地獄行き列車から抜け出すために(14-1)悪魔のサイン ルシファーからのサイン | 悪魔祓い師*加藤好洋が伝える天と和解する為の秘儀と奥義

悪魔祓い師*加藤好洋が伝える天と和解する為の秘儀と奥義

この世とあの世の真理を紐解く。

脳科学、商い、成功法則(物理)、天、悪魔、(霊的世界)そして清濁合わせ飲む生き方。

悪魔祓い師加藤好洋が天と地から授かった秘儀をお伝えしております。

● 地獄行き列車から抜け出すために(14-1)
悪魔のサイン ルシファーからのサイン




6月に入り、シーズンが切り替わったことを
切に感じております。


 

もちろん季節ではなく霊的な意味でのこと。


 

物理の終わりを示す数々の現象



 

それについてはこのブログを読んでる方々には
説明の必要は無いでしょう。


 

今までの真っ当な生活が出来なくなって来ている。

 

今月からそれは更に加速して行きます。

時代の流れについて来れない人々は狼狽し、
現状を守ろうと争い、物や仕事を奪い合う様になる。
 

 

学んでいる人々は物理への執着から離れる方向、

霊的に生きるべく模索しているが、
なかなかそれを捨て切れないで居る。


 

伝えている僕自身、衰退していく、
暗くなって行く様を観ていて少なからず
寂しい気持ちを感じていますから。

 

 

先日、情報を得る為にある試みをしました。
 

訳あってまだ伝えることは出来ませんが、
霊的な存在との交流です。
 

 

直後に起きはじめた事象は、これから起きる、
人の意識への大きな影響が示唆されていました。



 

物理的な人、霊的な人、共に思想に走る様になります。



 

目に見えないものに縋り、そこに救いを求めていく。

偽霊能者、偽預言者、宗教を心の拠り所としていく。



 

それも以前から伝えていること。

 

知ってます!という方々も多数居るでしょう。


 

では、ちゃんと備えてますか?


 

備蓄をしている方は多少の安心感は得られるでしょう。


 

しかしそれはあくまでも物理的な領域での
安心感。
霊的な領域に移行する準備はまだ出来ていません。


 

今後人々は思想に走ります。


 

身体、エーテル体の世界から、思考、
アストラル体の世界へと軸を移していくのです。
 

 

そうなる前に心を鍛えておく様に指導をして来ました。


 

個人売買、稼ぐ、ペットを愛でる、他者への興味等々、

 

全ては心を鍛える為に必要な課題でした。


 

やって来た方、やってない方、
そこに大きな差が現れ始めます。



 

その行為から得たものだけでなく、
僕から流れて来たものを受け取れているか?
が重要になるからです。


 

講演に来られた方々にはその意味が分かると思います。


 

思想に走る。

 

その思想とは天からのものか?地からのものか?

判断するのは至難の業です。



 

悪魔について、天について、

知りたいのなら、先ずは人間から知る必要がある。


 

人間を知り、導いて行ける者は、
まず悪魔側の人間と覚えておいてください。



 

お前はどうなんだ?



 

悪魔だと最初から言うとるやないの!(爆)

いつ僕が神や天使だと言いました?



 

明は?ナルトは?一護は?うしおは?アスタは?

何の力で仲間達を護ったのでしょうね?


 


 

 

先程2つのサインが来てました。

 

 














↓↓↓



↓↓↓





 

 

 



 

教本と死骸



 

モルモン批判ではありません。

宗教全般と捉えてください。



 

首の無い皮膚を抉られた鳩の死骸

 

再三、提示されてきた悪魔の関わりを示すサイン



 

時期が切り替わる時には必ず表れています。

 

参考までに過去のサインを幾つか





※画像が続きます






↓↓↓



↓↓↓





 






image











 

僕や生徒に示されたサインたち

 

聖書でも鳥がサインとなってますね。



 

鳩と烏



 

烏からのサインも最近生徒が受け取っており、
それは寧ろ、和の方向への導きでした。
 

 

このサインが示す意味、今後の流れ、
注意点については主にYouTube動画で語って行きます。


 

文字よりも情報乗せやすいからです。



 

このブログからお伝えしたいことは一つ


 

霊界、情報空間を彷徨わない為、
軸をしっかり作っておきなさい。


 

ということ。



 

悪意を善意へと昇華し、天に返すのが僕の仕事。

 

 

メッセージに使われた鳥たちも送っているので
ご安心ください。

 

 

 

 

 

つづく

 

 

***********************


最新 → 更新★ 加藤好洋「講演・イベント・徒弟制度」情報

 

 

■リンク集■