THE FLYER | ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ
新型コロナウイルスに関する情報について

ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ

TEXAS, MANHATTAN, HOLLYWOOD
アメリカ滞在時の90年代を中心に 80年代 70年代など懐かしい洋楽を紹介します。
レコードを散々買い CD時代到来によって、全て買い直し、そしてダウンロード時代を
拒絶してしまう現物主義の年代なんですが、 iMusic はやってます(笑)

 

 

 

THE FLYER / SAGA

 

 

 

 

 

 

CANADA のバンド SAGAメープル

プロデューサーに RUPERT HINE を迎え、アメリカでも成功したアルバム

"WORLDS APART" に続く5枚目のアルバム "HEADS OR TALES" から

再び ルーパート・ハインをプロデューサーに迎え、1983年にヒットした

シングルの "THE FLYER" です。

 

これまた ルーパート・ハイン の音が炸裂!!!!!!

これも懐かしいですが、今聴いても新鮮でカッコいいです。

 

SAGA はカナダのバンドなんですが、ルーパート・ハインと組んだことで

ヨーロッパで人気が出て、なぜかドイツで異常な人気があって、以降も

活動を続け、21枚ものスタジオアルバムをリリースし、ドイツではずっと

アルバムがチャートインしています。

僕はこのアルバム "HEADS OR TALES" しか持っていませんが

どれぐらいまで、RUPERT HINE と組んでいたのかな~ もし他に組んで

いたアルバムがあるなら、少しだけ興味はあります。

 

 

 

 

 

 

■THE FLYER

CAT WALK

■SCRATCHING THE SURFACE

 

 

このアルバムからは、3枚のシングルがカットされました。

"THE FLYER" は全米79位ですが、MAINSTREAM ROCK チャーチで

19位のヒットになりました。

アルバムはヨーロッパでヒットしていて、以降の活動の中で、ライブの

アルバムがたくさんリリースされています。

ライブに自信があるバンドなんですね。

 

 

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE 

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ