リフォーム or リノベーション | 賞味期限は本日限り!生リアルネット

賞味期限は本日限り!生リアルネット

積水ハウス不動産ネットワーク
シャーメゾンショップ都島店社員ブログ

住まいを探す際、借りる・購入するに関わらず、よく目にする

 

 『室内リフォーム済み!』

 『室内リノベーション済み!』

 

というキャッチフレーズ。

これがあると目がいってしまいがちではないでしょうか。

新築、築浅物件は家賃や価格がどうしても高い、かといっていくら

安くても中古物件であまりにも室内が古い、水廻りに清潔感が無い

のはNG・・・・。これは物件を探す際まず考えるところですよね。

 

そんな中、室内が新築物件なみにきれいで安ければ築年数は

目をぶれるという方も数多くおられるかと思います。

では上記の『リフォーム済み』、『リノベーション済み』ではどう違う

のでしょう。

 

 リフォームとは・・・

  一般的に老朽化した設備、内装を新しくすることを言います。

  クロスの張替えからキッチン、浴室などの取替など簡単に

  言えばマイナス だったものをゼロに戻すイメージです。

 

 リノベーションとは・・・

  リフォームよりもより大規模な工事、いわゆる給排水、電気

  ガス配管なども刷新し新築時以上に性能を向上させ新たな

  機能や価値を生み出すことを意味します。

 

ただ、あくまで定義上であって通常のリフォームも大々的に

リノベーション済み!とうたっているものや、その逆もあります。

配管などは見えている部分ではないので見た目での線引きは

難しいかと。参考に2物件見比べてみて下さい。

 

 

朝日プラザ阿倍野 2LDK(64.35㎡)

2018年8月、フルリフォーム済み

販売価格 2,598万円

 

旭コーポC棟 1LDK(56.18㎡)

2018年8月、フルリノベーション済み

販売価格 1,990万円

 

 

仲介手数料割引キャンペーン実施中

HPはこちら

都島 不動産