天職★好きなことがわからないあなたへ その2) | 岡田歩★ トリニティ数秘術&希少アロマ!【天下無敵のエッセンス道場】

岡田歩★ トリニティ数秘術&希少アロマ!【天下無敵のエッセンス道場】

波動から本質を読み取るトリニティ数秘術 創始者・岡田歩のブログ
最高級のレア精油を使ったメディシナル・アロマセラピー
ヒーリング&瞑想であなたのエッセンスを抽出します!


テーマ:

トリニティ数秘術創始者の岡田歩です。

 

天職★好きなことがわからないあなたへ その1)の続き


で、天職についての続きなんだけどね、

 

天職って、なんか、言葉が濃いい印象がありますが、

ソフトな感覚でとらえるのがいいですよ音譜

 

ソフトな感覚っていうのは、こんなこと。

 

1 好きとか、興味があるとかの度合いは「ちょっと」でもOK。

 

それを実際にやってみることで、
自分にしっくりくるかどんどんわかってくるから。

 

好きなことが、天職のサインというと、

好きの度合いが激高くないと、

自分に許可できないって人がいるみたい。

 

トリニティ数秘術的に言うと、
マスターナンバーの11を持っている人はこの傾向が高くなりそうなんだけれど、

11はほとんどの日本人のお名前の中に見つかる数字なので、

こうゆう人、少なくないんじゃないかな?

 

じゃあ、どれぐらい好き度、興味度が高まったらいいのかというと、

それって、ただの自分の中の基準ですよね。

 

よくあるケースは、

 

自分がこれくらい興味があるというその度合いは、

いつも基準に満たないという判断をしてしまうというトリック ビックリ

 

だから、いつも「これ!」というものが見つからないということが起こる。

 

気持ちの度合いはちょっとでも、

やってみてOKなんだって、知ってほしいなぁ。

 

本当に好きなことって、やる前にはわからないことも多いよ。

 

人間の超大切な使命の一つは、体験することだから、

体験から学び、感じるような仕組みになってるからね。

 

 

2 向いてないことをしてもいいんだよ!

 

向いてないことをすることは、間違った行為って、

思っている節がないかしら?

 

 

これが好きかと思ってやってみたら、

つらかった、 向いていなかった。

 

別にシッパイでもなければ、

間違いでもないです。

 

まあ、つらかったかもしれないけど、

辛い体験をする、不快な体験をするは、

間違いじゃないです。悪い事でもないです。

 

不快だから、嫌だと思うけど。

 

それに気が付いたら、切り替えたらいいのだから

 

合うものにまた一歩近づいただけ。

 

そうそう、

トリニティ数秘のカウンセラー田辺マッキーがブログでこんなこといってた。

 

ネガティブはポジティブの前フリ

 

ちなみに、私の人生は、ちょっと気の毒なぐらい

あら、違った」の連続です(爆)

 

違ったおかげで、自分の偏った性質がうまくはまる状況ができた。

 

これに味を占めて、

また、違い続けるのかもしれないけど(笑)


 

それにね、向いてなくても、好きだから続けていたら、

だんだんできるようになって、そのうちめっちゃ上手に
できるようになることだってあるよ。

 

このタイプの人はね、
人に教えるのも上手になることも多いよ。

 

 

 

3 興味がなくてもやってもいいんだよ!
 

2に似ているけど、ちょっと違いますね。

 

「好きと思ってないことをやることは、

自分への裏切り」

 

ぐらいに感じる人もいるかも。

 

好きを極める時期なのか、

そうではないのかは、

 

自分のタイプや、自分の今いるステージによっても変わります。

 

たぶん、両方が同時進行なんだけど、

その割合が変わるんだよね。

 

私の傾向なんだけれど、

そんなに強烈にやってみたいと感じないこと、

でも、目の前にやってきたことをやると、

結果、自分に合っていることが、結構あるんだよね。

 

ヒーリングとか(笑)、

精油とか。

 

今だに、なんでいい香りが作れるかさっぱりわからんし、

調合が嫌いなわけでもないけど、そんなに興味ないです。

 

ものすごい不器用なので、

瓶詰とか、本当に下手。

 

でも、なんか、すごいよいものができ続けるし、

向いている範疇に入るはず。

 

かつて、精油を使ってボディワーク付きのヒーリングをしていたときは、

自分で言うのもなんですが、ちょっとマジすごかったです。

 

 

4 性格的にその仕事が向いてなくても成功したり、

向いているけど成功しなかったりするよ

 

成功というのが、うまく回る。儲かるとか、

そうゆう意味として考えるとね、

 

仕事は向いてなくても、それは起こる。

 

向いてないと、やるのが嫌になっちゃうかもしれないけどね。

 

私ね、翻訳の仕事は向いてなかったと思う。

 

つまんななかったし、死ぬほど誤字脱字多いし、

すっごいストレスだったから、休みになると蕁麻疹出してた(笑)。

 

翻訳した本を出したときには、ガチで歯が折れて入れ歯になった(涙)

 

でも、どうゆうわけか、翻訳の仕事をしていたときは、

どんどん昇格して、給料も上がってたんだよね。

 

 

あるいは、仕事の内容自体は、自分に向いてても、

関わる人の人間関係が微妙だったり、

時間のやりくりがうまくいかなかったり、

お商売だったら、どうやって宣伝していいかわからなかったり、

仕事の内容とは関係のないところで、結果が出ないってことも

ありありです。

 

 

5 でも、わたし恐いんです。

 

向いていなかったことを知ったら恐い、

上手くいかないことを考えた恐い、

上手くいったときのことを考えたら恐い

 

恐い理由にもいろいろあると思うけど、

 

「恐い」っていう強いフィーリングが沸き上がるぐらいなんだから、

そのことへの興味とか、思いとかも、強いってことだよね。

 

あなたにとって、どうでもいいことじゃないんだよね。

 

どうでもいいことって、恐がったり、あんまりしないよね。

 

 

というわけで、私がいいたいことはね、

 

 

その強さがどうであれ、

「何に興味があるか、何がやってみたいか、何が好きか」

それをヒントにしてやってみたら?

 

ってことなんです。

 

天職にまつわって、

こんなにいっぱい不確定な要素があるわけでしょ、

 

でも、少なくとも、

 

それが小さなことであれ「興味あること、好きなことを」を

自分に許すって、

 

自分に優しくしたってことです。

 

自分を生きたってことです。

 

その時点では、どんなことが起こっても、

かならず、その経験は、

次のステップ、より自分の本当のとことに導いてくれると確信してるんだ。

 

それに安心していいって、本当にそう思うんだ。

 

 

 


大好きなみえパン。やっぱりこれ、天職じゃなかったら、やーめたとか、

お願いだから言わないでほしい(笑)

 

 

 

岡田歩の個人セッション・メニュー

ドキドキ トリニティ数秘術カウンセリング 矢印 詳細
ドキドキ 数字セラピー 矢印 詳細
ドキドキ トータル・セッション 矢印 詳細

 

11月の岡田 歩の個人セッションの日程は

11月4日、6日、9日、10日、11日、24日です。
 

その他の日程をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。


全メニューはこちら

 

https://ameblo.jp/reconnect99/entry-11920924728.html

 

 

岡田 歩さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります