木の芽時

テーマ:

4月の研究会は、7日土曜日の17:40分から行います。テーマは、「木の芽時」。

春は一番精神状態が不安定になりやすい時期だと言われています。

木々に新芽が出る早春の季節は、急激な寒暖差が体にとって非常に大きなストレスになります。気温が安定せず、初夏を思わせるような暖かい日があったかと思うと、翌日は花冷えで気温がぐっと下がるなど、気温差が激しくなる傾向にあります。このような気温差は体にとってのストレスになります。

また、冬から春に変わる過程で、人間の身体もある種の冬眠状態から醒め、活動的になる準備を始めるのですが、中には、生活習慣などの影響でそのバランスがうまく取れずに情緒不安定になる人が出てきやすいとも言われています。

さらに、春先は進級、進学、異動、転居など社会的なストレスにもさらされる時期でもあります。昔の人は「木の芽時」といって、このように木の芽が生える時期が、人の心や体に変調を来たし、一番病気になりやすいときだと、警戒していたそうです。

それに対して適切な対応ができないと・・・、事実、5月は自殺者が増える“魔の季節”とも言われています。

今回は、そのあたりのことも意識して相談事例を通して、ロールプレイのスキルアップを図っていきたいと思います。

 

ロールプレイ事例:「もう死んでしまいたい」

●クライアント:田口エミ(19)、浪人生

私は今、精神科に通っています。うつ病ではありません。最近『死にたい』とか、何もしたくない日が続いています。リストカットも何度もした事があります。

私は、両親に嫌われていると思っています。 母親は、私が病院から帰ってくると、お釣りの話をし、父親は、私のする事に頭ごなしに反対する。

だから、片方の親だけでも、『今日の診察はどうだった?少し落ち着いた?』とも言ってくれない、だから私は『親は私の気持ちなんか分かってくれない!!』と、怒りや悲しみ、分かってもらえない事に対しての寂しさが増し、孤独を感じ、それが膨らんで、『誰も味方がいない・・・誰も分かってくれない。』 と、死にたい気持ちでいっぱいです。

 

〔今後のリアリティセラピー横浜研究会の予定〕

2018年5月3日(祝) 17402040 神奈川公会堂   2階和室

 http://kanagawa-kokaido.jp/map/map_top.html