HIGH ON EMOTION | ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ
新型コロナウイルスに関する情報について

ジュークボックスから聴こえてきたアメリカ

TEXAS, MANHATTAN, HOLLYWOOD
アメリカ滞在時の90年代を中心に 80年代 70年代など懐かしい洋楽を紹介します。
レコードを散々買い CD時代到来によって、全て買い直し、そしてダウンロード時代を
拒絶してしまう現物主義の年代なんですが、 iMusic はやってます(笑)

 

 

 

HIGH ON EMOTION / CHRIS DE BURGH

 

 

 

 

 

 

THE FIXX のプロデューサー "RUPERT HINE" つながりだと、僕の場合は

HOWAR JONES ではなく CHIRIS DE BURGH になります。

1984年にリリースされた7枚目のアルバム "MAN ON THE LINE" から

ヒットシングル "HIGH ON EMOTION" です。

前アルバム "THE GETAWAY" に続きルーパート・ハインがプロデュースし

いかにもな ルーパート・ハインの音です!!

CHRIS DE BURGH にとって、アメリカでの初めてのヒットになりましたアメリカ旗

僕は今でもよく聴いていて、歌詞もいつ聴いてもカッコいい曲です。

 

 

 

 

 

 

■HIGH ON EMOTION

■THE ESCTASY OF FIGHT

■SIGHT AND TOUCH

 

 

 

3曲のシングルがカットされました。

地元ヨーロッパでは

絶大な人気が確立されていますが "HIGH ON EMOTION" は アメリカで

44位に入るヒットになり、アルバムは69位にチャートインしましたアメリカ旗

このアルバムには TINA TURNER そして、ルーパート・ハインつながりで

ハワード・ジョーンズも1曲で参加しています。

"THE GETAWAY" がリリースされる少し前には、ハワード・ジョーンズの

デビューアルバム "HUMAN'S LIB" がリリースされていて、世界中で大

ヒットしました。

 

CHRIS DE BURGH の曲で、テキサス時代のジュークボックスでの素晴

らしい思い出があるので、またのんびりとご紹介出来ればと思いますBレイノルズ

 

 

 

 

 

MY DREAM IS STILL ALIVE 

ROUGH BOY

 

 

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ