地獄行き列車から抜け出すために(13-5)学ぶ。習う為の姿勢② マザコンはご法度 | 悪魔祓い師*加藤好洋が伝える天と和解する為の秘儀と奥義

悪魔祓い師*加藤好洋が伝える天と和解する為の秘儀と奥義

この世とあの世の真理を紐解く。

脳科学、商い、成功法則(物理)、天、悪魔、(霊的世界)そして清濁合わせ飲む生き方。

悪魔祓い師加藤好洋が天と地から授かった秘儀をお伝えしております。

● 地獄行き列車から抜け出すために(13-5)
学ぶ。習う為の姿勢② マザコンはご法度





その昔トライアルを受けに来た認知出来ない子供が、

「自分でやります!」 と言って帰って行きました。



自分スゲーの典型ね(笑)

もちろん勘違いで全く通用しない。
何年か後に指導受けに来ました。


が、エゴと認知障が激しく、結局恨み言を言いながら離れて行きました。



学歴で自分イケてると思っちゃう。
学歴社会の弊害を表す事例です。


そして、自己肯定が正しい!という洗脳に
ハマった事例でもあります。



学歴もあって仕事出来る人間も居るので
一般的に、と解釈してください。



学校教育によりコンテンツに馴染む型が
出来上がっており、そこからは中々抜け出せないもの。



感受性の高い、かつ柔軟な時期に収容所
ぶっ込まれるわけですから、
影響受けるなという方がムリでしょう。



で、学校教育には自己肯定式が効果的なんですね。



記憶するだけなので、頭ん中快にしておく方が
良いわけね。

応用問題も同様に、それで上手く行く。



何故なら全て型の中だからね。







それが社会に出るとどうなのか?



もちろん型はある。しかしそこには不条理、
想定外というものが数多く存在している。


更に仕事では他の人間という不確定要素が関わって来る。


向き合うのはテスト用紙だけではない。


また、学校教育には無い世の理というものが存在している。


そもそも、社会で使わない事をビッシリ記憶させるのが
学校教育であり、理とはかけ離れた事だけを学ばせるワケよね。



戦勝国の意向により、無力な、思考出来ない奴隷を作る為の教育でね。


それを誇ること自体がもうギャグでしかない。

上手く行くわけがない。



しかも、勉強(試験用)する事がこの世で
一番良い事と刷り込まれた社会がそれを煽る。


中でも無知な指導者、無知な親という
愚かな生き物を使い堕落させる。



この子、極度のマザコンで、母親には何も言えない人間でした。


甘々な母親に溺愛されて育った弊害もある
分かり易い合併障事例。



悪魔を出し抜け!にも書かれている通りの
雛形的にコントロールされている。



学歴なんて過去のものに無駄なプライド持つんでなく、
現在取り組んでいる仕事の結果に誇りを持つ。


母は有難いが、大人になったらその影響から
抜けて行かねば自立は無い。


親や一族からの柵、制限の超え方や
社会で結果を出す為に必要なことを教えるのが
人生における指導者です。



親は

「勉強しなさい。」
「いい会社、いい仕事に就きなさい。」

プラス 
「いつまでも子供のままで居なさい。」


と教えますよね?生涯



こちらも感受性の高い時期に刷り込まれます。
ニドイッタ





そんな教師や親に従う型にハメられ、
思考停止にされた者を思考出来る人にして行くには、
先ずは型で教えて行くしかない。






認知を狂わされてるので自分で考えるのは無理。

故に一度自由度の高い別の型に嵌め込み、そこから崩していく。


それが脳科学や自己啓発です。


その型を経て、真理追求や自我を活かす方法へと
移行するとスムーズに行きます。


その際には信頼が最も大切になるわけです。



もう一度言います。
自分で考えるのは無理!なんです。ニドイッタ




それ出来てたらとっくに上手く行ってます。
成功も性交も思うまま(笑)
心技体整っているはずです。



同じ考えをグルグル巡らせているだけの
ルーチンワークでしかない。



そして、そんな自分を観れない。
認知出来ないのが一番の障害なんです。




他者を認知する事も出来ないけど、
一番ダメなのが自分自身の認知。


これ常識! という認知障
自分出来てる! という認知障



そこを改めるのが上手く行く為に必要なこと。



黙って指導者の言うことを聞く。
そして実践する。

それが今の人間がルーチンから外れる唯一の方法です。







自分で考えられる様になる事が大切なのは当たり前だし、
そうなれる様に指導してます。


支配、洗脳をかけてないのは
個人セッションを受けた人間なら分かっていること。


それやってたら、こんなにナメられてるわけないやろ!(爆)



そうなる為に一時、影響されるものを指導者に変える。
まっつぅぐ指導者の教えを受け取る。



掛け持ちしてたら何も変わらないのは
前回書いた通りです。



親や学校、宗教の教授の教え、型から
僕の方へ目線を変える。


それをやるには親の支配から外れなければ土台無理な話。


親に気を使うという事は、親の支配下ということ。


なので、親離れしていないお子ちゃまの指導も
出来かねます。


それをする為に指導して欲しい。なら別やけど、
難しいのよね。



基本言うこと聞かないから。
親の言うことが一番大事やから。



出来ないなら無駄だから一生親元に居てください。


自分形成に大切なのは、何から?誰から影響を受けるか?なのですよ。


故に、お子ちゃまの個人指導もお断りさせて頂きます。

 

 

***********************

最新 → 更新★ 加藤好洋「講演・イベント・徒弟制度」情報

 

 

■講演会(6/6) 開催!!!■

次回講演会は6月6日開催!
詳細はこちらから


 

■リンク集■