みずがめ座η(エータ)流星群 | 飲食店デザイン・空間デザイン REALIZE / 若山 昌美のブログ

みずがめ座η(エータ)流星群

流星群の活動が最も活発になる「極大」は、5月6日午後5時ごろの予想だが、日本では明け方の1時間くらいしか見ることができないため、2022年は5月6、7日の午前2時ごろから午前3時半ごろが観察のチャンス。ピーク時には1時間で5個ほどの流れ星が流れるという。数は減るものの、前後数日間(4日~8日)は観測できるそうです。