SUPERSTITION | ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ

ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ

TEXAS, MANHATTAN, HOLLYWOOD
アメリカ滞在時の90年代を中心に 80年代 70年代など懐かしい洋楽を紹介します。
レコードを散々買い CD時代到来によって、全て買い直し、そしてダウンロード時代を
拒絶してしまう現物主義の年代なんですが、 iMusic はやってます(笑)

 

 

 

SUPERSTITION / STEVIE RAY VAUGHAN & DOUBLE TROUBLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度でいいから観に行ってみたかったです。

 

STEVIE WONDER の "SUPERSTITION" も STEVIE RAY VAUGHAN と

ダブルトラブルが、テキサス・ブルースにすると、とんでもない異次元の

ライブに到達しますねtexasBレイノルズ

 

バンドのカッコよさは当然ですが

STEVIE RAY VAUGHAN のギターと骨太ボーカルに、鬼シビれますtexasBレイノルズ

 

 

 

マンハッタン時代に、ジュークボックスをよくかけていたのは、何か所か

ありましたが、ダウンタウンにあったビリヤード場も、その一つでした。

そこは、上手い連中がいる、僕程度の者にとって場違いの場所でした。

そこに行くときは、勉強のためと、腕試しをするためだったんですが

そこで何度も挑戦していましたが、ほぼ99%負けまくっていました(笑)Bレイノルズ

2代目"MY CUE" 持って頑張ったんですが、話にならなかったです~

とにかく 映画に出てくるような雰囲気と連中がいて、大好きでしたアメリカ旗

 

そこで、僕がジュークボックスでよくかけた曲がこの "SUPERSTITION"texas

そして、お決まりの "COULDN'T STAND THE WEATHER" でした。

そこのジュークボックスには、古いロックとブルース系ばかり入っていて

僕はこのビリヤード場で、知らないブルースを勉強させてもらいました。

懐かしいなぁ~

 

 

STEVIE RAY VAUGHAN が 

ヘリコプターの事故で、亡くなったことは、当時のMTVでも連日特集を

やっていましたが、ここでは100%誰かが彼の曲を絶対にかけていて

今でもいろいろ思い出すことが出来ます。

まぁ 僕もその一人でしたが、オッサンになった今なら、ここの雰囲気に

馴染めるかも知れないなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

1986年にリリースされた初のライブアルバム "LIVE ALIVE" は最高です。

BUDDY GUY や CHESTER BURNETT や JIMI HENDRIX などのカバーが

収録されています。

 

 

ちなみにオリジナルPVは "SUPERSTITION" ですtexas 最後にカメオ出演が~

 

今は YOUTUBE でライブ映像など山ほど観れますが、当時はインターネット

もないし、ライブ音源しかなかったです。

きっと 

DOUBLE TROUBLE がこなしてきたライブは、凄い数あったんだと思います。

今こうやって、いろいろなライブ映像を観れるので、観に行きたかったなって

ますます想います。

 

 

R.I.P. STEVIE RAY VAUGHANアメリカ旗

 

■兄貴の JIMMIE VAUGHAN との "TICK TOCK" です。Bレイノルズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE 

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ