頭痛 | 秋田県角館町~整体バカ一代~

秋田県角館町~整体バカ一代~

昼は整体師、夜は武道家という二つの顔をもつ夫を支える妻のドタバタ日記
整体院での出来事や症例、日々思うことをつづっています。

ジメジメ、ムシムシして嫌な梅雨時期ですが、

気象病の症状の中でも最も多いのが頭痛です。

頭痛は梅雨に多くなる症状で、いわば血管がむくんだ

ような状態になっています。

東洋医学では、気象病の多くは【水毒(すいどく)】

だと考えられています。

水毒とは、汗やリンパ液など、体液の循環が悪く

なった状態のこと。

頭痛は、血液に水分が溜まって血管が拡張し、神経を

圧迫することで起こります。湿度が高く汗をかきにくく

なる梅雨は、特に頭痛が起こりやすくなります。

気象の影響で起こる頭痛としては、まず片頭痛が挙げら

れます。ズキズキと脈打つように痛むのが特徴で、

片頭痛という名前の通り、多くの場合が頭の片側だけ

に起こります(両側に起こることもあります)。

中には、緊張型頭痛が現れる人もいます。

頭がぎゅーっと締めつけられるような痛みが特徴。

ただ、この頭痛は血管が拡張して起こるものではなく、

後頭部や首の後ろ側の筋肉が収縮することが原因。

同じ頭痛でも、気圧の変化によって血管に影響を受ける人、

筋肉に影響を受ける人がいるということ。

それぞれの自律神経の“バランスの乱れ方”が違うのです。

頭痛を含め、天気によって体調が悪くなる方は我慢せず、

当院へご相談ください。

骨格の調整や筋肉の緩和、施術により全身の血流を良く

して嫌な梅雨時期を乗り越えましょう!!



人気ブログランキング
人気ブログランキング

からだ回復センター角館のホームページは下記のバナーをクリックしてくだい!




肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


℡  0120-077-489



・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩