星の海 | 名もなき詩

名もなき詩

ゲイである作者が想いを作品として書いています。
僕個人としての感性なので万人受けする内容のものではございません。
不快に感じたり気分が悪くなるようであればお戻りいただけたら幸いです。


テーマ:




僕が歩けば



景色も変わる



僕が止まれば



世界は変わらない



雨 風 雪 雷 降り注ぐ



この胸に星を詰めて



空を感じて歩きたい



私は自分を信じていなかった



それは本当の自分じゃなかった



自分を信じられなくちゃ



誰も信じられないし



誰からも信じてもらえない



いつしか孤独を愛し



傷つく事からも逃げた



深い闇の底で待っていたのは



本当の自分の手



私は私の手で過去を拾った



孤独は大嫌いと泣き叫んだ



その想いを受け取ると



微笑みながら



過去の自分は眠りについた



僕が僕を信じれば



星空を自由に歩ける



希望さえ捨てなければ



足跡は消えない



さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス