「ライフワーク」と「ライスワーク」という言葉を知っていますか?

 

「ライフワーク」は人生をとおしてやりたいことで、

「ライスワーク」は、食べるために行う仕事という意味で使われているようです。

 

最初に言い出した人は、
この言葉を仕事をジャッジするためではなく、
自分が本当にやりたいことをやっているか、そうではないか、という気づきを持ってもらうために言い出したのだと思いますが、

この言葉をつかって、自分がやっていることをジャッジしている人もいるように思います。


今やっているのは「ライスワーク」で、
いつかはライフワークをやりたい・・・

 

ライスワークとしてやっているのだから、
これくらいでいいや・・・

 

もし「ライフワーク」「ライスワーク」というジャッジメントがなかったら、
あなたの仕事はどうなるでしょうか?
仕事への姿勢、働き方はどうなる?

 

人はジャッジしているものからは、受け取れるものが少なくなります。

 

あなたが「ライスワーク」だとジャッジしている仕事から、
本当はもっと沢山のものを受け取れるかもしれませんし、
受け取ろうとしていないから、「ライスワーク」のままなのかもしれません。

 

 

ジャッジメントを手放して、もっと多くのものを受け取りたいですか?
そんな人にはアクセス・バーズがお勧めです。
>アクセス・バーズ講座 10月9日 残席あり