじゃ。

け:厳し~っ。。。

わ:というか、例えば担当ディレクターが「もっとやりたい」と思っていても、
  上司(レコード会社)を納得させられるだけのセールス実績を出せないと、
  結局は次の予算や企画のOKをもらえない、、、
  ってことですよね。。

あ:「バンドでデビューする方法4」に続きます♪





バンドでデビューする方法


バンドでデビューする方法1
バンドでデビューする方法2
バンドでデビューする方法3
バンドでデビューする方法4
バンドでデビューする方法6
オーディションに合格する方法 ~まずはデモテープの審査方法を知る1~

レコーディングエンジニアekato@mix依頼受付中さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス