こんにちは。アクセス・バーズ ファシリテーターの川端です。

こちらの記事に、問題を解決することと、創造することの違いの事例が出ていたのでシェアしますね。

https://honcierge.jp/articles/interview/287

片づけコンサルタントの「こんまり」さんの記事です。そこから引用しますね。

しかし、ただ1つ問題がありました。当時の私は『片づけ=捨てること』だと考えていたので、常に家の中から捨てる物を探す毎日。でも捨てても捨てても、自分の心は満たされない。次第に身も心も疲弊していき、高校2年生の時に片づけのし過ぎで失神してしまったのです。

この経験を通して、「片づけって捨てることじゃなかったんだ。大事なのは捨てることではなく、残すものを選ぶこと、好きなものを選ぶことなんだ」と気づきました。そこで生まれたのが、「ときめく物を選ぶ」という現在の理論でした。

こちらの、「捨てても捨てても、自分の心は満たされない。」というのは、問題モードに入ってしまった時の良い例ですね。問題をひたすら解決しても一向に心は満たされないままです。
この問題を解決したら幸せになれるだろうと思っていても、実際はそうではない。

ここでこんまりさんが言われているように、好きなものを選ぶこと、自分が創造したいことを選択するということが大事になってきます。

潜在意識のブロック解除とかが、けっこう流行っている?ようですが、たくさん解除しても解除しても変わらないのは、ただひたすら捨てるものを探して捨てている状態と同じ。

自分が何を望むのか、それを選択することを忘れてしまっているんですね。
どんなクリアリングよりも「選択する」ことの方が強力です。

人生がときめく片づけの魔法はもう何年も前に読みましたが名著ですね。
片づけの本を読んで涙したのは初めてでした(笑

 

 

AD