HELLO / 大人のラブソング | ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ

ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ

TEXAS, MANHATTAN, HOLLYWOOD
アメリカ滞在時の90年代を中心に 80年代 70年代など懐かしい洋楽を紹介します。
レコードを散々買い CD時代到来によって、全て買い直し、そしてダウンロード時代を
拒絶してしまう現物主義の年代なんですが、 iMusic はやってます(笑)

 

 

 

HELLO / WOLF MAIL

 

 

 

 

 

 

 

大人というか、オッサンのラブソングですBレイノルズ

カナダのギタリスト WOLF MAIL のデビューアルバム "SOLID GROUND"

に収録されている "HELLO" ですメープル

2002年当時 よくタワーレコードが推薦するCDのコーナーで試聴して

探すのが楽しみだったんですが、そのコーナーで一発買いした中の1枚

がこのCDでした。

 

ハリウッド時代は

ほとんどなかったのですが、マンハッタン時代では、日頃気楽にふらっと

ブルースをやってるバーに、よく入りました。

車での移動だと、お酒のあるところには、気楽にふらっと寄るってことが

出来ないですからね。

雰囲気を感じるために、まずはドリンク1杯を頼んで、安いお酒を呑んで

同じカウンターにいる人たちやビリヤードやってる連中とかを眺めながら

このバーには、どんな音楽がジュークボックスに入っているのかってこと

覗き込んで、自分も好きな曲をかけてみたり、そんな時間が好きでした。

 

 

マンハッタン時代のビリヤードの話を少し書いています。

 

よかったら、見てやってくださいBレイノルズ

 

 

映画のシーンで

バーテンダーにお酒を頼んだり、呑み過ぎて説教されたり、くしゃくしゃな

チップをジーンズから出して置いていくシーンなんか、色々ありますよね。

ただの酔っ払い、ひたすら想いにふけって呑んでる人や潰れてる人など

いかにもアメリカを感じられるようなアメリカ旗

 

そんな連中をよく見ながら、アメリカを感じることが僕の趣味でした(笑)Bレイノルズ

 

よく映画では

ちょっとしたことで大喧嘩になって、それに参戦する連中がいて、最後は

大勢になって、バーがめちゃくちゃになるようなシーンがありますよね。

いつも、そういうの起きないかなぁ~

いつも、そういうの経験してみたいなぁって思ってました(笑)

そういうのを期待しながら、いつも観察していました(笑)Bレイノルズアメリカ旗

 

結局は、酔っ払いの小競り合いには、何度も遭遇しましたが、大喧嘩に

巻き込まれるようなことは、僕のアメリカ人生では経験出来ませんでしたアメリカ旗

もし巻き込まれてたら、人生が終わっていたと思いますが(笑)

 

 

 

当時この曲がジュークボックスにあったなら、いつもかけていただろうな。

いつも想いにふけったりしただろうなって思います。

自分のCDで聴くのもいいんですが、アメリカのジュークボックスで好きな

曲を聴くってこと、その場の雰囲気もあるし、いいもんですアメリカ旗

 

マンハッタン時代の僕は、必死で遊んでいただけのガキでしたが、今は

オッサンになって、こういうブルースの曲が、心に沁みわたるような人生

そんな人生を、やっと少しは味わえるようになったんだろうなって思います。

 

この "HELLO" はオッサンにはいいですBレイノルズ

 

 

 

 

 

 

 

WOLF MAIL が順調にアルバムを、コンスタントに出してくれたおかげで

それを集める楽しみがあって、いつもそんな期待を満たしてくれました。

ここ数年は出てませんが、そろそろかなBレイノルズ

 

自分の仕事が、どこかの誰かに、世界の誰かに、期待されてるってこと

凄い仕事だなって思います。

WOLF MAIL からすれば、得体のしれない日本の北国のオッサンが

猛烈に自分の仕事を楽しみに待ってるなんて(笑)Bレイノルズ

僕には、そんな仕事が一切出来てないので、小さいなぁって思います・・・

 

 

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE 

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ