東京都文京福祉センター様よりご依頼を頂き
11月3日、福祉センター祭りで
「光るグミ&フロートを作ろう」
を行いましたニコニコ

参加者数枠以上のお問い合わせいただき
満員御礼ハート
キャンセル待ちの方々もいまして
…お問い合わせや応募ありがとうございました!!




今回はみはるん先生とあきほ先生の2人が
講師デビューを飾ってくれましたキラキラ

笑顔弾ける聡明な大学院生
みはるん先生☆


子供達と触れ合うことが大好きな
あきほ先生☆


まずは
グミってどんなもの?


親子や先生たちと
「普段はどんなグミが好き?」
「何味が好き?どんな食感?」
アイスブレイクタイムでお話したよウインク
みんな色んなグミを知ってるんだねラブラブ


何からできているのかな…?
グミ作りの大事な材料の名前を知りました!

グミの言葉の由来って知ってた?
みはるん先生の早口言葉には大盛り上がり星
子供だけでなく保護者もメンバーも
思わず笑顔に爆笑キラキラ


さっそく
グミ作りスタート!

慎重に計量中…目盛りの見方もしっかりな姿キラキラ

こちらは先生と共同作業ウインク

さて、次は最終作業!
カメラ目線をくれたかと思えば…

真剣な表情でラストスパートキラキラ

こちらはお父さんとの共同作業ルンルン

さて、グミを固めている時間は
他にも固める食べ物を話してみようタイム星
「固まっている食べ物から連想してみよう流れ星
あきほ先生が
子供達から出てくる言葉を拾えば
どんどん出てくる!
ニコ「たまご!卵焼きになるよ!」
ニコ「氷!」「アイス!」

さて、親子で話してみよう!!キラキラ
先生たちも親子の会話を引き出して
単語から会話を広げて
対話を成り立たせていきますガーベラ


「お家の食事で固まっている食べ物…出てくる?」
ニコ「麻婆豆腐作った時にお母さんと片栗粉入れたよ」
「よく知ってるね!お家でお手伝いするのかな?」
「お母さんと最近作った料理は?」

親子間に各班の先生も交えて
固める食べ物以外に広がる食に関するお話にキラキラ

 あきほ先生が小学生の頃に経験した
ところてん作りのお話で一気に子供たちとの距離がより縮まる…
そして!固める食べ物の特徴タイム星

ぷるぷるっ!サクサクっ!
食感を身振り手振りで表してくれる
あきほ先生に
子供たちも興味津々流れ星

みはるん先生にバトンタッチしたら
今回の大事なポイント!!
どうして光るグミは光るの??
ビタミンのお話の時には
内容に興味津々なお子さんが
思わずモニター前に起立して集中する姿!爆笑ラブラブ

みはるん先生がビタミンの動きの違いを
身体の動きを使って伝えてくれました音符


ビタミンの言葉探しでは
成分表示を自ら覗き込んで興味津々キラキラ

お母さんと一緒に確認する子もキラキラ


さあ!お待ちかねの
光らせようタイム星
思わず歓声が…!

「もっとライト照らしたいー爆笑
そんな様子が伝わってきます!

部屋が明るくても夢中な子供たち爆笑キラキラ


光るグミを使って
フロート作りトロピカルカクテル
アイスクリームもいっぱい乗せてラブラブ

上手に出来たねピンクハート

フロートも光らせたら…


みんなで
いただきまーす!




みんな
上手にできましたねラブイエローハーツ

親子から感想文
いっぱいもらいましたキラキラ
(以下に画像で掲載!ご覧下さい☆)

親子で考えたり
気付いたり…
体験を通して思い出や興味に結びつき
食育や科学を認識しながら
楽しんでもらえた様子のコメント
嬉しいですハート

サポートスタッフには
栄養学を学ぶ大学生や栄養士、
理系大学院生と副代表音符
講師含めて6人で伺いましたニコニコ

ご依頼を下さった文京福祉センター江戸川橋様、
ご参加された方々、応募下さいましたが残念ながらお会いできなかった方々、日頃より応援して下さる皆様に感謝致しますハート

今後とも
食育×科学 れしぴ研究所を
よろしくお願いしますキラキラ










ありがとうございました!!ラブ



食育×科学れしぴ研究所は
随時ワークショップ出前授業の
依頼を承っていますニコニコ
 
簡単な科学から
高校生や大学生で習う原理まで
年齢に合わせた内容を作っています。 

また
参加者全員が理解しやすい伝え方や
楽しく学べる空間づくりをしながら
ワークショップ講座を行っています。

扱ってほしいキーワードがありましたら
新しいコンテンツの開発
ワークショップ開催提供も行います。
いつでもお気軽にご連絡、ご相談くださいキラキラ
 
TwitterやInstagramも始めましたので、
フォローのほどよろしくお願いします!!

星食育×科学 れしぴ研究所星
「科学を通じて
 食の大切さと科学の楽しさを伝えます」
mail:  recipe.ken3@gmail.com