タンタン♪の応援に行ってきた | 生真面目な日々

生真面目な日々

コーギーにしては真面目な小十郎がくれた日々


テーマ:
今日は朝からささみジャーキーを焼いて
こんな所へ行ってきました。

どこもかしこも人ばっかりでメイン場所では写真撮れなかった。


人生初の浅草雷門
ARChさんの保護犬タンタン♪の応援に
(♪までが名前です)行ってきたのです。

タンタン♪ 推定5歳

ミツバチの服がお似合いのプーみつばち
コギmixで里親さん募集中
預かりさんのブログはこちら


ピンボケだけど、可愛いでしょ~
顔はね、コギってより、パグ寄りかな。
写真より、実物の方が可愛いよ
黒い子は写真、難しいって本当だねぇ


ちなみにタンタン♪はよく動くので
こんな写真は山ほどあるよ

私の腕のなさとコラボして、ブレブレ・・・


あとは、残像&見切れ系ね。

「おやつだー!」と膝に飛び乗っては


「やっぱ無かったー!」と飛び降りる。

・・・私の太い足しか、写っとらんがな。




この写真だけ見るとすっごいうるさそうだけど
冷静に見ると、特別うるさいわけじゃない

動いている分量は、活発な小型犬と同程度だと思う。
トイプーとかに比べたら少ないくらいかも。
身体が大きい分、目につくので
いっぱい動いているように見えるだけかな。

ただし、力はあるので、リードを持つ人は疲れる(笑)

それに、タンタン♪は吠えない。
コギによくある喉を鳴らすような声すら出してなかった。


それに、家では動き回らず静かに過ごしているらしい。

まだ若いんだろうね。
いろんな所に興味がいくんでしょう。
里親会は犬も人もいっぱいいるし
しかもオヤツもらえるからさ
じっとするには刺激が多すぎるにかっ
実際は3歳くらかもね~?が預かりさんと私の意見。


小十郎の出身団体の代表さんが仰っているけど
「譲渡会(里親会)は保護犬にとって非日常」
そんな中で、いつも通りに過ごせる方がレア。
遠足で、国語の授業と同じテンションでいろ、
って言うようなもの。
子供には無理(笑)



実際に会ってみて一番感心したのが
タンタン♪の性格の良さこれ大事


頭・しっぽ・後ろ足の筋肉・・・などなど触ってみたら
無反応だったの。
だって触っているのが、初めて会った知らない人よ
これなら体のケアも慣らすのが早そう。
小十郎だったら噛んでる

拾い食いは別らしいけど、
執着もそれほど強くないように感じた。
飛びついてくるくらいオヤツ大好きなのに
「あげないよ」と、さっと手を引けば
あっさり諦めて、他に行った。
他の子にあげてると、勘付いて戻ってきたけど(笑)

小十郎がそうなんだけど
諦めが良い犬は、良い犬だと思う。
「遊ばないよ」「ダメだよ」って言った時に
比較的すんなり受け入れてくれるから。
これは生活する上で、とても楽。

よく動くけど、ガス欠も早い(笑)
体力あんまりないから、すぐばてるらしい。
本来コギは、無尽蔵のスタミナ、って言われるほど
体力があるので、それと比べたらかなり少なそうかな。





まぁ・・・預かりさんのブログに書いてあったけど
タンタン♪で大変そうだったのが、散歩の引きかな。
これはもう、体力&根気しかない。

よく使われる「引っ張り矯正グッズ」の話をしたけど
ことごとくダメだったみたいで

散歩の練習はドッグトレーナーさんも
やりにくいトレーニング。
犬は賢いので、人を見て態度を変える。
トレーナーだと脚足で歩くのに
飼い主がリードを持った瞬間ガン引き、はよくある話。

今のタンタン♪が出来なくても
里親になった人が毎日マンツーでトレーニングすれば
全然引っ張らなくなるのは難しくても
そのうちマシになると思う。



タンタン♪だけじゃない。
保護犬はみんな、一件でいいので
良いお申し込みを待っています

エムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス