地獄行き列車から抜け出すために(13-2)斟酌する者により人生は決まる | 悪魔祓い師*加藤好洋が伝える天と和解する為の秘儀と奥義

悪魔祓い師*加藤好洋が伝える天と和解する為の秘儀と奥義

この世とあの世の真理を紐解く。

脳科学、商い、成功法則(物理)、天、悪魔、(霊的世界)そして清濁合わせ飲む生き方。

悪魔祓い師加藤好洋が天と地から授かった秘儀をお伝えしております。

● 地獄行き列車から抜け出すために(13-2)

斟酌する者により人生は決まる




人は常に変化しています。


妄想したこと
夢で見た情景
今観たストーリー
今見たテレビのニュース
今聞いた他者からの言葉
作業や運動による身体への負担


思い、言葉、行動が影響を与え、
新しい自分を生み出している。

例に挙げたのは意識に上がるもの。



無意識への影響における心の変化、
それは行動を変え、結果、現象も
全く違うものに替えてしまう強力なツールです。


これ、僕も散々伝えてきたし、

石井先生、西田先生、苫米地先生等の教えにより、
学ぶ気持ちのある人で知らぬ者は居ないだろうし、

本も読まず反応のみで生きている人間でも
サブリミナル位は知っているやろ。



知っている。


ただそれだけ。








今の日本人には、知って終わり。の仕組みが
根付いている。


それを活かすこと。応用を効かすことが出来ない。


知識は智慧に変えることが大切。
実践に使える様に作用させる。ということね。





YouTube動画でまっつぅぐ受け取れ!
という話をしました。



指導者の元へ学びに行く以上、
全て受け取った方が上達する。


ていうか、受け取らないなら行く意味ねーっつーことね。








という事ですわ。


なんだかんだと理屈を付けるが結局は
やりたくないだけ。




ホメってやらない理由コジコジしとるだけやから、
こういう人間はまず変わらない。


学生時代、仕事習う前の僕のマインドは
確実にそうだった。


社会に出て立場が変わる毎に
それでは生きられなくなって来た。


つまり、未熟な餓鬼の思考パターンなのですなコレ。


それが駄目とは言いません。
自由にやってくれたら良い。




ただ、そういう人を中に入れると消耗するから
僕んとこには来ないでね。




信頼無き伝授など無意味。


黒帯の結果を観ると如何に信頼が大切か。
が分かるはず。



後は本人の成長への渇望感次第。



ここで勘違いし易いところが
信頼と依存。

求めるだけの関係も成長へは向かわない。



師を喜ばせたい。役に立ちたい。という想いが
自身の成長を加速させる秘訣。





僕自身、学ぶ際にはそういう気持ちで
活動して来たから分かること。



広告塔と成る様精進する!
この教えを世界に広める!




そんな気持ちで取り組んだからこそ、
真髄を受け取れた。


(何を持って大口を叩くか!と仰る方は僕の結果、
実績をご覧くださいませ。
治療効果、集客、生徒の変容体験ね。)



それが斟酌(しんしゃく)


忖度は上の者に対する配慮という使い方が
一般的だが、元々は推測するだけの意味。


斟酌は気を使い行動すること。


加藤に気を使い行動する=強く影響を受ける。

人は関係を持つと混ざり合う、平均化するもの。




先日の技能編では分かり易くその現象が起きた。


熱い子と停滞気味な子がエネルギー交換すると、
停滞側の子の手が赤く火照った。








離すとサッと色が引く。また通すと赤くなる。
と、それは一目瞭然。



エネルギー、無意識領域には
物理的距離は関係ない。



信頼関係は離れていても強く作用する。



故に、師を想う気持ちが強いほど、
師の影響を受け、その力も使うことも出来る。



お互いを想う気持ちが強いほどに影響は強まる。

人間とはそういう仕組みを持って存在している。


神👈愛、善意👈呆け👉悪意、敵意👉悪魔



どこにベクトルが向くか?
何を意識するか?
誰を意識するか?



何に、誰に斟酌するか?で、
その人の行く末が分かる。ってわけね。


微差は大差となって行く。

 

 

 


この動画はよく馴れたインコと戯れた後のもの。

普段は横を向くイワシャコが抱き着いて来た様子。
この後も手に乗り居心地良さげでした。

が、数分後にはまた背を向ける。(笑)



慈愛と幸せな気持ちで向き合うと
動物は警戒心を解く。


お互いの親である創造主に近づくから。


そしてまた普段の自分に戻る。


瞬間瞬間、人は変わっているのだよワトソン君。


つづく


 

***********************

最新 → 更新★ 加藤好洋「講演・イベント・徒弟制度」情報

 

 

■講演会(6/6) 開催!!!■

次回講演会は6月6日開催!
詳細は後日改めてお知らせします。


 

■リンク集■