地獄行き列車から抜け出すために(13-3)身体、他者からのサインを受け取る。 | 悪魔祓い師*加藤好洋が伝える天と和解する為の秘儀と奥義

悪魔祓い師*加藤好洋が伝える天と和解する為の秘儀と奥義

この世とあの世の真理を紐解く。

脳科学、商い、成功法則(物理)、天、悪魔、(霊的世界)そして清濁合わせ飲む生き方。

悪魔祓い師加藤好洋が天と地から授かった秘儀をお伝えしております。

● 地獄行き列車から抜け出すために(13-3)
身体、他者からのサインを受け取る。




その日玄関を出ると、目の前に
作務衣が干してあった。


 

懐かしさと、何やら上がる感じがして
そのまま羽織って出掛ける。





※イメージ図


 

最近体調が最悪で、この日も吐き気と頭痛、
ダルさ増し増し、インプットしながら目眩までする始末。



 

事務方に連絡しカードを引いて貰うと、
たくさん抱え込み過ぎだということ。
 

(物理への執着ではなく一安心)笑



 

毎度の事ですが、やはり出し過ぎという結果になる。




※イメージ図


 

自分ではその感覚が無く、なかなか修正出来ずに居たところ。



 

初心に帰る。

未熟な者が描く願望を叶える方向へ。



 

初心てなんだろう?

 

 

世界を変える!は初心ではなく…

治したい!もその流れから来るもの…

亡くなった娘と話したい。も、ちょっと…
 




 

ふと、羽織った作務衣に目をやる。

 

 

あ!アレや!未熟な者、餓鬼の頃の夢!



 

超人になる(笑)
 

 

悪魔くん、デビルマン、バビル2世

に、成る。(笑)


 

 

何故作務衣からイメージ出来たかというと、

この作務衣、実は真言密教を学んでいた頃の制服でした。


 

そこへ行った理由が超能力者に成るため。



 

阿闍梨になるとか、無我の境地に至るとか、
そんな殊勝な気持ちではなく、


 

たまたま100円コーナーで買った、
七田式右脳開発の本に書かれていた不世出の天才、
大超能力者空海さんのお話に端を発するものでした。



 

虚空蔵求聞持法



 

これを唱えるだけで超能力が開発される?

それは無いだろうけど、真言宗には何かありそうやな。


 

そして同時期、たまたま友人から誘われていたのが
真言宗のお寺での修行。

 

一度は断ったが、行く!と連絡し、即、修行を開始した。

 

凡そ15年ほど前かな?
 

その初日、住職が僕の顔を見た途端に
近寄って来て、

「君はなんて名前なんだ?」

と名札を覗き込んだ事も思い出した。



 

友人曰く、「救いを求めているみたいですね。」
 

最近になってその意味も分かって来た。

 


 

その件はともかく、仕舞ってあったその時の
作務衣をたまたまバイト君が干していたのだねコレ。

 

 

僕の初心は師として指導することではない。

自分自身が正義の能力者となることやった。

 

 

その瞬間、草臥れた顔に生気が蘇った気がした。

…性器は意気消沈気味ですが…(笑)

 

 

生徒達と向き合い過ぎていたな。と、
この時間違いに気付いたのです。


 

 

もう指導をしない。というわけではなく、

僕は親方である前に職人、

リーダーではあるが先生ではない。

親父ではあるが母親ではない。アタリマエw

 

 

親父は子と向き合うのでなく背中で引っ張って行くもの。
 


 

暫く幼な子をかまい過ぎてたな。と
改めて気付いた次第。


 

 

来月のテーマは審判、復活

神からのオファーに即応えられるか?を観られるそうな。



 

で、6月の死神

根底からひっくり返すんだそうな。

 

 

面白いもので事務方に観て貰ったサビアン、
占星術の通りに人生が進んでいる。

 

 

これは生徒にも勧めているが、
僕からセッションで言われる事とサビアンが
ピッタリ一致しているので相乗効果となっている。

 

中にはセッションより分かり易い
占いに走る者も居るが各自好きにすれば良いだろう。



 

着いて来ない者は関係ない人間。

完全に意識から外れて行くだろう。






 

また自分自身の能力の追求へ向かう嬉しさから
体調も戻りつつある。


 

ワクワクしている。(笑)
 

 

神頼みした体調、体型の改善はこの様に、
意識、行動の変化による効果。という格好で進んで行く様だ。

 






 

体調、体型の下落含め、作務衣、カード、
全てがサインとして授かったもの。


 

指導力も上がったが、そこが最終目的ではない。


 

自分と同じ体験をした者にしか同じ能力は持てない事を知る。

それも僕のサビアン。
 


 

世界一の能力を皆が持てるはずもない。

 

 

理解されない事への限界も感じている。

分からない者はそのまま放っておく。



 

離れるのも良し。

 

 

俺の本当の実力を知り、憧れを持つ様なら
また勝手に着いてくるのも良し。



 

何度も言う様に組織化するつもりは更々無い。



 

もう、いい歳こいた幼な子に救いの手を差し伸べることもしない。


 

気が向いたら勝手に最強の背中を追いかけて来なさい。

 



 

つづく

 

 

 

***********************

最新 → 更新★ 加藤好洋「講演・イベント・徒弟制度」情報

 

 

■講演会(6/6) 開催!!!■

次回講演会は6月6日開催!
詳細は後日改めてお知らせします。


 

■リンク集■