某お方の紹介でお友達のウエーバーをOHする事になりました。
イメージ 1

っお! イタリー製のボローニャ刻印じゃないですか!いいですね~。
外すまでは使ってたみたいなんで 見た目はそれなりですが中は・・・?
とりあえずバラして見ました。ダウン
イメージ 2

ありゃ? 
燃料も残ってましたがその下にはヘドロのような・・・もしかして!ダウン


イメージ 3

アンダーカバーを外したら。。。はいはい!お決まりの潮吹きですね~
かろうじてエンジンを始動していたからこの状態ですが、よくエンジンが始動したと思いますョ。
って言うか、マジでくっさぁ~  
それはそうと、バラしてたら何やら変な物が出てきましたよ。。。
何?ダウン
イメージ 4

もしかして・・・ダウン


イメージ 5


ミルク入り?(爆) 何をしたかったんでしょうかね~?
缶コーヒーの空き缶を加工して入れてました?ベンチュリーの代わり?
ワシには意味が分かりません、ちなみに現在のオーナーさんじゃないですよ! 
さておきウェーバーをバラす時に気をつけないといけないのがネジ類です
ウェーバーはネジ部分にロック剤を使用しない代わりにカシメるんです!
例えば、バタフライのボルトですが、ソレックスはネジロック剤を使ってますがウェーバーはカシメなんですダウン


イメージ 6

これを力ずくで緩めるとネジ山が壊れてシャフトごと交換って事になるんで
バラす時はカシメ部分をリューターで削らないとダメですョ~ 
こんな感じでねダウン


イメージ 8

ほんで、全バラOK!ダウン

イメージ 7

   


              後はマニ待ちです。