image
美しい薔薇をイヤだと思う日がくるなんて。。。

それは、娘の誕生日のお祝いにと頂いたお花の中に薔薇の花束があったことから始まりました。
鉢植えのお花は植え替えさせて頂きました。
難儀なのは薔薇の花束です。

まだ花開く前のステキな真紅の薔薇。
花器に生けるだけではなく
記念に残しておこう…と考えたのです。
それが大変の始まりでした。

ドライフラワーにする…と決め、準備に入りましたが
5キロのシリカゲルに入れられるお花の数は10個足らず。
後は生ける他ありません。
ラッピングを解き、葉を落とすだけでもかなりの労働です。

時間に余裕があったら
どんなに優雅な時間だったでしょう。

それが、雑務満載の月末
薔薇をきれいだとも思えず、ただただイライラ

早く片付けて家をでなくては…と焦りは最高潮。
生けるだけの花瓶もそろっておらず
結局は、キッチンにあったゴミ箱が目に入り
とにかくお水につけました。
image

薔薇の花に罪はなく、綺麗に咲いてくれているだけです。
でも、気分は乗らない。

こういうこと、あるんです。
相手が問題ではないのです。
自分の状態がそうさせるのです。
いつもなら「きれいね」…と愛でることができるものですら
イライラの原因になってしまう。
自分が余裕の無さをつくっているだけなのに。

薔薇はイライラの対象ではなく
きっかけでしかないのです。

トゲトゲした気持ちを少しでも軽くするために
こうして写真を撮って収めつつ過ごしました。

真紅の薔薇はドライフラワーにすると黒くなるそうです。
それでもせっかく買って来たシリカゲルなのでどうにか埋めました。

今後トライしてみようと思われる方、興味のある方へ
手順を写真にしました。

image
まずはガクのところでカットしワイヤーを突き刺して花の上部に出るまで通します。
それをクルクルッと巻いて、シリカゲルの中に入れやすくします。
image
これは、ドライフラワー用のシリカゲル。
そこらへんでは売ってません。ネットで購入できます。
私は扇町駅近くの業者さんまで買いに行きました。

image


image
image
花びらの間にも丁寧にシリカゲルを入れるそうですが、私はザバッとかけただけです。
もう、このころにはヤケになっていた感じです。

image
短く切ってしまったものは、こんなふうにしました。
image
なんとか飾れる程度に出来上がってくれていますように。
2週間後を楽しみ待ちます